App
無料アプリをダウンロード
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨

ソウルの観光スポット

おすすめ

おすすめ

並び替え:

おすすめ

距離(近い順)

地図で表示
北村韓屋村(ブッチョンハノクマウル)

北村韓屋村(ブッチョンハノクマウル)

4.4/51,442 レビュー
古い町並み
北村韓屋村(ブッチョンハノクマウル)は、歴史的で伝統的なソウルの住宅地域です。ここの家屋は李氏朝鮮時代の韓屋(ハノク)がすべて完全な状態で保存されています。伝統的なハノク、韓国料理レストラン、韓服の店、伝統的な手工芸の作業場に加え、今では伝統的な韓屋の中に、たくさんのカフェ、西洋料理のレストラン、洋装店、ギャラリーなども見られます。訪れた人は北村に行くか、ハノクに滞在するかを選べます。北村にある8つの村は、北村韓屋村で有名な観光スポットです。ここでは、現地に住む人たちの毎日の生活を垣間見ながら、芸術的であったり、豊かであったりするハノクの家の建築学的な魅力が見事にハイライトされています。
景福宮(キョンボックン)

景福宮(キョンボックン)

4.4/54,599 レビュー
歴史的建造物
宫殿
景福宮(キョンボックン)はソウル中心部の外れにあり、李氏朝鮮時代に建てられた最初の宮殿です。景福宮には、1年を通して素晴らしい風景が広がっています。春には桜、夏には緑の木々、秋にはイチョウ、冬には真珠のような白い雪を楽しめます。「宮廷女官チャングムの誓い」、「ザハウスオブキングス」、「星から来たあなた」などの韓国ドラマもすべてここで撮影されました。景福宮の東側には建春門、西側には迎秋門、北側には神武門、南側には光化門があります。光化門は宮殿への正門で、見事な職人技、巧みな建築様式、壮麗な様式設計が特徴です。守門軍の交代儀式は必見です。
徳寿宮(トクスグン)

徳寿宮(トクスグン)

4.3/5267 レビュー
宫殿
韓国の王家の足跡を訪ねるなら、徳寿宮(トクスグン)へどうぞ。この宮殿は15世紀に建造されて以来、李氏朝鮮時代を通じて王家の血筋に連なる多くの宮廷人が暮らしました。20世紀初頭に韓国を植民地化した日本は、宮殿の大部分を破壊しました。しかし韓国政府は残った建築を秩序正しく復元し、大韓帝国のかつての威光を今に伝えています。巨大な建造物の内部を覗くと、韓国の王家の優雅な生活を垣間見ることができます。景観に独特な風情を加える奇石の彫刻など、美しいディテールをお楽しみください。荘厳な伝統方式で執り行われる衛兵交代式は特に見ものです。このセレモニーは毎週末、午後2時から午後3時半まで行われます。
東大門(トンデムン)

東大門(トンデムン)

4.2/5293 レビュー
歴史・史跡
中世には城壁都市であったソウルの「大きな東の門」は、現代では広大なファッションマーケットとして知られています。たとえ午前3時であっても、巨大デパートや石畳に沿って軒を連ねる荒っぽい屋台で、簡単に上着を買うことができます。ザハ・ハディドの東大門歴史文化公園とともに、最新鋭の建築に注がれるソウルの熱意を最も良く見て取れるスポットです。
慶熙宮(キョンヒグン)

慶熙宮(キョンヒグン)

4.1/591 レビュー
歴史・史跡
歴史的建造物
400年前に建立された慶熙宮(キョンヒグン)は、日本による占領期にほとんどが破壊され、当時のまま残っている部分はほんのわずかです。わずかな遺跡ですが、訪れる価値は十分にあります。中でも竜の頭をかたどった彫刻、石造りの階段、宮殿を囲む美しい庭園が最も印象に残ります。
雲峴宮

雲峴宮

4.3/5145 レビュー
宫殿
昌徳宮(チャンドックン)

昌徳宮(チャンドックン)

4.4/5430 レビュー
宫殿
15世紀初頭、王の太宗(テジョン)は、縁起の良い場所に新しい宮殿を建設するよう命じました。17.5万坪の起伏のある地形を利用して造った庭には、公務用の建物や住居用の建物をいくつも建て、複雑な施設を造り上げるために、宮殿の建設を担当する部局が設置されました。その結果、実にすばらしい極東風宮殿建築の模範例となる建物群ができあがりました。周辺の景観にも調和したこの宮殿は、1997年にユネスコの認定を受け、同年に世界遺産に登録されました。
宗廟(チョンミョ)

宗廟(チョンミョ)

4.2/5180 レビュー
世界文化遺産
歴史・史跡
寺院・神社
宗廟(チョンミョ)は儒教に基づき歴代の王室を祭る祠堂で、現存する最古かつ最も由緒正しい霊廟です。1995年以来、ユネスコの世界遺産に登録されています。李氏朝鮮(1392~1910年)の王室の祖先を祭るために創建され、現在の建物は16世紀に再建されたもので、歴代の王や王妃の位牌を安置しています。音楽、歌、舞踊が結び付いた儀式が現在でも行われ、14世紀から続く伝統を保っています。
崇礼門 (南大門)

崇礼門 (南大門)

4.3/5149 レビュー
歴史・史跡
粛靖門

粛靖門

4.1/542 レビュー
歴史・史跡
Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip