おすすめホテル

よくあるご質問:

シンガポールのホテルのご案内

シンガポールの天気(気候)&旅行シーズン

シンガポールは、北緯1°の赤道直下に位置する都市国家です。マレー半島の南端にあるシンガポール島と、60以上の小島からなります。19世紀以降、東西交易の中心として栄え、現在は経済・流通だけでなく、観光・エンターテインメントでも世界中から注目を集めています。人口は約564万人。中国系を中心に、マレー系、インド系など、多様な民族で構成されています。

シンガポールは熱帯雨林気候に属し、明確な季節の区分はありませんが、だいたい11月~3月ごろが雨季、4月~10月ごろが乾季です。1年を通して最高気温は平均30℃以上、最低気温は平均24℃前後で、日本の夏のような暑さが続きます。乾季は雨が少なく湿度も低いですが、6月~8月にかけては陽射しが強くなるでしょう。

ベストシーズンは、4月、9月~10月です。服装は年間通して夏服で問題ありませんが、冷房対策としてカーディガンなどの薄手の上着を用意しておくことをおすすめします。また、レストランやカジノではドレスコードがあるため、TPOに応じた服装を選びましょう。

シンガポールの空港

シンガポールの国際空港は、市内中心部から北東20㎞に位置する「シンガポール・チャンギ国際空港」です。チャンギ国際空港には、4つのターミナルがあります。ターミナル1から3までの間は「スカイトレイン」で結ばれ、夜間(2時30分~5時)はシャトルバスが運行しています。また、動く歩道でも移動可能です。離れた場所にあるターミナル4とターミナル2の間は、シャトルバスで行き来できます。

空港から市内中心部までは、地下鉄(MRT)またはバス、タクシーを利用しましょう。

MRTのチャンギ・エアポート駅は、ターミナル2と3の地下にあります。タナ・メラ駅で乗り換えて、シティ・ホール駅まで約30分、料金は2.4SGD(約183円)です。

空港の各ターミナルにはバス乗り場があり、路線バスで市内にアクセスすることができます。約10~15分間隔で運行しており、所要時間は約30~60分、料金は2.5SGD(約190円)~です。

また、乗り合いのエアポート・シャトル・サービスも利用できます。事前予約で、9SGD(約687円)。約10〜30分間隔で運行しており、所要時間は約20~30分です。最大7人までチャーターすることもできます。

タクシーの場合は、所要時間は20~30分、料金は約20~30SGD(約1,527~2,290円)です。

シンガポールの交通

シンガポールの街中を観光やショッピングで移動するには、地下鉄(MRT)または路線バス、タクシーの利用が便利です。シンガポールは交通網が整備されているので、MRTと路線バスを利用すれば、ほとんどの観光スポットをめぐることができます。

観光には、MRTと路線バス共通のフリーパス「シンガポール・ツーリスト・パス」がおすすめ。1日用が20SGD(約1,527円)、2日用が26SGD(約1,985円)、3日用が30SGD(約2,290円)です。

MRTとバス、どちらでも利用可能なプリペイド式カード「EZリンクカード」も便利でしょう。金額は10〜12SGD(約763〜916円)です。

シンガポールのタクシーはメーター式で、初乗り料金は約3SGD(約230円)。深夜や混雑時、乗った場所によって追加料金がかかりますが、日本と比べると安く利用できます。ホテル前や街中にあるタクシー乗り場から利用しましょう。

シンガポールへのアクセス

東京からシンガポールまでの直行便は、羽田空港発と成田空港発ともに、シンガポール航空と全日空(ANA)とのコードシェア便、日本航空(JAL)が運航しています。所要時間は7時間から7時間25分で、往復66,150円~です。東京からは深夜のフライトが人気。シンガポールには早朝に到着するため、観光やビジネスのために時間を有意義に使えます。

大阪からシンガポールまでの直行便は、全便が関西国際空港発です。シンガポール航空と全日空(ANA)とのコードシェア便、LCCのスクートが運航しています。スクートはシンガポール航空のグループ会社で、長距離の飛行が可能なボーイングの機体を使用。ビジネスクラスも備えているため、機内での時間をゆったり過ごせます。所要時間は6時間15分~6時間40分で、往復で107,000円~です。

シンガポールの物価

シンガポールの通貨単位はシンガポールドル(SGD)で、1SGD=約76.35円です(2020年4月現在)。

シンガポールの人気ツアーの料金は、年末年始は高騰しますが1年を通じて大きな変動はありません。4日間のツアー平均価格は約80,000円です。

シンガポールの物価は日本と同じ程度ですが、レストランでは物品税(7%)に加えて、サービス税(10%)がかかるため割高感があります。アルコール税が高く、ビール1本で約9SGD(約700円)です。

ランチは約19SGD(約1,500円)が相場ですが、屋台街ではチキンライスなどが3〜4SGD(約300円)と格安で味わえます。ミネラルウォーターは500mlで1本約2SGD(約150円)、コーラは250mlで1本約1.5SGD(約114円)です。

タクシーの初乗り料金は約3SGD(約230円)。バスと地下鉄の最短区間料金は1SGD(約76円)前後と割安です。

シンガポールのホテルの相場

シンガポールには、ホステルからラグジュアリーなホテルまで、観光客やビジネス客のための多様なホテルがあり、エリアやホテルのクラス、シーズンによって宿泊料金が変動します。

シンガポールの3~4つ星ホテルの宿泊料金相場は、1泊1部屋4,800~12,000円。ベストシーズンである9月〜10月の宿泊料金相場は、1泊1部屋5,500〜35,000円です。シンガポールの人気エリアは、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなどの人気観光スポットやショッピングモールが集まる「マリーナ・ベイ」。マリーナ・ベイエリアにあるホテルの宿泊料金相場は、1泊1部屋6,100~61,400円とかなり価格の幅があります。

シンガポールでは、国際会議や見本市などが多く開かれるため、開催前後には宿泊料金が高くなる傾向です。旅行を計画する際には、シンガポール政府観光局のサイトなどで、スケジュールを調べておきましょう。

ホテルランクごとの相場

ホテルランク相場
5つ星15,817円~35,785円
4つ星11,882円~11,990円
3つ星4,780円~5,672円
2つ星4,104円~5,303円

シンガポールのホテル事情

シンガポールの治安は?

シンガポールの治安は、東南アジア随一と評判ですが、観光客をターゲットにしたスリや置き引き、ひったくりなどの犯罪が起きているのも事実です。

ショッピング・センターや、オーチャード・ロード周辺などの繁華街、観光スポットなど、人が多く集まる場所では充分に注意を払う必要があります。多額の現金や貴重品は持ち歩かず、バッグなどは抱えて持つことです。ホテルやレストラン内での置き引きもあるので、荷物は身体から離さないようにしましょう。

シンガポールの通信環境は?

観光大国であるシンガポールでは、快適なWi-Fi環境が整っています。シンガポール全域で政府による無料Wi-Fiサービス「Wireless@SG」が提供されており、空港やショッピングセンター、レストラン、カフェ、観光スポットなど、多くの場所で無料Wi-Fiが利用可能です。ただし、通信速度が遅かったり、回線が不安定になる場合があります。ビジネスなどで確実に使いたい場合は、海外用のモバイルWi-Fiルーターをレンタルしたり、SIMフリーのスマホを持参して、現地で通信用のSIMカードを購入するとよいでしょう。

現地人がおすすめするホテル

おすすめ高級ホテル

シンガポールのランドマーク「マリーナベイサンズ」は、3つのタワーを屋上で連結した近未来的なデザインが特徴のホテルです。眺望抜群のルーフトッププールや、バラエティ豊富なレストラン、ショップがあります。地下鉄ベイフロント駅から徒歩約4分です。

「マンダリン オリエンタル シンガポール」は、1987年にオープンしました。アジアンテイストの客室からは、マリーナ・ベイの景色を眺められます。イタリアンレストランやスパなど充実した施設を完備。マリーナスクエア・ショッピングセンターに直結しています。地下鉄エスプラネード駅から徒歩約9分です。

1928年に建てられた歴史的建造物を改装した「ザ・フラートンホテルシンガポール」。ギリシャ神殿のような空間でアフタヌーンティーや屋外プールを堪能でき、ヘリテージホテルならではの優雅なひとときを過ごせます。地下鉄ラッフルズ・プレイス駅から徒歩約5分です。

おすすめ格安ホテル

2017年にオープンした「ギャラクシー ポッド アット チャイナタウン シンガポール」は、ポップなデザインのカプセルホテルです。ダブルの客室も用意されています。観光スポットのガーデンズ・バイ・ザ・ベイへのアクセスも良好。地下鉄チャイナタウン駅から徒歩約4分です。

アルジュニード駅近くの「ホテル 81 プレミア スター」は、清潔感のある客室がおすすめ。全204室で、無料Wi-Fiを利用可能です。

アルジュニード駅から徒歩約10分の「フレグランス ホテル パール」は、ファミリールームやトリプルルームなどがあり、家族旅行や女子旅などにおすすめ。フロントは24時間対応しているため、ツアーの申し込みなども可能です。

シンガポールの観光情報

シンガポールのおすすめ観光スポット

市内中心部から車で約30分の「シンガポール動物園(マンダイ・ズー)」は、檻や柵のないオープンシステムの動物園です。園内では300種を超える約2,400頭もの動物たちの、のびのびとした姿に出会えます。オランウータンとの朝食が楽しめる「ジャングル・ブレックファースト」が人気です。

シンガポール動物園に隣接する夜間動物園「ナイトサファリ」もおすすめ。音声ガイド付きのトラムに乗って、昼間とは違う動物の生態を観察できます。夜行性動物の生態を紹介するナイトショーや、迫力ある炎のパフォーマンスも人気です。

「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)」は、市内中心部から車で15分ほどの統合型リゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ」内にあります。「トランスフォーマー・ザ・ライト」や「マダガスカル:クレート・アドベンチャー」など、オリジナルのアトラクションを楽しめるでしょう。世界最大級の水族館や水のテーマパーク、カジノ、ホテル、レストランなど、魅力的な施設も集まっています。

シンガポールの人気グルメ

シンガポールの人気グルメといえば「チキンライス」です。茹でた鶏を、そのスープで炊いたご飯にのせて、チリソースや甘い黒醤油をかけて味わいます。つるりとジューシーな鶏肉が絶品。オーチャード・ロードから車で約5分の「文東記(ブン・トン・キー)リバーバレー店」や、地下鉄チャイナ・タウン駅から徒歩約10分のマックスウェルフードセンター内にある「天天海南鶏飯(ティエン・ティエン・ハイナニーズ・チキン・ライス)」がおすすめです。

鶏肉を使ったもう一つの名物グルメ「ペーパーキチン」は、醤油やゴマ油などを混ぜたソースに漬け込んだ鶏肉を、紙に包んで揚げた料理。紙袋を開けると肉汁があふれ出し、香ばしい匂いが食欲をそそります。地下鉄ファラー・パーク駅近くにある老舗「ヒルマン・レストラン」がおすすめです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

シンガポール ホテルの口コミ情報