JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線
> > >
南京の南京駅周辺のおすすめホテル

最近予約された南京駅周辺のおすすめホテル

南京駅周辺ホテルのご案内

南京の観光情報

南京の基本情報

気候

南京市は日本の宮崎県と同じくらいの緯度にある都市で、気候帯は温暖湿潤気候に属します。日本とそれほど気候は変わらず、四季が存在します。夏の暑さが厳しいのが特徴で、平均最高気温は32~33度です。湿度が高いため蒸し暑く、降雨量も非常に多くなります。中国国内でも南京は夏の猛暑で有名です。

反対に冬はシベリアからの寒気が流れ込むため、緯度が低いわりには気温が下がります。東京よりも気温が下がり、氷点下になることもしばしばです。

このように南京は、夏は暑く冬は寒い、寒暖差が大きく厳しい気候ですが、春と秋は降雨量が少なく日本よりも過ごしやすくなります。南京観光をするならこの時季に合わせて訪れるとよいでしょう。

街の様子

南京は江蘇省の省都で、江南地域の政治経済の中心となる都市です。2010年に上海と南京を2時間で結ぶ高速鉄道が開業し、ますます人の行き来が多くなり、上海からの気軽な訪問先として観光客も増加しました。長江のほとりにある南京は、雄大な長江の眺めと歴史的建造物で観光にも飽きることがありません。歴史的都市である南京は観光スポットが非常に多く、すべて見て回ろうとすると1週間ほどかかってしまいます。滞在日数に合わせて、あらかじめ訪れる場所を絞っておくといいでしょう。南京は大都市なのでどこを訪れてもにぎやかで、中国らしい活気のある街の雰囲気を感じとることができるでしょう。

交通情報(アクセス)

飛行機の場合は、市内から南へ40kmの地点にある南京禄口国際空港を利用することになります。直行便も成田国際空港、関西国際空港、福岡空港などから出ていて便利です。国内線も主要都市との間に運航便があるので、中国国内の複数都市を観光する際にも立ち寄りやすいでしょう。市内から空港まではエアポートバスで約1時間、タクシーなら40分ほどで到着します。

上海から高速鉄道を使うのもおすすめです。上海からだと2時間もかからないだけでなく、運行本数が多く当日でもチケットが購入できるため、気軽に訪れることができます。

また、南京長距離東バスターミナルでは江蘇省・浙江省方面のバスが多数発着しています。格安で移動できるので、低予算であちこち回りたいという方はバスを利用するのもいいでしょう。無錫まで2時間30分、合肥まで2時間30分、蘇州までは3時間程度です。

南京の観光情報グルメ

有名な食べ物

南京は古代から10もの王朝が都としてきた都市で、食文化が非常に発達しています。四季折々に素材の味を生かし変化する料理は飽きることがありません。味付けはあっさりめで、日本人の味覚にもよく合います。例えば、南京名物に『南京ダック』というのがあります。塩漬けにした冷製の鴨肉で、南京の人はこれをおつまみにして酒をたしなみます。北京ダックのような見た目の派手さはありませんが、じっくりと肉の旨味が味わえる日本人向きの料理で、ぜひ味わっていただきたい一品です。「松鼠桂魚(ソンシューグイユー)」は江南エリアの名物で、蘇州や杭州でも食べられる高級料理です。桂魚のリス形丸揚げ甘酢あんかけのことで、桂魚(ケツギョ)という川魚に包丁で小さな切れ目をいくつも入れて揚げた、リスのようにそそり立った身の形に驚かされます。外はカリカリ、中はふわふわで目も舌も満足させてくれるインパクト大の名物料理です。甘酢あんの優しい味は日本人好みなので、南京を訪れたらぜひ食べてみてください。

特有の食べ物情報

小籠包に似た蒸し料理で「湯包(タンバオ)」というのがあります。南京ではポピュラーな食べ物で、街なかでテイクアウトの店をいくつも見かけます。小籠包を一回り大きくしたようなぽってりとした形で、中には肉汁がいっぱい詰まっています。スープを味わう料理なので、まずは一口食べて穴からスープを吸った後、具と皮を食べるのがコツです。安くておいしい店がいくつもあるので、地元の人におすすめの店を聞いてみるのも楽しいでしょう。

同じく南京名物の「牛肉鍋貼(ニューローグオティエ)」は牛肉の焼き餃子です。鍋貼は中国語で焼き餃子のことを指します。日本の焼き餃子と違って、たくさんの油を使って皮をカリカリに焼き上げます。外はカリカリ、中はジューシーで満足感の高いローカルフードです。気取らない料理なので、ローカルなお店で地元の方にまじって食べると旅行気分が盛り上がり楽しめるでしょう。

