JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

    ソウルの5つ星ホテルのご案内

    ソウルの観光情報

    ソウルの基本情報

    気候

    ソウルは、日本のように四季が明確に分かれています。まず、ソウルの春は3月から5月ごろまでです。ただし、3月の平均気温が10度を下回るのに対し、5月になると平均気温は約18度にもなります。ソウルの夏は6月から8月にかけての時季で、蒸し暑いのが特徴です。特に6月中旬から7月中旬にかけては梅雨の時季とも重なっています。最も暑い8月の平均気温は約26度ですが、9月になると少しずつ秋めいてきて、11月にかけてイチョウやケヤキなどの黄葉の鮮やかさが目立ってきます。12月から2月ごろの冬の時季には寒さがかなり厳しくなります。気温はマイナス15度程度まで下がることも珍しくなく、ソウルのシンボルともいえる漢江が凍る場合もあります。

    治安

    ソウルの治安は比較的安定した状態だといえます。ただし、油断しているとトラブルに巻き込まれる可能性もあるため注意は必要です。たとえば、周囲の人が日本語の会話を理解できないだろうと考えて不用意な発言をしてしまい、問題につながるケースもあります。さらに、所持品から少し目を離しただけで置き引きやスリの被害に遭うこともあります。旅行する際は一定の警戒心を持ったうえで行動することが大切です。

    街の様子

    韓国の首都であるソウルは、ビルやショッピングセンターが立ち並ぶ大きな街で、漢江を挟んで江北と江南に分かれています。韓国の最先端の流行を発信する都市ですが、古い歴史を感じさせる観光名所も豊富にあります。

    交通情報(アクセス)

    韓国と海外を結ぶ仁川国際空港からソウル市内へ向かうには、空港鉄道「A’REX」、バス、タクシーなどの交通手段があります。空港から市内までの所要時間は、鉄道で60分程度、車なら60~80分程度です。さらに、ソウル市内を巡るための交通手段としても、地下鉄、バス、タクシーが利用できます。市内は交通網がかなり発達しているため、早朝から深夜まで移動が可能です。ソウルには「T‐money」とよばれる交通カードがあり、現金をチャージしておくとスムーズに料金の支払いができます。

    注意点

    韓国にはチップの習慣はありません。そのため、基本的にはチップを要求される場面はなく、仮にチップを要求された際に断っても問題はありません。また、韓国の水道水は日本の軟水とは異なり硬水です。水道水は飲み水として利用できますが、ホテルによっては推奨していない場合もあるため、飲まないようにしたほうが無難でしょう。飲み水はコンビニなどで売られているミネラルウォーターや備え付けのウォーターサーバーを利用するのが安心です。加えて、韓国のコンセントの電圧は220Vが主流なので、あらかじめ持参する機器の対応電圧を確認しておくといいでしょう。さらに、電源プラグの形状は3種類あり、日本と同じ場合もありますが、変換プラグを使えば他の種類のコンセントにも対応可能です。

    ソウルの観光情報グルメ

    有名な食べ物

    ・サムギョプサル

    サムギョプサルは、ジューシーな豚肉を野菜とともに焼いて食べる料理です。サムは三、ギョプは層、サルは肉を意味し、三枚肉と呼ばれるばら肉を表しています。香味野菜や調味料で味付けをするため、ついつい箸が伸びてしまうおいしさです。韓国では、サムギョプサルが外食や飲み会の場面などでよく食べられています。

    ・サムゲタン

    サムゲタンは、若鶏の腹の中にもち米や高麗人参などを詰めて煮込んだもので、韓国の伝統的な料理の一つといえます。箸でつつくと簡単にほぐれるほどやわらかく、鶏肉から出ただしによりコクのある味わいとなっているのが特徴です。鶏の旨みが詰まっていて、暑くて食欲がない季節でも箸が進みます。

    特有の食べ物情報

    ・韓国粥

    韓国粥は、水やだしで米やもち米粉を煮詰めて作ります。味わいがあっさりしているため、食べ歩きをして胃が疲れている場合や二日酔いのときでもおいしく食べられるでしょう。具材やトッピングにはいろいろな種類があり、海産物や野菜などさまざまな食材の味が楽しめます。なかにはアワビやウニなどを使った贅沢な粥を提供している店もあり、日本人観光客にも人気です。

    ・ピンス

    ピンスは韓国のかき氷です。韓国では季節を問わずピンスが食べられています。アレンジ方法は多種多様で、氷そのものに味が付いているものもあれば、フルーツやアイスクリームがトッピングされているものもあります。なかでもオーソドックスなのは小豆がのったピンスで、パッピンスと呼ばれています。

    ソウルの観光スポット

    有名な観光地情報

    ・景福宮

    景福宮は、14世紀末の朝鮮王朝時代に初めて建てられた宮殿です。ソウルには5大宮と称される5つの宮殿がありますが、その中でも景福宮は最も大きな規模を誇ります。朝鮮王朝の伝統や文化を感じたいなら、ぜひ訪れてみるといいでしょう。景福宮はソウルの中心地にあるため、観光客にとって訪れやすいスポットです。

    ・Nソウルタワー

    Nソウルタワーは、標高262メートルの南山頂上にそびえています。ソウルのランドマークとなっていて、韓国を訪れたらぜひ立ち寄りたいスポットです。Nソウルタワーの高さは236.7メートルで、ソウル全体を見下ろしながら360度の景色を楽しめます。ドラマやバラエティー番組のロケ地としてもよく利用されています。

