go to トラベルキャンペーン go to トラベルキャンペーン

Go Toトラベル キャンペーン対象商品について

このマークが付いている商品はGo Toトラベル キャンペーン対象商品になります。表示価格は割引料金が適用されています。 ※国土交通省より11月24日(火)~12月15日(火)までに出発する札幌市・大阪市を目的地とする旅行についてはGo To トラベル キャンペーン補助対象外とする発表がございました。詳細につきましては、Go Toトラベル旅行者向け公式サイトをご覧ください。https://goto.jata-net.or.jp/info/2020112401.html

Go Toトラベル キャンペーン割引金額と上限回数

1予約あたりの合計金額(税込)から最大35%割引となります。ただし、割引上限金額は1人1泊あたり14,000円(税込)となります。期間中、上限回数制限なしで何度でもご利用いただけます。

Go Toトラベル キャンペーンの実施期間

2020年7月30日(木)10:00 ~ 2021年1月31日(日)23:59 ※実施期間は、予告なく変更または中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

Go Toトラベル キャンペーンの注意点

東京都在住の方は9月30日(水)までのご旅行は、Go To トラベルキャンペーン割引をご利用頂けません。
※キャンペーン実施に関する詳細な条件は日々更新されておりますので、​最新情報はGo To トラベル旅行者向け公式サイト にてご確認ください。
さらに表示
閉じる

沖縄: 278軒のホテルが見つかりました

よくあるご質問:

沖縄の穴場観光情報とホテル・旅館ガイド

沖縄のホテル・宿泊施設情報

沖縄県は、日本の本州から遠く離れた場所にあります。那覇から東京は約1,600km離れているのに対して、上海や台北までのほうが1,000kmと近距離です。ソウル・香港・マニラなどアジア圏の諸都市も、東京や大阪までとほぼ変わらない近さにあります。このような地理的な条件もあり、沖縄は昔からアジア各国との交流が盛んで、琉球王国として独特の文化を育んできました。

沖縄本島やその他の数多くの離島からなる沖縄の主要都市は、やはり県庁所在地の那覇です。那覇は本島南部に位置し、国際通りなどの観光地があってにぎやかです。その他にも、本島中部の北谷や北部の恩納村、宮古島や石垣島など、観光地として有名なエリアがたくさんあります。

沖縄の旅行シーズン

沖縄は亜熱帯地域に属し、年間の平均気温は約22~23℃と温暖である一方、降水量が多く、年間2000mmを超えます。雨雲が発達しやすく、天気が変わりやすいのが特徴です。暑いイメージがありますが、真夏でも35℃を超える猛暑になることはあまりありません。

沖縄といえば、やはり「海」が美しいことで知られており、観光客の多くがきれいな海を訪れます。そのため、沖縄の旅行シーズンは夏の時期がおすすめです。7月から8月にかけて、各地でさまざまなイベントも開催されています。日差しが強いため、紫外線対策を万全に施してください。

夏のピークを避けたい方には、海開きが行われる5月や、ピークの過ぎ去った9月や10月がおすすめです。また、沖縄は冬でも15~20℃くらいなので、寒さが苦手な方は冬に沖縄を訪れてみるのもよいでしょう。

沖縄へのアクセス

  • 東京から

    羽田空港と成田空港からの便を利用でき、いずれも格安航空も就航しています。羽田空港からは片道8,000円~で、所要時間は2時間40分前後です。成田空港からは片道7,000円~で、3時間前後かかります。

  • 大阪から

    関西国際空港からの便となります。格安航空便も利用できるため、片道5,000円~のチケットもあります。所要時間は、約2時間15分前後です。

  • 福岡から

    タイミング次第で片道航空券5,000円程度で購入できます。所要時間は約1時間50分です。

  • 沖縄の観光情報

    沖縄のおすすめ温泉・露天風呂

    琉球温泉 龍神の湯

    「琉球温泉 龍神の湯」は「琉球温泉瀬長島ホテル」にある温泉です。沖縄本島から道路でつながっていて、リゾートしての人気が高まっている離島の瀬長島に位置します。那覇空港から車で約15分とアクセス良好で、空港との間にシャトルバスもあります。瀬長島ホテルに併設されている天然温泉ですが、日帰りでの利用も可能なので気軽に訪れることができます。「金龍の湯」と「銀龍の湯」の2種類があり、男女が1日ごとに入れ替わる仕組みです。金龍の湯は岩風呂やアロマサウナ、銀龍の湯は景色を存分に楽しめる寝湯や塩サウナがそれぞれおすすめです。なんといっても、海に面した絶景が見どころで、立ったまま湯につかる「立ち露天風呂」が格別。夕日との組み合わせもおすすめです。

    三重城温泉海人の湯・島人の湯

    那覇市の中心部に位置し、沖縄では数少ない源泉かけ流しの天然温泉を楽しめます。化石海水であるため塩分を含んでおり、肌に付いた塩分が汗の蒸発を抑えます。そのため、保湿効果が高く、女性から人気があります。海人の湯は「ロワジールスパタワー那覇」のホテル内にあり、島人の湯は、「ロワジールホテル那覇」のホテル内にあります。那覇空港から自動車で11分程度、沖縄都市モノレールの旭橋駅から徒歩15分でアクセス可能です。「ロワジール スパタワー那覇」の宿泊客は無料で利用できますが、「ロワジールホテル那覇」に宿泊の場合は入浴料金が発生します。ホテルの宿泊客だけでなく、日帰りでの利用も可能です。9時から17時までのデイタイムはお得な値段設定で、回数券もあります。

    Terme VILLA ちゅらーゆ

    「Terme VILLA ちゅらーゆ」は、沖縄では初となる天然温泉によるヒーリングプールを備えた温泉施設です。ヒーリングプールは、心地よい音と光、香りによりくつろげる空間となっています。そのほかにも、露天風呂や内風呂、低温サウナなどの設備があります。沖縄のなかでも人気の高いリゾート地・北谷に位置します。ホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」に隣接しており、ホテル行きの空港リムジンバスに乗って1時間ほどです。海に面した商業施設「美浜アメリカンビレッジ」も近くにあるので、観光を楽しみつつ、温泉でくつろぐのもいいでしょう。利用料金がお得になる会員制度もあります。

    沖縄のおすすめ観光スポット

    首里城

    沖縄のシンボル的な存在でもある「首里城」は、琉球時代の文化や歴史を象徴するスポットとして、多くの観光客が訪れています。中国や日本、東南アジアと盛んな交易が行われ、政治・外交・文化の中心だった当時の様子を知ることのできる建物として、2000年12月に、日本で11番目の世界遺産として文化遺産に登録されました。標高120mから130mに位置するため、那覇の景色を楽しむことも可能です。首里城へのアクセスは、車で空港から約40分、沖縄都市モノレールだと首里駅から徒歩約15分で到着します。以前の建物は第二次大戦で焼けてしまいましたが、1992年に復元されました。しかし2019年に再び火災により大部分が消失してしまい、再建に向けて現在準備が進められています。

    海の中道

    「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」は、ジンベエザメやナンヨウマンタに会える、大人気の水族館です。海洋博公園内にあり、那覇空港から車でおよそ2時間の距離です。自然豊かな沖縄の海を活かし、多様な海の生き物に親しめます。沖縄の海を構成する「黒潮」と「サンゴ礁」と「深海」の3つの要素を見事に再現し、自然の海のような展示を楽しめるようにしています。「美ら海」という名称は、リニューアル時に全国から公募した案から選ばれたもので、沖縄らしさや親しみやすさのある、独特のネーミングとなっています。

    公設市場

    国際通りの近くにある「第一牧志公設市場」は、沖縄ならではの魚や肉、野菜や果物などの食材を堪能できるスポットとして人気を集めています。2階の「食堂街」では、沖縄特有の料理を味わえるだけでなく、1階の店舗で購入した食材を調理してもらうという楽しみ方もできます。地元の人に愛される「沖縄の台所」のような存在の公設市場は、観光客にもおすすめです。

    沖縄のイベント情報

    「本部八重岳桜まつり」は、沖縄の気候ならではのイベントで、「ひとあしお咲きに」というキャッチフレーズの通り、日本で最も早咲きの桜まつりです。例年1月半ばから2月はじめにかけて国頭郡の八重岳桜の森公園で開催され、入場料は無料です。標高453mの八重岳一帯に、およそ7,000本もの色鮮やかな琉球寒緋桜が咲き乱れます。美ら海水族館から車で20分程度ですので、水族館の前後に足を延ばしてみるのもいいでしょう。

    「那覇大綱挽まつり」は、琉球王国時代から続く、沖縄で最大の伝統文化行事のひとつです。毎年10月の体育の日を挟んだ土~月曜日の3日間開催されます。綱挽の参加者は平和安寧・市民繁栄・商売繁盛などを願って綱を挽きます。1450年頃に始まったとされ、1935年に一度途絶えたものの、沖縄の日本復帰前年の1971年に復活しました。その後、年々規模が大きくなり、1995年にはギネスブックによって「世界一のわら綱」と認定されました。国際通りで旗頭行列が、国道58号久茂地交差点で大綱挽が行われます。沖縄都市モノレール県庁前駅下車で徒歩約5分以内の近さです。

    「那覇ハーリー」とは32人の漕ぎ手による迫力満点のレースです。例年ゴールデンウイーク期間中に、豊漁や海の安全を願って開催されます。競漕のほかにも、ステージでのさまざまな催し物や花火大会などのイベントがあります。那覇新港ふ頭で行われ、見学無料です。アクセスは、那覇バスターミナルで乗車し泊高橋で下車後、徒歩10分ほどです。

    沖縄の人気グルメ

    沖縄では特色のあるグルメも楽しめます。特におすすめのものを3つご紹介します。

    まずは「沖縄そば」です。琉球王朝時代に中国から伝わったとされています。戦後に県民に広く定着し、観光客からの人気も高まりました。具は三枚肉やねぎなどが一般的ですが、地域によって味にバリエーションがあります。

    次に、「ゴーヤチャンプルー」です。ゴーヤ・豆腐・卵・豚肉などを混ぜて炒めた料理で、暑い沖縄の夏バテ対策にも効果的です。手軽に作れるため、家庭でもよく作られる料理です。

    最後に「タコライス」です。沖縄で生まれたタコライスは、メキシコ料理の「タコス」をご飯の上に乗せた料理。刻みレタスやチーズ、トマトとのコンビネーションが抜群です。お店ごとにオリジナリティもあるので、楽しんでみてください。

    おすすめの高級旅館・ホテル

    「リーガロイヤルグラン沖縄」は、国際通りまで車で1分の人気ホテルです。沖縄都市モノレールの旭橋駅から徒歩5分の近さです。コンシェルジュサービスやバリアフリールームがあるなど、ホスピタリティ溢れるホテルです。朝食のバラエティが豊富で好評です。高層階からの眺めも人気があります。1泊11,000円程度より宿泊可能です。

    「ザ・ナハテラス」は、那覇の新都心に位置する、閑静な雰囲気のシティリゾートホテルです。都市モノレール牧志駅から徒歩14分で、空港片道送迎も頼めます。1泊13,000円程度より宿泊可能。

    「ホテル コレクティブ」は、2020年開業と新しく、国際通り沿いに位置するホテルです。都市モノレール美栄橋駅からは徒歩約9分です。フィットネスや屋外プールでリフレッシュも可能。1泊13,000円程度より宿泊可能です。

    おすすめの格安宿・ホテル

    「那覇グランドホテル」は、国際通り近くにあり、都市モノレール県庁前駅から徒歩9分とアクセスが良く、手ごろな料金で宿泊できるホテルとして人気です。レンタルサイクルを利用できます。1泊4,000円程度より宿泊可能です。

    「ゲストハウス海風」は、都市モノレールの県庁前駅から徒歩2分の好立地で、リーズナブルなゲストハウスです。部屋で無料のWi-Fiが利用できたり、荷物の保管サービスがあったりと便利です。1泊1,000円程度から宿泊可能です。

    「マイ プレイス」は、泊港近くに位置し、都市モノレールの美栄橋駅からは車で10分程度の距離で、無料パーキングもあります。Wi-Fiの利用に加え、共用部では自炊できる設備も備わっています。ドミトリータイプで1泊1500円程度から宿泊できます。

    沖縄のホテルのお得なクーポン&キャンペーン情報

    トリップドットコムでは最大50%になるセールやすぐに使える割引コードなど、毎月多彩なキャンペーンを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

    ※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

沖縄 ホテルの口コミ情報