App
無料アプリをダウンロード
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨

黄山

観光スポットを地図で表示

地図で表示

黄山について

黄山は、安徽省、浙江省、江西省の3つの省境にあります。周囲の山々に抱かれてたたずむ黄山は、恵州文化発祥の地です。長く由緒ある歴史が無数の歴史的・文化的史跡と美しい景色を残しました。黄山を訪れたら、絶対に登ってください。山と川に挟まれ、開放的な太平湖では、気ままなひとときを楽しめます。黄山には素晴らしい松の木々や奇岩群がたくさんあります。目を見張るような雲海から昇る日の出は、いつまでも忘れられない体験となります。市街地にある由緒ある屯渓街は、地元の文化が残る好例です。この地区の明・清王朝時代の建造物が比較的完全な形で保存されています。通りには、茶葉、岩茸、安徽墨、すずり、恵州の四代彫刻(木彫刻、石彫刻、レンガ彫刻、竹彫刻)など、黄山の特産物を販売する古い店がたくさん並んでいます。

黄山の人気観光スポット

黄山景勝地
4.7/5
レビュー26,366件
古代から歴史に名高い黄山は、「五岳より帰り来たれば山を見ず、黄山より帰り来たれば五岳も見ず」という言葉があるほどの絶景スポットです。この言葉を残したのは、明代の偉大な旅行者であり地理学者でもあった徐霞客で、黄山を2回訪れ、その壮麗な景観を称えて「人生の奇跡」と評しました。黄山の「4つの絶景」として知られる奇松、奇石、雲海、温泉は、自然が生み出した神秘の傑作で、見逃す手はありません。さらに、霧、雪、日の出は黄山の景観に独特の雰囲気を与え、幻想的な「仙境」のように感じることでしょう。
宏村
4.5/5
レビュー19,180件
古い町並み
宏村は恵州の典型的な古い村で、「中国絵画の村」としても親しまれています。宏村では、月沼や南湖など、古くから灌漑が行われてきた水系の眺めを楽しむことができます。また、恵州の「3種の彫刻」と呼ばれる、レンガ彫刻、石の彫刻、木の彫刻を観賞することもできます。紙を精密に切り抜いたように、人間の暮らす風景が自然の風景と完璧に調和しています。絵画を学ぶ学生がスケッチに訪れるのにうってつけのスポットです。
西逓
4.5/5
レビュー4,036件
古い町並み
北を黄山(ファンシャン)、南を斉雲山(チーユンシャン)に面した西逓は、2つの観光名所を結ぶ美しいエリアです。交通が非常に便利です。300年以上前に建てられた明時代、清時代の住宅が残っています。その中の124棟は完全に保存されています。この村は「桃花源里人家」とも呼ばれます。建物のレンガ、石、木に彫刻が施されているのが特徴です。そのどれもが非常に精緻です。植物の彫刻は特に優れており、まるで生きているようです。中央美術学院の多くの生徒がここに来て写生をします。写真愛好家も多く集まります。
翡翠谷
4.5/5
レビュー2,573件
渓谷
翡翠谷は黄山市湯口鎮の東部にあります。映画「グリーン・デスティニー」は翡翠谷で撮影されました。ここの地形は独特で、谷の中を小川が流れ、緑色が美しい小さな池が数十も形成され、さらに池から集まった水が滝となって流れ落ちています。翡翠は中国人から愛されている天然鉱石。緑色の美しさから主に工芸品や宝飾品に使用されています。翡翠谷は、これにちなんで名付けられました。別名、情人谷ともいい、水深は20kmで黄山で最長の渓谷です。夏は避暑地としても人気があります。

黄山に関する商品

  • 人気の現地ツアー&チケット
  • 観光スポット&ショー
  • Wi-Fi・SIM
20%オフ
中国用(VPNつき) ポケットWi-Fiレンタル
5/5
レビュー1件
即予約確定
キャンセル無料
最安値860円
12%オフ
木坑竹海入場チケット
前日予約可
キャンセル無料
最安値533円

黄山の天気

|
今日
2020年7月6日
24 °
くもり
24-30
明日
2020年7月7日
24°
大雨
24-28
水曜日
2020年7月8日
23°
雷を伴った激しい雨
23-28
木曜日
2020年7月9日
24°
大雨
24-27

Tripメモリー

jennynui   
The Xuanyuan Car Club is a large-scale folk activity that was circulated by the ancestors of Huangshan Mountain to commemorate the Chinese ancestor and the inventor of the car, Xuanyuan Huangdi. It is also known as the "car guild" or "car society". It is a unique local folk culture activity in Huangshan. . Xuanxuan Car Club is a large-scale folk activity that was circulated by the ancestors of Huangshan Mountain to commemorate the Chinese ancestor and the inventor of the car, Xuanyuan Huangdi. It is also known as the "car guild" or "car society". It is a unique place in Huangshan. Folk cultural activities. The main performance of the rolling car, the temples and the streets and alleys have to be rolled to show the blessings. "Xuanyuan Car Club" props craftsmanship is exquisite, the performance techniques are exquisite, the event scene is grand, the folklore value and artistic value are rich. After thousands of years of change, the car will gradually evolve into a large-scale festive gathering with ornamental, fun, and participatory functions and fitness and entertainment functions. Until the founding of New China, the car meeting is in Huangshan District (formerly Taiping). County) has been circulating for more than 1,200 years. From the "car wash", "floor car" test drive road, "positive car", "sacrificial car" to "receive car" into the temple, the first car meeting will end. The rolling show is a props painted with bright red color. The main form of strength and beauty is equipped with Jiangnan folk dance, instrumental music, skull mask and tattoo decoration. The scene is magnificent and the number of participants is small. There are dozens of people, and hundreds of thousands. The steamer will be on the roads, streets, and squares during the day, and all the ancestral halls, temples, shops, and tenants that are open to traffic will be rolled in front of the door to show the blessings. "The driver" (roller) is a lot of people who are unpaid. They are all young men and women who participate in the car meeting. Rolling method: 1 "flat rolling", 2 "grip fence", 3 "floating car" 4, "winding around the car" 5, "swinging car" 6, "screw car". When the wound car and the screw car were performing in the square, the driver and the audience screamed and cheered. The sound of drums and firecrackers shook the earth. According to legend, Xuanyuan Huangdi, after pacifying the Central Plains, cut Huaiyi to Jiangnan, brought the advanced Central Plains culture represented by the car. The local Shanyue tribe called Xuanyuan as the Chegong. After Xuanyuan lived in Huangshan for cultivation, it promoted the exchange and integration of Chinese North and South culture. The waist drum team also joined in and helped the Dragon Boat Festival together. Every Xuanyuan car is more than 200 pounds and needs two adult men to complete. While enjoying this folk performance, while live broadcast, while SLR shooting, I am also busy enough! It turned out that there was such a knocking method, and it was the first time I saw it. The first close-up to appreciate the original Xuanyuan car club, and also interviewed the fifth generation of non-genetic people in their 80s, which really benefited a lot.
投稿:2016年7月20日
Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip