JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

イスタンブール

観光スポットを地図で表示

地図で表示

イスタンブールについて

アジアとヨーロッパの文化が出会う都市、イスタンブールには、数え切れないほどの物語があります。ボスポラス海峡を挟むこの都市は、東西文化の合流点です。ローマ、ビザンティン、オスマンの3つの古代帝国がここを首都とし、かつてはコンスタンティノープル、ビザンティウムと呼ばれていました。イスタンブールにはそれぞれの文化が残した古代の遺物や建造物が今も残っています。旧市街のスルタンアフメット地区には、壮大なブルーモスクがあります。その近くに建つアヤソフィアは、ギリシャ正教会の教会でしたが、モスクとなり、その後現在の博物館となりました。オスマン帝国時代のトプカプ宮殿もこの地区にあります。数世紀の歴史のあるグランバザールは見応えたっぷりです。バザールでは魅力的な品々が販売されており、お土産を買うのに適しています。

イスタンブールの人気の観光スポット

ブルーモスク
4.5/5
1,087 レビュー
モスク
ボスポラス海峡の岸にあるブルーモスクは、イスタンブールのランドマークです。壮大で目立つ、ドーム型の屋根が特徴です。ブルーモスクは、スルタンアフメト・モスクの名でも知られており、オスマン帝国のスルタン・アフメト1世によって建てられました。ブルーモスクの名前は、モスクの内装に使用された20,000枚を超える青いセラミックのタイルに由来しています。セラミックタイルの美しさは、このモスクの最大の目玉の1つでしょう。タイルでさまざまなパターンやアラビア語の銘文があらわされ、イスラム芸術のユニークな個性が完璧に表現されているといえます。
アヤソフィア
4.6/5
971 レビュー
教会
アヤソフィアはもともとビザンツ帝国の正教会の大聖堂として中世初期の西暦537年に建設が始まりましたが、オスマン帝国時代にモスクへと姿を変えました。現在は宗教施設ではなく博物館としてトルコで最も多い来館者数を誇っています。漆喰の壁に壁画が描かれており、ほとんどが原形をとどめる形で保存されています。キリスト教とイスラム教のそれぞれの特徴を色濃く残すこの博物館は、一見の価値ありです。
バシリカシスタン
4.4/5
517 レビュー
歴史・史跡
バシリカシスタンは、アヤソフィア美術館のすぐ近くにある地下施設。東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌスの命により建設されました。東ローマ帝国とオスマン帝国の時代の地下貯水池で、約80,000㎥の水を貯えることができます。その歴史的重要性と建築学的美しさから、現在は有名な観光スポットとなっています。薄明りの中、どっしりとしたコリント式の列柱が、精巧な彫刻が施されたレンガ造りのアーチ型天井を支えています。水の中で魚が泳ぐ姿を見かけることもあります。独特で神秘的な雰囲気のため、「007ロシアより愛をこめて」やジャッキーチェンの「アクシデンタルスパイ」などのロケ地にも使われました。
ドルマバフチェ宮殿
4.6/5
270 レビュー
宫殿

イスタンブールの天気

|
今日
2019年11月20日
10 °
快晴
10-19
明日
2019年11月21日
13 °
快晴
13-20
金曜日
2019年11月22日
13 °
概ねくもり
13-17
土曜日
2019年11月23日
11 °
くもり
11-17

Tripメモリー

weiyishan   
Posted: 2018年11月28日
Springbinny   
Posted: 2019年9月17日
Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip