JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

最近予約されたPeople's Squareホテル

People's Squareホテルのご案内

上海の観光情報

上海の基本情報

気候

上海は北緯31度くらいに位置し、日本でいえば鹿児島県と同じくらいの緯度にあります。長江(揚子江)の河口にあり、東シナ海を臨む大都市です。日本と同じように四季があり、海に面しているため湿度は高めで、特に夏は非常に蒸し暑くなります。上海観光のベストシーズンは、春の4~6月と秋の10~11月中旬で、特に秋がおすすめです。

春は特に4~5月にかけては花々が咲き、とても美しい季節です。ただし、4月下旬から5月はプラタナスや柳など様々な木のワタが舞うことがあり、気になる方はマスクを用意しましょう。また、4月の夜は冷えるため、羽織もので調整します。梅雨が始まる6月中旬以降に旅行する場合、傘があると安心です。

上海の夏は7月が一番暑く、9月頃まで40℃近い高温になることもあり、熱中症対策は必須です。さらに、8~9月にかけて台風が襲来するため注意が必要です。

秋は10~11月中旬の気候がさわやかで、晴れの日が多く外出に最適な季節です。上着は必須で、11月になるとセーター等の冬服が必要になってきます。

上海の冬はシベリアから湿った冷たい風が吹き、雪はほとんど降りませんが、緯度の割に体感温度は低く感じます。ただ、冬の上海の夜景はとりわけ美しいです。

上海観光のベストシーズンであっても、5/1~3は労働節(メーデー)、10/1~7は国慶節(建国記念日)により休日になるため、観光地はどこも人の波であふれかえります。この期間の旅行はなるべく避けるといいでしょう。

街の様子

世界屈指の商業都市の上海は活気あふれる大都会です。植民地時代からある上品な古い街並みから近代的なビル群、おしゃれで高級なエリアから中国の下町まで、様々な側面が見られます。

上海市街は大きく2つの地域に分けられます。上海中心部に長大な長江の支流の「黄浦江」が流れており、この川を境にして西側を「浦西」、東側を「浦東」と呼んでいます。浦西エリアは従来からある市街地で、浦東は新しく開発が進められたエリアです。

浦西は地区によって雰囲気がガラッと変わり、上海の中心地として賑わう地区やショッピングエリア、租界時代の哀愁漂う街並みを残した地区、古い中国の雰囲気を残した地区があり、好みに応じて訪れるといいでしょう。春節(旧正月)の時期は非常に混雑しますが、各地で正月飾りが見られ中国らしい華やかさが感じられます。

浦東は政府肝いりで急速に発展が進んだ地域で、高層ビルが林立するオフィスエリアや、外国人に人気の新興住宅地もあり、日本人も多く住んでいます。

交通情報(アクセス)

上海へは国内の主要空港や地方空港から毎日数多くの直行便が飛んでおり、気軽に訪れることができます。上海には空港が2つあり、上海の西に約15kmにある上海虹橋空港と、上海市街から約45km郊外にある上海浦東国際空港があります。

上海虹橋空港は羽田空港発着便のみで、日系企業が多いエリアに近いため、観光よりはビジネスで利用されることが多いです。さらに、上海虹橋空港は市街に近いことから当日から活動できる利点もあります。上海浦東国際空港は世界でも主要な国際空港のため、日本からはもちろん、世界各国からの航空便が数多く発着します。

日本から上海までは飛行機で約3時間から4時間弱です。ただし、中国に近い九州地方の福岡空港からはわずか1時間40分ほどです。

上海の観光情報グルメ

有名な食べ物

上海の有名な食べ物といえば秋から冬にかけてが旬の「上海蟹」です。長江下流に生息する淡水蟹で、ぎっしり詰まった身は濃厚、カニミソも美味です。さらに、上海蟹を使った料理がいくつも見られます。「蟹粉豆腐(シエフェンドウフ)」や「蟹粉獅子頭(シエフェンシーズトウ)」があり、後者は上海蟹の身と豚肉の団子があっさりした蟹のスープに浮かぶ絶品料理です。

上海発祥の中国の名物料理といえば「小籠包」で、名店がいくつもあります。セイロで蒸された小籠包には肉や野菜、魚介類など様々な具材が入っています。上海蟹を使った「蟹粉小籠包(シエファンシャオロンパオ)」は蟹の身とミソを豚肉と混ぜた餡がとてもジューシーで美味しいです。

特有の食べ物情報

上海の代表的な料理の一つ、「紅焼肉(ホンシャオロウ)」は、皮つきの豚バラ肉を砂糖と醤油などで甘辛く煮込んだ料理で、日本の角煮よりもっと濃厚な味わいです。数cmの一口サイズにカットされているためとても食べやすいです。

上海らしい食材としては蟹のほかに海老があり、代表的な料理に「油爆蝦(ユー・バオシア)」と「龍井蝦仁(ロンジンシャーレン)」があります。人気・定番の前菜の油爆蝦は、海老のから揚げのことで、香ばしさがたまりません。龍井蝦仁は、上海に近い杭州市産の緑茶(龍井)と海老を炒めたシンプルな料理で、緑茶の香り高さが印象的な一品です。

上海の観光スポット

有名な観光地情報

黄浦江を境にして西側の浦西エリアは昔からの上海の中心地で、著名なショッピングエリアやおしゃれなトレンド発信地、古い西洋建築が立ち並ぶ有名観光地、下町情緒あふれる旧市街があります。浦東エリアは近年開発が進んだ地域で、上海の新名所が見られます。

外灘 (バンド)は上海で有名な観光地で、19世紀後半にできた租界(外国人居留地)を由来とする地区です。美しい石造りの西洋建築が見られ、おしゃれスポットでもあります。外灘遊歩道は大都会のオアシスといえるスポットで、対岸の高層ビル群の美しい夜景が眺められます。

上海には新旧のショッピングエリアがあります。南京東路や南京西路は100年以上賑わいを見せる繁華街で、南京東路は比較的庶民的なお店が多く、南京西路が落ち着きのあるデパートやモールがあります。新天地はおしゃれなショップの多いトレンド発信地で、旧フランス租界の建物を改装した雰囲気も人気です。

上海らしい下町の雰囲気を味わいたいなら、豫園(よえん)を訪れましょう。豫園とは明の時代にできた伝統的な中国式庭園の観光名所のことで、今では豫園を中心にした旧市街地一帯の総称でもあります。お土産屋さんや安くて美味しい中華料理店が多いです。

上海の黄浦江の東岸にある浦東エリアは、経済大国の中国の勢いが感じられる場所です。浦東の特徴は高層ビル群が立ち並ぶオフィスビル街ですが、新名所が続々できています。上海を象徴するランドマークの上海タワーや独特のデザインが特徴の東方明珠塔(東方テレビタワー)があります。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

上海の各国際空港から市内に行く方法として、主に地下鉄、タクシー、バスの3つがあります。渋滞を避けるため、地下鉄(4~7元)がベターですが、エレベーター・エスカレーターがない駅が大半のため、荷物の多い方はタクシー等をおすすめします。ただ、上海浦東国際空港からは世界最速430km/hのリニアモーターカー(普通席50元/貴賓席100元)もあり、一度体験してみるのもいいでしょう。

上海市内を巡るには、地下鉄とタクシー、路線バスの3つの手段があります。チャージ式のプリペイドカード「上海交通カード(上海交通卡)」なら、全てキャッシュレスで乗車ができます。地下鉄の切符売り場の窓口やコンビニで購入やチャージ(100元単位)ができます。

地下鉄は全14路線が市内のほか一部郊外まで路線があり、料金は初乗り3元です。タクシーは日本と同様に流しを拾うか、タクシー乗り場を利用します。14元からのメーター制で、運転手は外国語がわからないことが多いため、漢字でメモした行き先を見せるのが無難です。路線バスは料金が2元と安いですが、渋滞に注意しましょう。

上海のホテル事情

上海のホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

上海は世界屈指の経済規模を誇る大都市のため物価が高いです。したがってホテル料金も中国の近隣の都市に比べると割高になります。

上海から170kmほど離れた沿岸地域の杭州市のホテル料金は上海の8割程度です。また、上海から130kmの日本企業が多い無錫市のホテルは、上海の半額程度の3,000円から6,000円前後とリーズナブルです。

相場の料金

上海のホテルは立地やホテルのクラス、泊まる時期によって料金が変わってきます。

平均的な上海のホテル(3つ星から4つ星)の料金相場はおおむね6,000円弱から10,000円程度です。ただし、上海観光の秋のベストシーズンと上海蟹の旬が重なる時期の10月のホテル料金は6,500円~15,000円くらいと高く、半年前でも予約が取りにくい傾向があります。

おすすめのホテル

人気のホテル

・カンパニール ホテル (上海 ザ バンド)

上海の有名観光地へのアクセスがしやすく、立地を考えるとリーズナブルな使いやすいホテルです。

・スター ホテル

繁華街からやや離れますが、地下鉄の駅が近くて宿泊客の評判も高いホテルです。

・ホリデイ イン エクスプレス 上海 鎮坪

明るいポップなインテリアのリーズナブルなホテル。中心街から離れており、地下鉄での移動がおすすめです。

空港から近いホテル

・上海·DECO

空港から非常に近いリーズナブルなホテルです。中国風デザインが加味されたスタイリッシュな内装が印象的。

・ホームイン プラス(シャンハイ プードン エアポート)

空港から近い格安ホテルで、トランジットなど短時間のステイに最適。黄色が基調の明るいインテリアが元気にさせてくれます。

・リン イン アート ホテル

空港に近いのに、まるでデザイナーズホテルのようなおしゃれで人気のホテルです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

全文表示 閉じる
エリア:
浦東新区 閔行区 黄浦区 静安区 徐匯区 長寧区 青浦区 松江区 嘉定区 普陀区 虹口区 奉賢区 崇明区 楊浦区 金山区 宝山区 更に表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip