JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

よくあるご質問:

西安のホテルのご案内

西安の観光情報

西安の基本情報

気候

西安は温帯半湿潤モンスーン気候に属しており、四季がはっきりしていて、乾燥しすぎない程度の適度な降水量もあります。1年間の平均気温は13.3℃で、季節による寒暖差が激しいものの冷涼で過ごしやすい気候です。3~5月の春と9~11月の秋が西安旅行におすすめの季節です。西安観光のメインは歴史的建造物や史跡の見学なので、暑すぎず寒すぎないこの時期に訪問すれば、気持ちよく西安を散策することができるでしょう。ただし、日中は半袖でも大丈夫なくらいに気温が上がるのに対し朝晩は冷え込みが厳しくなるので、風邪をひかないよう体温調節がしやすい服装を心がけましょう。はおりものが一枚あると安心です。また秋は雨が多い傾向があるので、折り畳み傘などの雨具を携帯すると便利です。

街の様子

西安は陝西省の省都で、かつては長安と呼ばれた中国文化発祥の地です。紀元前11世紀から秦などの王朝が西安に都を置き、漢の時代に長安と命名されてからは隋、唐など10以上もの王朝が西安を都として国を治めてきました。西安はシルクロードの起点でもあります。遣隋使、遣唐使を通して日本との縁も深く、中国内陸部の都市でありながらどこか日本文化との共通点を感じる、懐かしい雰囲気を持った都市です。また中国西部に位置することからイスラム教徒が多く見られ、城壁に囲まれた市の中心部には唐代のイスラム寺院と仏教建築が目と鼻の先にあり、宗教を超えた独特の世界観を形作っています。現在の西安は中国西部の一大都市であるとともに、シルクロード旅行の拠点としても知られています。長い歴史を持つ大都市なため、史跡や名所は非常に多くその数は100以上にものぼります。歴史好きの方にとってはどれだけ滞在しても飽きない都市であることは間違いありません。

交通情報(アクセス)

飛行機の場合は、市内から北西に47km地点にある西安咸陽国際空港を利用することになります。日中間での直行便は関西、中部、成田に設定があり日本からのアクセスも便利です。国内線も主要都市との間に運航便があるので、安価に抑えたい場合は上海や北京から中国に入国し国内線を利用するとよいでしょう。国内線の場合、北京・上海から2時間程度で到着します。

市内からはエアポートバスが走っており、空港まで約1時間。タクシーだと50分程度です。

西安の観光情報グルメ

有名な食べ物

西安の主食は小麦粉です。イスラム文化とも交じり合った、独特の中国料理の文化を形成しています。クミンをはじめとするスパイスと羊肉が特徴で、クセが強い反面、好きな人はとことんハマってしまいます。刀削麺、ラーメン、餃子、小籠包、などおなじみの中国料理でも、西安料理では強いスパイスと肉の匂いがするため全く違う料理のように感じられます。これらは高級料理ではなく屋台や食堂で気軽に食べられるものなので、気になるものをチョイスして楽しんでください。

肉夹馍(ロオジアモー)は、中国風のモチモチした焼きパンの中にひき肉やネギを入れたハンバーガーのような料理です。西安ではとても人気の料理で、肉汁あふれる餡とカリカリに焼かれたパンの組み合わせは誰もが食欲をそそられる味です。気軽にテイクアウトできることから、屋台料理の定番でもあります。

涼皮(リアンピー)は米粉を薄くのばして竹の筒に入れ、強火で蒸した食べ物です。柔らかくツルツルの舌触りで、暑い夏には欠かせない一品です。麺のように細く切って、刻みキュウリやネギをのせ、唐辛子油などで香りをつけたピリ辛のソースをかけていただきます。

特有の食べ物情報

西安を歩いていると『清真』という看板を掲げた飲食店を多く目にします。清真料理とは豚肉を一切使わないイスラム料理のことで、イスラム教徒が多く暮らす西安ならではの食文化です。牛肉や羊肉を使うことに特徴があり、餃子のあんが羊肉だったり、ラーメンが牛肉の澄んだスープに羊肉が具として盛り付けられていたりします。肉の匂いが強いため、トッピングに香草が効果的に使われているのにご注目ください。

西安の観光スポット

有名な観光地情報

大雁塔は三蔵法師がインドから持ち帰った経典を保存するために作られたとされる塔で、西安のランドマークとなる建物です。当初はれんが造りの五重塔で、則天武后の時代に10層に増築され、その後戦乱の中で崩壊し現在は7層の塔となっています。西安南部にある慈恩寺の敷地内にあり、塔の前には三蔵法師の像が建てられています。

興慶宮公園は唐の玄宗皇帝と楊貴妃、日本の阿倍仲麻呂ゆかりの宮殿です。阿倍仲麻呂は科挙にも合格し、玄宗皇帝に重用されました。唐代三大宮殿の一つに数えられ、創建は8世紀。当時の面積は135ヘクタールで、これは北京の故宮の倍にあたる広さです。かつて庭園には様々な木や花が植えられ、湖には船が浮かべられた大庭園でした。現在は公園となっており、遣唐使として西安に赴き没した阿倍仲麻呂を偲ぶ碑が建てられています。

市内東西南北を走る4つの大通りが交わる、まさに中心に建つ鐘楼は西安のシンボルのひとつです。高さ36m、四方35.5mという堂々とした作りで、戦乱の際には司令塔や物見台として使われていました。この鐘楼に登れば西安市内を見渡すことができます。夜にはライトアップされ、昼夜問わず西安の街を見守っています。

市内からバスで1時間ほど行けば兵馬俑にたどり着きます。西安まで来たのなら必ず行っておきたい観光スポットです。兵馬俑は秦の始皇帝が亡くなった際に副葬品として作られたもの。それぞれ異なった顔つきをしており、その数はなんと8,000体にものぼります。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

西安は観光名所が多いため、入場料は多めに見積もっておくことよいでしょう。物価そのものは安く、特に飲食関係は高級レストランでなければ一食数百円で済ますことができます。

そのため、1万円程度を目途にすればよいと考えられます。

西安のホテル事情

西安のホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

近くの都市の洛陽とほぼ同水準です。大都市の北京や上海と比べると2,000円ほど安くなります。観光地かつ中国西部を代表する大都市ですが、物価が安いためホテル料金の相場も安価です。

相場の料金

市内の中心地は鐘楼ですが、西安は観光地が広く散らばっているため移動効率を考えると西安駅近くのホテルに宿泊すると便利がよいでしょう。

西安にはバックパッカー向けのユースホステルから5つ星ホテルまで幅広いホテルの選択肢があるので、好みのホテルを見つけることも難しくありません。

おすすめのホテル

人気のホテル

・カンパニール ホテル シーアン ベル&ドラム タワー

鮮やかな赤塗りの外装が目を引く観光ホテルです。鐘楼広場やイスラム街に近く、市内観光のアクセスは抜群です。外見のインパクトに反して室内は白を基調に優しい色合いで統一されており、都会的でおしゃれな雰囲気です。歴史の街・西安の観光ホテルということもあり、随所に兵馬俑など西安の歴史を彷彿とさせるようなインテリアが配置されています。ホテル周辺には多くの飲食店があり、朝食から夕食まで多くの選択肢があり食事場所にも困ることはないでしょう。

・ウィーン ホテル(西安火車駅万達広場店)

西安駅前のホテルです。西安駅からは兵馬俑などの観光名所行きバスが数多く出ているので、郊外観光を予定している方におすすめです。設備はやや古いですが2016年にリノベーション済みで清潔感があります。中国風の装飾が施された室内は、西安旅行ムードを盛り上げてくれそうです。清掃が行き届いており、フロントスタッフの対応にも定評があります。アクセスが非常に良いにもかかわらず手ごろな価格設定なので、多くのユーザーから高評価を獲得しています。窓なしの部屋もありますので予約の際には注意してください。道路に面しているためあえて窓なしの部屋を選ぶという選択肢もよいでしょう。

空港から近いホテル

・MY JOY HOTEL(咸阳机场佳麦酒店)

2018年開業の非常に新しいホテルです。西安咸陽国際空港から7km、西安市内へ15kmと程よいアクセスで空港までの無料送迎サービスもあります。エアポートホテルらしからぬムード満点の外観をぜひチェックしてください。室内は都会的でスタイリッシュなデザイン。ウッド調で上質感が演出されています。雰囲気のよさだけでなくスタッフの対応のよさ、設備の充実度も高く評価されていて、ホテルへの滞在そのものを満喫できるでしょう。フロントも24時間対応で安心です。エアポートホテルでも妥協したくないという方におすすめのホテルです。

・Xianyang Airport New Town Hotel Business Hotel(西安空港 ニュータウンホテルビジネスホテル)

西安咸陽国際空港から5km地点にあるエアポートホテルです。西安のエアポートホテルの中ではリーズナブルな部類に入りますが、安いだけでなく満足度も高いホテルです。気取らないシンプルな内装で設備も特別なものがあるわけではありませんが、清掃がよく行き届いておりスタッフの対応も気持ちよく、ストレスなく一晩を過ごすことができるでしょう。清潔なベッドでリラックスして長旅の疲れを癒してください。空港までの無料送迎バスの運行があるので、出発の際にはぜひ利用したいところです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる
エリア:
雁塔区 碑林区 未央区 蓮湖区 新城区 臨潼区 長安区 ハ橋区 閻良区 更に表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip