go to トラベルキャンペーン go to トラベルキャンペーン

Go Toトラベル キャンペーン対象商品について

このマークが付いている商品はGo Toトラベル キャンペーン対象商品になります。表示価格は割引料金が適用されています。

Go Toトラベル キャンペーン割引金額と上限回数

1予約あたりの合計金額(税込)から最大35%割引となります。ただし、割引上限金額は1人1泊あたり14,000円(税込)となります。期間中、上限回数制限なしで何度でもご利用いただけます。

Go Toトラベル キャンペーンの実施期間

2020年7月30日(木)10:00 ~ 2021年1月31日(日)23:59 ※実施期間は、予告なく変更または中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

Go Toトラベル キャンペーンの注意点

東京都在住の方は9月30日(水)までのご旅行は、Go To トラベルキャンペーン割引をご利用頂けません。
※キャンペーン実施に関する詳細な条件は日々更新されておりますので、​最新情報はGo To トラベル旅行者向け公式サイト にてご確認ください。
さらに表示
閉じる

おすすめホテル

よくあるご質問:

大分の穴場観光情報とホテル・旅館ガイド

大分のホテル・宿泊施設情報

大分市は、大分県の中部に位置する県庁所在地です。市域は東西50.8km、南北24.4km、面積502.39㎢。九州の県庁所在地としては、宮崎市、鹿児島市に次いで3番目の大きさを誇ります。総人口は47万7,858人(2020年4月末日現在)。戦後の新産業都市として、鉄鋼や石油化学、銅の精錬など重化学工業で発展を遂げてきた街です。貿易都市として機能してきた歴史もあり、音楽や演劇、医術といった日本で最初の西洋文化が開花した場所でもあります。

大分市は、豊かな自然にも恵まれた土地です。海岸は瀬戸内海に面し、特に北部沿岸海域は水深が深く、東部海岸はリアス式海岸で天然の良港となっています。周辺部は高崎山、九六位山などの山々を有し、森林は市の面積の半分を占めるほど。また、温泉のほか、水族館や美術館といった観光スポットが多い点も特徴です。主要駅はJR大分駅で、映画館や屋上庭園を備えています。

大分の旅行シーズン

大分市は瀬戸内気候区と呼ばれる地域に位置しており、比較的温暖少雨という地域特性です。また、県北西部の山地が季節風を防ぐため、穏やかな気候を有しています。気温の年変化は、2℃から30℃。気温のみで判断した場合、9月上旬から10月中旬までがより快適に過ごせる、旅行に適した時期といえます。ただ、季節ごとのイベントや旬の食材も豊富なため、四季折々の楽しみ方ができます。

最高気温が25℃を超える時期は、6月下旬から9月下旬までの約3ヶ月。8月には気温が30℃に達する日もあるため、暑さ対策や紫外線対策は必須です。最も冷え込む月は1月ですが、最低気温が氷点下を下回る日は滅多にありません。適度な防寒対策で冬季の旅行も楽しめるでしょう。

大分へのアクセス

  • 東京から
  1. 飛行機では羽田空港又は成田空港から直行便で大分空港まで1時間35分〜、片道6,000円~。大分空港から大分駅前までは、エアライナー「K」大分駅行きで1時間11分、片道1,550円。
  2. 高速バスでは、東京駅鍛冶橋駐車場からHEARTSバスステーション博多まで乗車し、西鉄天神高速バスターミナルから別府北浜まで17時間50分(乗り換えを含む)、片道12,340円~。別府北浜から大分市まではバスで約35分、片道500円。
  3. 列車では、東京駅から新幹線のぞみで小倉駅まで移動し、特急ソニックで大分駅まで7時間1分(乗り換え含む)、片道24,350円~。
  • 大阪から
  1. 飛行機では伊丹空港(ITM)から直行便で大分空港(OIT)まで1時間、片道5,660円~。大分空港から大分駅前までは、エアライナー「K」大分駅行きで1時間11分、片道1,550円。
  2. 高速バスでは、大阪梅田からHEARTSバスステーション博多まで乗車し、西鉄天神高速バスターミナルから別府北浜まで11時間58分(乗り換えを含む)、片道7,040円~。別府北浜から大分市まではバスで約35分、片道500円。
  3. 列車では、新大阪駅から新幹線のぞみで小倉駅まで移動し、特急ソニックで大分駅まで4時間26分(乗り換え含む)、片道16,770円~。
  • 福岡から
  1. 博多バスターミナルから大分トキハ前まで2時間25分、片道3,250円。別府北浜から大分市まではバスで約35分、片道500円。
  2. 列車では、博多駅から新幹線のぞみで小倉駅まで移動し、特急ソニックで大分駅まで2時間21分(乗り換え含む)、片道5,870円~。

大分の観光情報

大分のおすすめ温泉・露天風呂

おおいた温泉物語 三川の湯

大分市内にある、地下700mから汲み上げられる源泉掛け流しの天然温泉です。泉質は塩化物泉で、効能は神経痛や筋肉痛、関節痛、冷え性などさまざま。露天風呂のほか、「岩の湯」や「大理石の湯」など多彩な浴槽を楽しめます。10室の家族風呂が用意されているのも嬉しい点。入浴料は大人380円、小学生150円、小学生以下が70円です。家族風呂は時間制で、時間帯や曜日により料金が異なるので事前にチェックしましょう。JR日豊本線の高城駅からタクシーで5分の場所に位置しています。

明野アサヒ温泉

明野アサヒ温泉が売りにするのは、堆積した太古の植物などが熱源となる「大深度地熱温泉」。琥珀色をしたその温泉は「植物性モール泉」とも呼ばれ、塩素イオンを主成分とするアルカリ性単純温泉です。肌によいとされ、浴槽では温泉の成分が結晶・沈殿したいわゆる「湯の花」が見られます。効能は神経質や筋肉痛、運動麻痺、うちみ、冷え性などです。入浴料は大人380円、小学生150円、幼児(1歳から小学生未満)が70円。大分駅で大分バス明野行きに乗車し、明野中町で下車してすぐの場所に位置しています。乗車時間は15~20分。

神崎温泉 天海の湯

別府湾を臨む眺望のよい天然温泉。泉質は単純温泉で、神経痛や関節痛、打ち身やくじき、慢性消化器疾患などに効能があります。家族風呂もあり、通常の家族湯4室と露天風呂付きの家族湯3室を用意。入浴料は大人500円、小学生以下200円。家族湯は時間制で、部屋により料金が異なります。車の場合、大分駅より約15分。電車では、大分駅から約4分の西大分駅下車。駅から登り坂を歩いて20分、もしくはタクシーで3分です。

大分のおすすめ観光スポット

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」は、セイウチやイルカのショー、水量1,250tの大回遊水槽が見所の水族館です。大回遊水槽での餌やりは解説付きで行われ、学びながら魚たちの食事風景を観察できます。また、水族館の裏側を見学できる「バックヤードツアー」や、世界のさまざまなカエルを揃えた「ずらっとカエル展」といった、一風変わった企画も魅力。「動物と遊ぶ×アートと遊ぶ」がテーマの新感覚展示「あそびーち」も必見です。入館料は高校生以上が2,300円、小・中学生が1,150円、4歳以上が750円。大分駅前で大分交通路線バスの別府方面 (関の江、鉄輪、国東)行きへ乗車し、 高崎山自然動物園前で下車した場所に位置しています。乗車時間は約25分。

高崎山自然動物園

高崎山周辺の農作物に被害を及ぼしていたサルを一カ所に集め、観光資源にしようと試みたのが高崎山自然動物園の始まりです。動物園ですが檻はなく、サルを間近かつ自然な状態で観察することができます。小麦を30分に1回、イモを1日2回「サル寄せ場」で与えており、特にイモを我先にと取り合うサルたちの姿は見もの。季節ごとにイベントを開催しているほか、毎年11月第3土曜日は、高崎山をより身近に感じてもらうことを目的に、入園料を無料にしています。大分マリーンパレス水族館「うみたまご」に隣接しているので、一緒に巡ってもいいでしょう。入園料は大人520円、高校生420円、小人370円。アクセスは水族館と同じく、大分駅からバスで約25分です。

大分県立美術館 OPAM

大分県立美術館OPAMは、「五感のミュージアム」「出会いのミュージアム」をコンセプトにしています。2015年に開館した、比較的新しい美術館で、古典と現代、美術と音楽といった、さまざまな「出会い」をテーマにした企画展を実施。大分の近世美術作品コレクションや空間をダイナミックに活用したインスタレーションも見所です。フリースペースには、実際に触れることができるアート作品も展示。地元の食材を使ったランチを提供しているカフェや土産店も併設しています。観覧料は、一般300円、大学生・高校生200円、中学生以下は無料です。バスでアクセスする場合、大分駅前の7番乗り場から青葉台線、県立図書館線、スカイタウン高崎線のいずれかに乗車し、オアシスひろば前で下車すぐです。

大分のイベント情報

「大分ふぐフェスタ」は、フグ料理の名店が特別価格のランチを提供するイベントです。大分市内の各店舗それぞれが、特徴あるランチを数量限定で用意。事前予約が必要なので、開催情報をあらかじめチェックしましょう。開催時期は例年1月下旬から2月上旬まで。アクセスは店舗によって異なりますが、ほとんどの店舗が大分駅周辺に位置しています。

「大分七夕まつり」は、「48万人の広場」を中心とした大分市内一帯で行われる夏祭りです。照明入りの山車が広場を練り歩く「府内戦紙(ふないぱっちん)」や「おおいた市民おどりの祭典」、「太鼓大会」が祭りの目玉企画。市中心部の商店街は、それぞれが個性あふれる七夕飾りで彩られます。開催時期は、毎年8月の第1週目の週末。メイン会場の「48万人の広場」は、大分駅からすぐの場所にあります。

「大野川合戦まつり」は、1586年に起きた合戦を語り継ぐ祭り。合戦による流血は、幾日にもわたり大野川を赤く染めたとされています。騎馬隊や鉄砲隊による合戦さながらの「大野川合戦絵巻」は迫力満点。「餅つき大会」や「絶叫大会」といった企画も祭りをさらに賑やかに彩ります。開催時期は例年11月ごろです。会場は中判田駅、竹中駅の両駅から車で約10分。大分駅から両駅までは20分前後です。

大分の人気グルメ

大分の人気グルメを3つ紹介します。

「こつこつ庵」は、大分の郷土料理を提供する創業40年の人気店です。大分名物のふぐ、関あじ・関さばなどを堪能できます。九州の銘焼酎も豊富に取り揃え、その数約300銘柄。大分駅府内中央口から徒歩約15分です。

大分の家庭料理である「吉野鶏めし」。その中でも、「吉野鶏めし保存会」が提供するものは、大分県の一村一品にも指定されています。鶏とゴボウとお米だけを使ったシンプルな料理ですが、素朴で懐かしい味がすると評判です。大分自動車道の大分米良インターチェンジから車で約25分、竹中駅から車で約20分の場所に位置しています。

「キッチン丸山」は、大分のご当地グルメ「とり天」の人気店。赤ワインや数種類のスパイスで下味を付けるのが特徴です。大分駅からは徒歩12分。

おすすめの高級旅館・ホテル

「JR九州ホテル ブラッサム大分」は、大分駅に隣接する高級ホテル。デザイナーの水戸岡鋭治氏が手掛けた、自然素材を生かした客室では木のぬくもりを感じられます。屋上の露天風呂や、そこからの眺めも人気。1泊タプル素泊まり11,400円〜。

「レンブラントホテル大分」では、日本料理店や鉄板焼天で地元の食材を堪能できます。客室は広々としており、全室に加湿機能付き空気清浄機を完備しています。大分駅の上野の森口より徒歩約8分、タクシーで約5分と好立地。1泊シングル朝食付き7,829円〜。

「ホテル日航大分 オアシスタワー」は、レストランやバーが充実した高層ホテル。客室からは、別府の海が見渡せます。大分駅からは徒歩で約10分。1泊シングル朝食付き7,438円〜。

おすすめの格安宿・ホテル

「ダイワロイネットホテル大分」は、大分駅の府内中央口から徒歩約8分という好立地の格安ホテル。女性専用の客室が用意されている点も特徴です。1泊シングル5,232円〜。

「アート ホテル 大分」は、大分駅中央口から徒歩10分の場所に位置する格安ホテル。 合計228室、7タイプの客室が、宿泊客のさまざまなニーズに応えます。1泊シングル4,000円〜。

「大分リーガルホテル」は、大分駅から徒歩3分の場所に位置しています。ご当地食材を使った朝食バイキングが人気です。1泊シングル3,979円〜。

大分のホテルのお得なクーポン&キャンペーン情報

トリップドットコムでは最大50%OFFになるセールやすぐに使える割引コードなど、毎月多彩なキャンペーンを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

大分 ホテルの口コミ情報