    ・仁寺洞

    仁寺洞は、韓国の伝統的な街並みが楽しめるスポットです。伝統工房やギャラリーなどが集まっていて、韓国の独特な雰囲気を肌で感じることができます。お土産を買うのにもおすすめの場所です。また、カフェもあるため、ゆっくり過ごすことも可能です。観光客にも人気が高く、多くの外国人が訪れています。

    観光地を巡る際に必要な費用の相場

    ソウルでの移動は、交通カード「T‐money」を使うのが一般的です。たとえば地下鉄を利用する場合、1回あたりの一般料金は110円程度でで、乗車する距離が10kmから50kmまでは5kmごと、50kmを超えた後は8kmごとに約10円が加算されます。なお、T‐moneyを使用すると、料金が割引になる場合もあります。

    おすすめポイント

    人気の高級ホテル情報

    ・ティーマーク グランド ホテル 明洞

    客室からNソウルタワーが見え、景色が楽しめるホテルです。徒歩圏内に地下鉄の会賢駅があり、ソウル駅までの距離も800mほどです。ホテルの周辺には明洞聖堂や東大門などの観光地があるため、休憩を挟みつつのんびりと見学できます。日本語に対応できるスタッフもいるため、初めての韓国旅行でも安心です。ホテル内にはおしゃれなレストランやカフェもあり、特別なひと時を過ごすことができます。

    ・ウェスティン 朝鮮 ホテル ソウル

    モダンで清潔感のある内装が魅力の、景色だけでなく室内で特別な雰囲気も味わえるホテルです。レストランのほかエグゼクティブラウンジもあります。スパやサウナも充実していて、旅の疲れをしっかり癒すことができます。部屋のバリエーションが豊富なため、利用シーンに合わせて選択できます。

    ・ソウル 新羅 ホテル

    窓からの眺めがよく、ソウルの街の雰囲気を室内にいて感じることができるホテルです。空港への送迎サービスがあるため、交通手段に迷うこともありません。地下鉄の東大入口駅から400mの場所に位置しており、観光の拠点としても便利です。宿泊客の満足度も高く、旅行の特別な気分を高めるにはぴったりのホテルといえます。

    ソウルの観光客の声

    ソウルへ旅行したユーザーの口コミ、感想

    ・お客様の声A

    Nソウルタワーの高さは236.7メートルで、ソウルで最も美しい夜の風景が楽しめます。 Nソウルタワーから夜景を眺めていると星が軌道に織り込まれているように思え、街全体も輝いて見えます。恋人に絵葉書を送ったり、2階の屋外プラットフォームに愛の南京錠を掛けたりでき、小さな椅子に寄り添ってツーショット写真も撮れます。ここはデートに最適の場所です。不夜城ソウル、そこではまるで静かな光のコンサートが催されているかのように、街中に光の星が点在していて、息をするのも忘れて見入ってしまいます。

    ・お客様の声B

    明洞へ買い物に来ると元気が出ます。化粧品やおやつやブランド服などが買えますが、私が好きなのは屋台の並んだエリアです。あなたも、手頃な価格で本格的な韓国の屋台料理をお楽しみください。

    ・お客様の声C

    景福宮はソウルの重要な観光スポットです。 10時30分ごろ、私たちは守門将交代儀式に居合わせましたが、とても厳粛で秩序だった儀式でした。「献身」というものを見ました。(中略)宮殿の中には博物館があり、歴史だけでなく、庶民の衣服、食べ物、文化を含めた生活全般も知ることができます。そこで私は多くの洞察を得ました。ただ、切符売り場で通訳を頼むのを忘れて無駄に歩き回ってしまったことだけが心残りです。

    ソウルのホテル事情

     

    ソウルのホテル料金の相場

    他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

    ソウルのホテル料金は、韓国の他の都市と比べて大きな差はありません。例えば、釜山や済州市などにあるホテルとは同程度の料金ですが、仁川や大邱と比べると相場は数千円ほど高くなっています。

    相場の料金

    ソウルは韓国の中心地で、いつも多くの人が集まっています。そのため、たくさんのホテルがあり、グレードの幅も広いのが特徴です。ソウルのホテル料金の具体的な相場は4,000~19,000円となっています。グレードによっては、料金がこれよりさらに高くなったり低くなったりする場合もあります。ソウルのホテルは、予算や目的に合わせて選ぶことが可能で、高級ホテルも多くあるため、特別な旅の宿泊先を探すこともできます。

    ※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

    閉じる
    エリア:
    中区(チュング) 鍾路区(チョンノグ) 麻浦区(マポグ) 江南区(カンナムグ) 龍山区(ヨンサング) 永登浦区(ヨンドゥンポグ) 東大門区(トンデムング) 西大門区(ソデムング) 瑞草区(ソチョグ) 松坡区(ソンパグ) 江西区(カンソグ) 城東区(ソンドング) 広津区(クァンジング) 九老区(クログ) 冠岳区(クァナクグ) 城北区(ソンブクグ) 江北区(カンブクグ) 恩平区(ウンピョング) 銅雀区(トンジャクグ) 衿川区(クムチョング) 更に表示 閉じる
    Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
    Ctrip Skyscanner Trip