JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

プーケットのJWマリオットのご案内

プーケットの観光情報

プーケットの基本情報

気候

プーケット島はタイ最大の島で、世界中から観光客が訪れる場所です。最高気温は年間を通して31度前後なので、温度的には日本の夏がずっと続いているような感覚です。プーケットにはリゾート地というイメージがついているために、年中晴れていて雨はあまり降らないと思っている人も少なくありませんが、実際には乾季、雨季、暑季の3シーズンに別れていて、季節によって雨量が全く異なります。11月から3月までは乾季。季節風の影響もなく、快晴が続きます。年末年始が間に挟まれることもあり、飛行機やホテルの料金が高くなる時季です。次に4~5月の暑季。雨季に向けて少しずつ雨量が増えてきますが、まだ晴れている日も多い状態で、乾季に比べて飛行機代・ホテル代とも割安になるのでおすすめの季節といえます。最後に6~10月の雨季。日本のようにずっと雨が降り続くのではなく、日に数度30分から1時間ほど集中して雨が降ります。雨季の時ならではのアクティビティーとして、川下りのラフティングが最近人気になっています。季節に応じた楽しみ方を見つけると、プーケットはより楽しくなります。

治安

プーケットはタイの中でも、観光地として成り立っていて比較的裕福なエリアで、物乞いを目にすることはあまりありません。犯罪率も低く、財布を落とすとさすがに返ってはきませんが、忘れ物などは戻ってくることもあります。ひったくりや置き引きも少なく、良い意味で「平和ボケ」をしている感もあるプーケットですが、出稼ぎ労働者として外国から来ている人たちのエリアやバスターミナル付近は注意が必要です。

街の様子

プーケットは、美しいビーチや高級リゾートのあるイメージが強いのですが、オールドタウンに行くとパステルカラーの住居が立ち並んでいるエリアがあります。まるでヨーロッパの街並みのようで、ここがタイだとは思えないような、非常に写真映えのするエリアです。

交通情報(アクセス)

プーケット島にはプーケット国際空港がありますが、日本からの直行便はないので、どこかの都市を経由することになります。プーケット国際空港からホテルまでは、リムジンタクシーかメータータクシーを使います。どちらもバトンビーチまで3,500円ほど。3人以上になるとミニバンをすすめられることも多く、その場合は料金も割高になります。

注意点

日本人にとって悩みの種の「チップ問題」ですが、ここプーケットにはチップの習慣が根付いています。レストランの場合、ファーストフード店や屋台を除けばチップが必要です。料金の中にサービス料が組み込まれている場合は、支払わなければならないということはありませんが、通常は料金の10%程度をチップとして渡すのがマナーです。観光やアクティビティーに参加した際もチップが必要で、だいたい150~300円ほどです。その他にはホテルのベッドメイキングに60円ほど、タクシーでも運賃の10%程度のチップが必要です。また、プーケットの水道水も注意が必要です。日本と違って飲料水ではないので飲めません。もちろん、高級ホテルも同じです。そのため、飲料用にはペットボトルの水を購入します。一番小さいボトルで20~40円ほど。スーパーマーケット、コンビニ、屋台など、どこでも購入できます。最後に、タイの電圧は220V。一方、日本は100Vなので家電製品の種類によっては使用できないものあります。世界中で使用されているスマートフォンやノートパソコン、デジタルカメラは各国の電圧に対応できるものも多くなってきていますが、持ち込む家電製品の対応電圧を調べてから使用することをおすすめします。

プーケットの観光情報グルメ

有名な食べ物

・パッタイ

米粉で作った麺を肉、エビ、もやし、厚揚げなどの具材とともに炒めた「タイ風やきそば」です。ナンプラーや砂糖が入った調味料を使い、甘酸っぱく仕上げます。最後にライムのような果物の果汁をしぼってかけると出来上がり。屋台から高級レストランまで、どこにでもあるタイの人気メニューです。

・ムーピン

タイの屋台でよく見かけるのがムーピン。豚肉の「タイ風串焼き」です。タイの料理なのに、好き嫌いが分かれるパクチーや香辛料が使われていないので、多くの人に好まれる食べ物です。テイクアウトもしやすく、手軽に食べることができます。朝の7時ぐらいからムーピン屋はオープンして、朝食を買いにくるタイ人で賑わいます。

特有の食べ物情報

・ミーホッケン

ホッケンは漢字にすると「福建」。元は中国福建省で食べられていた焼きそばが、1800年代に華僑によってプーケットタウンに持ち込まれたのが起源とされています。以前はプーケット内の専門店でしか食することができなかったのですが、現在では「プーケットの看板料理」としてホテルのレストランでも提供するようになりました。もし本来の味のミーホッケンが食べたければ、ぜひプーケット内の専門店に足を運んでみてください。

・ミーフン カドゥークムー(プーケット風ビーフン)

マレー地方から伝わってきたとされる、プーケット風ビーフンは米粉を使った細い麺。タイの屋台でよく見かけるセンミーと呼ばれる極細麺よりもさらに細く、スペアリブを煮込んだスープとブラウン色のビーフンが別の皿で出てくることが多いので、そのまま別々に食べたり混ぜて食べたりします。プーケットタウン内でしか食べることができないので注意が必要です。

プーケットの観光スポット

有名な観光地情報

・バトンビーチ

プーケット島西部に位置する、タイ屈指のリゾートエリアです。海は遠浅で、水上バイクやパラセーリングなどのアクティビティーも充実しています。南の楽園を楽しみたいという方には格好のビーチです。

・バングラ通り

プーケットで一番のナイトスポット。クラブ、ディスコ、バー、ライブハウスなどは深夜まで音楽が流れていて、いつも人でいっぱいです。路上パフォーマンスも夜になると活気づき、あちらこちらで盛り上がっているのを見ることができます。

・プーケットファンタジー

カラマビーチにある体験型テーマパークです。神話を元にしたテーマパークで、巨大なシアターやレストラン、民芸品売り場などが館内にあります。アトラクションの中でも人気のあるのが「Fantasea of Kingdom~王国のファンタジー~」。カマラ王国の神話に沿ったストーリーを1時間かけて演じます。プーケットで雨が降ってアクティビティーが中止になってしまったとき、プーケットファンタジーに行くという選択肢はいかがでしょうか。

・On The Rock

プーケットでロマンチックなレストランといえばここ。おしゃれな内装ときれいな夕陽を見ることができる店内で、新鮮な魚介類を使ったタイのオリジナル料理を味わうことができます。人気店のため予約がないと入れないので要注意。新婚カップルにはおすすめです。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

プーケットの観光地は海などの自然が多いため、入場料よりもそこへ行くまでの移動代が高くなりがちです。食費は、現地のものであれば数百円ですませることができます。移動料金は、トゥクトゥク(三輪タクシー)で島内を移動しても600~1,500円程度。トータルで考えても1日5,000円程度あれば楽しむことができそうです。

おすすめポイント

人気の高級ホテル情報

・プーケット マリオット リゾート&スパ メルリン ビーチ

バトンビーチから車で5分ほどの場所にあるのが、プーケット マリオット リゾート&スパ メルリン ビーチ。プライベートビーチ状態になっているエリアの他、3つのプールがあり、ビーチでゆっくりと過ごすには格好のホテルです。ホテルでシュノーケルセットを借りれば、魚の泳ぐ姿を見ることができます。

・バンヤン ツリー プーケット

プライベートプール付きのヴィラといえば、バンヤン ツリー プーケットです。熱帯の自然に囲まれながら優雅にゆったりとした時間を過ごすことができます。スパプールの先駆けとなったホテルでもあります。

プーケットの観光客の声

プーケットへ旅行したユーザーの口コミ、感想

・お客様の声A

プーケットファンタジーは、パトンビーチから車で約10分のところにある夜のテーマパークです。園内に娯楽施設はそれほど多くありませんがアトラクションが非常に素晴らしく繊細で、どのシーンにもタイの伝統的な特徴や要素が入っています。

・お客様の声B

プーケットファンタジーでは、何千人ものお客に対応しているにもかかわらず、食事環境は清潔で快適です。一般的なビュッフェ形式でさまざまな料理が並んでいますが基本的にタイ料理で、味の好みは人それぞれですが、私個人としては問題ありません。食後は、プーケットファンタジー内のいろいろなお店で地元の雑貨や衣料などの買い物をすることができます。また、園内で象に乗ることもできます。(中略)ショーはとても素晴らしく、ステージを飛び交う鮮やかな光と音。タイの歴史を紹介する舞台劇、アクロバット、マジックと続き、あいさつで締めくくり。本当に一見の価値がありました。

プーケットのホテル事情

プーケットのホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

プーケットのホテルはシーズンによって料金が異なります。比較的物価の安いプーケットですが、最盛期になると、他の近隣エリアよりも2割ほど高くなるようです。

相場の料金

一般的なホテルで3,000~5,000円ほどですが、最盛期には1.5~2倍の金額に跳ね上がります。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

全文表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip