go to トラベルキャンペーン go to トラベルキャンペーン

Go Toトラベル キャンペーン対象商品について

このマークが付いている商品はGo Toトラベル キャンペーン対象商品になります。表示価格は割引料金が適用されています。 ※国土交通省より11月24日(火)~12月15日(火)までに出発する札幌市・大阪市を目的地とする旅行についてはGo To トラベル キャンペーン補助対象外とする発表がございました。詳細につきましては、Go Toトラベル旅行者向け公式サイトをご覧ください。https://goto.jata-net.or.jp/info/2020112401.html

Go Toトラベル キャンペーン割引金額と上限回数

1予約あたりの合計金額(税込)から最大35%割引となります。ただし、割引上限金額は1人1泊あたり14,000円(税込)となります。期間中、上限回数制限なしで何度でもご利用いただけます。

Go Toトラベル キャンペーンの実施期間

2020年7月30日(木)10:00 ~ 2021年1月31日(日)23:59 ※実施期間は、予告なく変更または中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

Go Toトラベル キャンペーンの注意点

東京都在住の方は9月30日(水)までのご旅行は、Go To トラベルキャンペーン割引をご利用頂けません。
※キャンペーン実施に関する詳細な条件は日々更新されておりますので、​最新情報はGo To トラベル旅行者向け公式サイト にてご確認ください。
さらに表示
閉じる

那覇: 334軒のホテルが見つかりました

よくあるご質問:

那覇の穴場観光情報とホテル・旅館ガイド

那覇のホテル・宿泊施設情報

沖縄県の県庁所在地である那覇市は沖縄本島の南部に位置しており、沖縄県最大の都市です。那覇空港や那覇港なども備わっており、本土と沖縄県を結ぶ玄関口としての役割も担っています。そのため、沖縄県の経済、政治、文化の中心地として昔から栄えてきました。他市の過疎化が進むなか、那覇市の人口密度は国内でも常に上位となっています。現在、航空規制のない北部には那覇新都心として再開発が進んでおり、大型ショッピングセンターや高層ビル、総合公園などが広がっています。さらに市の中心には那覇の繁華街である国際通りが走っており、近年は大型ホテルも建設されて賑わいを見せています。琉球王国時代には、首都である首里が那覇市東部に位置していました。現在でも首里城などの歴史的建造物が残っており、観光スポットとなっています。

那覇の旅行シーズン

沖縄は亜熱帯気候のため最高平均気温が28.9℃、最低平均気温が17℃と、本土よりも気温の変動が少ない県です。そのため、1年を通して観光しやすいのですが、雨期や台風の時期もあるので注意が必要です。沖縄の梅雨は5月中旬頃から6月下旬まで、台風シーズンは7~9月です。そのため、夏の時期で比較的安定しているのは6月終わりごろです。シュノーケリングやダイビングを楽しみたい時は7~9月がベストですが、観光巡りをしたい時は、比較的気候が安定している3月~4月、平均気温が20度前後の11月~12月がよいでしょう。一方1月から2月は冬期間となります。それでも平均気温は17℃前後ですが、気候が崩れると最低気温が5℃前後になることも稀にあります。沖縄らしさを満喫するのであれば他の月がおすすめです。

那覇へのアクセス

  • 東京から

    飛行機では羽田空港または成田空港から直行便で那覇空港まで2時間35分、片道9,110円です。直通の高速バス、列車はありません。

  • 大阪から

    飛行機では関西国際空港または伊丹空港から那覇空港まで直行便で2時間10分、片道5,070円~です。直通の高速バス、列車はありません。

  • 福岡から

    飛行機では福岡空港から那覇空港まで直行便で1時間30分、片道4,920円~です。直通の高速バス、列車はありませせん。

那覇の観光情報

那覇のおすすめ温泉・露天風呂

龍神の湯

瀬永島にある「龍神の湯」(りゅうじんのゆ)は、地下1,000mから湧き出る温泉を使用した天然温泉です。泉質はナトリウム-塩化物強塩泉で、冷え性などに効果があって子宝の湯とも言われます。眼下には沖縄の壮大な海が広がり、夜になれば星空と海、近くには那覇空港があることから航空機の着陸を眺めながら温泉を楽しめます。温泉内には、「アロマ・塩サウナ、壺湯、立ち湯、寝湯、露天風呂」などがあり、いろいろな温泉を堪能できます。那覇空港から車で15分ほど、ゆいレール赤嶺駅経由路線バスで20分ほどです。日帰り入浴も可能なので、気軽に立ち寄ることができます。

美ら海の湯

地下1,500mにある2億年以上前の地層からくみ上げた天然温泉が「美ら海の湯」(ちゅらうみのゆ)です。目の前にはオーシャンブルーの海と伊江島が映り、夕方には島に夕日が落ちていく姿を望めます。泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉で、内湯と半露天風呂が付いています。さらに施設内にはドライ・スチームサウナが備わっており、日替わりでどちらかのサウナが楽しめます。温泉自体はホテルオリオンモトブリゾート&スパに付属したもので、利用者はホテルに宿泊するか敷地内の駐車場に車を停めて利用します。海洋博公園と隣接しており、沖縄美ら海水族館から徒歩7分の好立地です。那覇空港からは、やんばる急行やエアポートシャトルで2時間30分ほど、車では許田ICから国道58・449・114号を経由して1時間40分ほどかかります。

三重城温泉

ロワジールホテル 那覇にある「三重城温泉」(みえぐすくおんせん)は、地下800mからくみ上げた温泉を使用している天然温泉です。約800万年前の化石海水が地熱で温められたもので、泉質は含ヨウ素-ナトリウム-塩化物泉です。火山から湧き出た温泉とは違い、硫黄の臭いがしないのが特徴です。施設内には、内湯、露天風呂、ジャグジー、サウナ、水風呂が付属しています。さらに休憩室、マッサージルームも完備していて、ゆっくりとお風呂を満喫できます。場所は那覇空港からゆいレールで旭橋駅下車、徒歩15分ほど、「うみそらトンネル」を経由して車で7分ほどです。

那覇のおすすめ観光スポット

波上宮

「波上宮」(なみのうえぐう)は、琉球王国時代から続く由緒ある神社です。当時の王府からは琉球八社の中でも最高位として扱われており、県民からも崇拝されていました。縁結びや安産、子孫繁栄などの由緒があることから、現在では恋愛成就のパワースポットとしても人気があります。狛犬がシーサーであったり本殿は朱塗りや琉球河原を取り入れたりするなど、南国らしさを感じさせる造りも見どころの1つです。また、本殿はビーチ沿いにある崖の上に建設されており、沖縄ならではの神社となっています。那覇空港からはゆいレールの旭橋駅から徒歩15分ほど、タクシーでは10分ほどで着きます。

国際通り

那覇の中心には、国際通りと呼ばれるストリートがあります。安里三叉路から県庁北口交差点までの約1.6kmのことを指します。戦後からすぐに復興を遂げたため別名「奇跡の1マイル」とも呼ばれています。お土産物屋、レストランなどが立ち並んでおり、沖縄でショッピングやグルメを楽しみたいときにぴったりの観光スポットです。朝はモーニングカフェ、昼間はお土産屋巡りやランチ、夜はディナーや飲み屋のはしごと、1日中さまざまな楽しみ方ができます。またリーズナブルなホテルも点在しています。国際通りへは那覇空港から約5kmで、タクシーでは15分ほどの距離です。ゆいレールを利用すれば、県庁前駅で下車、徒歩5分でアクセスできます。

第一牧志公設市場

沖縄の台所を担う「第一牧志公設市場」(だいいちまきしこうせついちば)は、鮮魚や食肉、乾物など幅広い食品を取り扱う市場です。亜熱帯の魚介類や豚足、豚の顔の皮など、沖縄ならではの食材が多数手に入ります。市場で買った食材は、調理料金を支払えば2階にある食堂で調理してくれます。また、市場で買った食材は、全国発送もでき、お土産としても購入できます。国際通りとも隣接しているため、買い物のついでに立ち寄ることも可能です。那覇空港から車やタクシーを利用するかゆいレールが便利です。ゆいレールでは、「牧志駅」より徒歩9分ほど、「美栄橋駅」より徒歩10分ほどです。車の場合は空港から16分ほどですが、市場の専用駐車場はないため、周辺の有料駐車場を利用しましょう。

那覇のイベント情報

「那覇ハーリー」は、毎年ゴールデンウィークの3日間に渡って那覇市で開催される爬竜船競漕(はりゅうせんきょうそう)とお祭りのことです。爬竜船は船頭が竜になっている船で、3隻で同時にスタートし、400m往復のタイムを競います。那覇ハーリーでは、中学生から大人までが爬竜船に乗って競い合い、老若男女が応援して楽しみます。イベントではハーリー観戦の他にも、お笑いイベント、ミュージックライブなどが開催されて、お祭りのように盛り上がります。開催場所である那覇新港ふ頭までは、那覇バスターミナルより「泊高橋」にて下車、徒歩10分でアクセスできます。

「沖縄国際映画祭」は2009年から開催されていますが、2015年からは「島ぜんぶでおーきな祭」と名前を変えています。映画だけでなく、ダンスや音楽、お笑い、スポーツを含んだ総合エンターテイメントの祭典となっています。映画好きのみならず、楽しめるイベントです。開催時期は4月が主で、波の上うみそら公園、国際通りなどで開催されます。

「那覇大綱挽まつり」は、那覇市で開催されるお祭りです。毎年体育の日前後の3連休に奥竹山公園で行われ、メインの那覇大綱挽(なはおおつなひき)が開催されます。大綱は全長200mもあり、世界一としてギネスブックにも認定されています。奥竹山公園では出店やライブ、花火も楽しめます。那覇空港からは、ゆいレールで「奥武山公園駅」下車、徒歩5分です。

那覇の人気グルメ

家庭的な琉球料理を手ごろな料金で味わえる店が「富久屋」です。沖縄でお祝いの席で振舞われる白みそ仕立ての味噌汁「イナムドゥチ」が自慢で、「豆腐餻(とうふよう)」や「らふてー」など泡盛とともに味わえます。ゆいレール・儀保駅より徒歩6分。

沖縄そばの名店「いしぐふー 小禄具志店」は、こしの強い手打ち麺と沖縄豚「あぐー」のダシを使ったこってりスープが特徴の沖縄そばが味わえます。薄焼き卵と炙ったジューシーなチャーシューも絶妙。1日100食限定で、閉店前になくなることも。バス停具志営業所から徒歩7分です。

沖縄のソウルフードといえば「タコライス」。ごはんの上に、ひき肉やレタス、トマトなどのタコスの具をのせたもので、スパイシーな味付けが食欲をそそります。このタコライスの元祖「キングタコス 金武本店」は、週末になると行列ができるほどの人気で、沖縄に行ったらぜひ足を運んでみたい一軒です。沖縄バス「金武入口」バス停より徒歩約5分。

おすすめの高級旅館・ホテル

「Okinawa EXES Naha」は、モダンクラシックな雰囲気のあるホテルです。フィットネス施設や屋外プールを完備しており、バー・ラウンジでお酒も楽しめます。那覇空港から車で10分です。1泊シングル31,872円~。

「琉球温泉瀬長島ホテル」は、瀬永島にある温泉付きリゾートホテルです。歩いて瀬永島ウミカジテラスにもアクセス可能です。屋外プールも設置されており、沖縄の夜をゆったりした気分で過ごせます。空港から赤嶺駅経由の路線バスで20分ほど。1泊シングル22,440円~。

「ホテル コレクティブ」は、那覇国際通りの中心部に位置する5つ星のシティホテルです。観光にもビジネスにもアクセスがよく、お部屋の広さも最低30㎡からと広々しています。フィットネス施設、屋外プールが利用できます。1泊シングル19,442円~。

おすすめの格安宿・ホテル

「那覇ビーチサイドホテル」は、高層階ではオーシャンビューが楽しめます。国際通りまでは車で10分。1泊1人4,500円~。

「コンフォートホテル那覇県庁前」は、国際通りから歩いてすぐです。首里城まで4.6kmなので、観光にも便利です。1泊1人6,200円~。

「GRGホテル那覇東町」は、外観がクラシックな雰囲気のあるホテルです。国際通りまでは車で1分です。無料のWi-Fiやロビーの新聞サービスなどのサービスがあります。1泊1人5,224円~。

那覇のホテルのお得なクーポン&キャンペーン情報

トリップドットコムでは最大50%OFFになるセールやすぐに使える割引コードなど、毎月多彩なキャンペーンを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

那覇 ホテルの口コミ情報