南京の観光スポット

有名な観光地情報

中山陵は、三民(民族、民権、民生)主義を唱え「中国革命の父」と呼ばれた孫文(孫中山)の陵墓です。お墓というとひっそりとしたイメージを持ってしまいがちですが、中山陵は広大な敷地に緑が生い茂り、幅の広い参道が祭壇まで続いていて、日本人が思うお墓とはまったく違う壮大なスケールで鎮座しています。孫文は中山陵の最深部にある祭堂に眠っており、祭堂の天井は赤や青のタイルで色鮮やかに装飾されていて見ごたえ満点です。

南京中心部にある夫子廟(ふうしびょう)も必見です。孔子を祭った夫子廟のあるエリアは明清代の歴史的な建物が並ぶ繁華街となっており、夫子廟自体は1034年の建立とされています。この地区の建物のほとんどが伝統的な江南民家建築で、青レンガ、回廊、飾り窓などの特徴があります。通り沿いには格式高い有名レストランが軒を連ね、露店も数多く出ているので、リーズナブルな中国式の軽食を楽しむこともできます。

夫子廟の近くにある江南貢院はかつて科挙(官吏の登用試験)が行われていた建物で、科挙の試験場としても中国最大だった江南貢院にはなんと2万644室もの個室試験場があったとのことです。

周辺には才色兼備で名高い李香君が住んでいた李香君故居、東晋時代の豪族の邸宅である王導謝安紀念館など多くの観光スポットがあり、市の中心部だけでも散策場所に事欠きません。

玄武湖の南にある鶏鳴寺は南朝における仏教の中心地で、南朝第一寺とも称される由緒あるお寺です。最も高いところにある観音殿では、タイから贈られたという仏像と観音像が安置されているのを見ることができます。観音殿の隣には精進料理の食べられるレストランがあるので、玄武湖を眺めながら精進料理でランチというのも楽しいですね。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

南京には観光名所が数多くありますが、拝観料がそれほど高くないのが特徴です。1日あたり1万円もあれば十分でしょう。入場券に2,000円、タクシーやバスに2,000円、食事に4,000円、買い物に2,000円程度です観光客向けの店を利用するとこれくらいの価格になりますが、手軽なローカルフードなどで食事を済ませれば半額以下におさえることも十分可能です。

南京のホテル事情

南京のホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

江南地域の中心となる大都市なので、周辺観光地の無錫に比べると同じクラスの部屋でも1,000円ほど高くなっています。蘇州のホテルとは価格帯の差がほとんどありません。

相場の料金

南京は観光地であると同時に商業の中心でもあるため、ビジネスユース向けのホテルが多くなっています。中級クラスのホテルの場合、ほとんどがシンプルなビジネスホテルといった雰囲気です。

玄武湖のほとりには、数は多くありませんが雰囲気の良いリゾートホテルもあるので、雰囲気重視の方は探してみるといいでしょう。南京市内はホテルの数が非常に多いので、宿泊先がなくて困るということはありません。市街地へのアクセスが良く、設備が整ったホテルが豊富にそろっています。

おすすめのホテル

人気のホテル

・ピーパ リゾート

静かな湖畔にたたずむリゾートホテルで、雰囲気を重視してウッド調で統一された室内がリラックスムードを演出しています。南京駅から6kmと程よい距離にあるのも魅力で、喧騒から少し離れた緑豊かな場所でゆったりと過ごすことができます。2015年開業とまだまだ新しく、細部まで清掃が行き届いた室内はユーザーにも高く評価されています。

・ガーメイ シネマ ホテル(ナンジン サウス ステーション サウス プラザ ストア)

かわいいもの好きな女性にぜひチェックしていただきたいホテルで、物語の中のようなロマンチックでしゃれた内装は女性客から高い人気を集めています。内装だけでなくアクセスの良さも見逃せないポイントで、南京南駅からわずか800mに立地しているため駅が徒歩圏内にあり、観光名所へ気軽に出かけることができます。2018年の開業で最新の設備を備えており、南京市内でも最も人気あるホテルの一つです。

空港から近いホテル

・ジアメイ アビエーション ホテル

2018年開業の南京で最も新しいホテルの一つで、南京禄口国際空港から3kmと、空港からすぐの立地が魅力です。清潔感あふれる館内は、内装も現代的でセンスが良いと評判です。室内の清潔さもさることながら、従業員のサービス水準の高さも高評価。エアポートホテルでも快適さに妥協したくないという方にぜひチェックしていただきたいホテルです。

・Tingtao Xiaozhu Inn(ティンタオ シャオジュー イン)

客室数が11のコンパクトなホテルです。価格帯もリーズナブルに抑えられていて経済的です。南京禄口国際空港からは5kmでアクセスも良好。送迎サービスがあるのでぜひ利用したいところです。2018年のオープンで、客室の清潔さが高評価を得ています。南京の一般的なホテルよりも部屋が広めなので家族連れにも人気です。キャラクターがペイントされたテーマルームが何部屋かあり、メルヘンチックな演出に子どもが喜ぶこと請け合いです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

全文表示 閉じる
エリア:
秦淮区 江寧区 鼓楼区 玄武区 雨花台区 建ギョウ区 浦口区 棲霞区 六合区 リツ水区 高淳区 更に表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip