新型コロナウイルス感染症に関する国または地域の出入国制限&渡航制限

更新:2021年12月2日 13:28(UTC+8)
ワクチンを完全に接種済み
到着時の隔離なし
帰国時の隔離なし

デンマーク

情報が更新されたら通知
デンマークへの入国入国・入境制限レベル - 低
ワクチン接種
EMA(欧州医薬品庁)が承認した新型コロナウイルスワクチンを、規定の回数完全に接種済みの渡航者は、出発前の検査が免除されます。
新型コロナウイルス検査について
ワクチン未接種の渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明または抗原検査の結果(出発時点において、発行から24時間以内のもの)の提示が必要です。
隔離について
目的地の国または地域では、隔離政策は実施されていません。通常の安全規則に従ってください。
フォームとビザについて
全ての渡航者は、出発前に有効なEUデジタル新型コロナ証明書(EU Digital COVID Certificate)またはそれに相当する証明(現地当局に認められたもの)を取得する必要があります。
制限詳細
デンマークに入国予定の外国籍の人は、欧州医薬品庁(EMA)が承認する新型コロナウイルスワクチンを規定回数完全に接種したことを示す証明を携行する必要があります。証明は、「EUデジタルCOVID証明書」の形式または、デンマーク政府が認める同等の証明書である必要があります。ワクチン未接種の外国籍の人で、デンマークへの渡航が認められている人は、デンマーク到着後24時間以内に新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。この方針は、欧州連合の国または地域、シェンゲン圏の国または地域から到着するワクチン未接種の渡航者で、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査または抗原検査の陰性証明(出発時点において、発行から24時間以内のもの)を携行する人には適用されません。デンマーク当局が「高リスク(high--risk)」と見なす場所から到着する外国籍の人は、10日間の自己隔離を行う必要があります。到着後4日目以降に追加のPCR検査を受ける人は、結果が陰性だった場合、早めに自己隔離を終了できます。自己隔離要件は、欧州連合の国または地域、シェンゲン圏の国または地域、経済協力開発機構(OECD)の国または地域、オーストラリア、アルゼンチン、バーレーン、カナダ、チリ、コロンビア、ヨルダン、クウェート、ナミビア、ニュージーランド、ペルー、カタール、ルワンダ、サウジアラビア、韓国、アラブ首長国連邦、ウルグアイの居住者には適用されません。最新の「高リスク」の場所を含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://en.coronasmitte.dk/travel-rules/covidtravelrules
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

アルバニア

情報が更新されたら通知
アルバニアへの入国入国・入境制限レベル - 中
ワクチン接種
Travelers fully vaccinated with an approved vaccine are exempt from pre-departure testing requirements.
新型コロナウイルス検査について
Unvaccinated travelers must have proof of a negative PCR test result for COVID-19 issued no more than 72 hours prior to departure and proof of an antigen test result for COVID-19 issued no more than 48 hours prior to departure.
制限詳細
2021年9月6日より、6歳以上の全ての人は次のいずれかを証明する書類を携行する必要があります:1) 到着の2週間前までに、アルバニア当局が認める新型コロナウイルスワクチンを使用した予防接種を完全に完了したこと、2) 到着の6ヶ月前以内に、過去の新型コロナウイルス感染から完全に回復したこと、または 3) 出発前の72時間以内に発行された新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、または出発の48時間前以内に発行された抗原検査による検査結果が陰性であること。23時~翌6時の夜間外出禁止令が全国で発令されています。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

アルメニア

情報が更新されたら通知
アルメニアへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。
制限詳細
アルメニアにご到着の全ての人は、出発前の72時間以内に行われた新型コロナウイルス感染症に関するポリメラーゼ連鎖反応を使用した検査の陰性結果証明(アルメニア語、英語またはロシア語で書かれたもの)を所持する必要があります。証明をお持ちでない方はご到着後に検査を受け、結果を待つ間、隔離を行う必要があります。ご到着後、全ての人は新型コロナウイルス感染症の追加検査の対象となり、隔離の対象となる可能性があります。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ベルギー

情報が更新されたら通知
ベルギーへの入国入国・入境制限レベル - 中
ワクチン接種
Travelers fully vaccinated with an EMA-approved vaccine are exempt from pre-departure testing and quarantine requirements.
新型コロナウイルス検査について
Unvaccinated travelers from certain locations must have proof of a negative PCR test result for COVID-19 issued no more than 72 hours prior to departure.
隔離について
Unvaccinated travelers arriving from certain countries or regions must undergo a 10-day quarantine upon arrival.
制限詳細
ベルギー当局は、現在の疫学的状況に応じて、各地域を「低リスク(low-risk)」、「中リスク(moderate-risk)」、「高リスク(high-risk)」、「非常に高リスク(very high-risk)」のいずれかに指定しています。外国籍の人が不要不急の理由で「非常に高リスク」の地域から渡航することは禁止されています。この方針は、一部の旅行者に対し限定的な免除を提供しています。その他の場所から渡航する予定の外国籍の人は、次のいずれかを示す、ベルギー当局が認める書類を携行する必要があります:1) 旅行者が、出発の14日前までに、欧州医薬品庁(EMA)が認める新型コロナウイルスワクチンを使用した予防接種を完全に完了していること、2) 出発前の72時間以内に発行された、新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を使用した検査の結果が陰性であること、3) 旅行者が出発の180日前以内に過去の新型コロナウイルス感染から完全に回復していること。全ての人は、出身地を問わず、ベルギー到着の48時間前までに「公衆衛生乗客追跡フォーム(Public Health Passenger Locator Form)」の入力を完了する必要があります。

「高リスク」または「非常に高リスク」の場所から到着する人は、10日間の隔離を受け、新型コロナウイルスの追加検査を受ける必要があります。この方針は、次のいずれかを示す、ベルギー当局が認める書類を携行する人には適用されません:1) 旅行者は、出発の14日前までに、EMAが許可する新型コロナウイルスワクチンの予防接種を完全に完了していること、または 2) 旅行者が出発の180日前以内に過去の新型コロナウイルス感染から完全に回復していること。追跡フォームのリンクを含む詳細については次のURLよりご確認いただけます:https://www.info-coronavirus.be/en/travels/
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ブルガリア

情報が更新されたら通知
ブルガリアへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。提示できない場合、隔離されます。
隔離について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスRT-PCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。提示できない場合、隔離されます。
制限詳細
2021年5月1日より、外国籍の人はブルガリアへの入国が禁止されています。この方針は、一部の地域から観光目的で渡航する予定の人には適用されませんが、次のいずれかの条件を満たす必要があります:1)到着予定の14日前までに新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を完了したことを証明するものを所持している。2)到着予定の180日~15日前までに、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の陽性結果または迅速抗原検査の陽性結果によって証明された過去の新型コロナウイルス感染症から完全に回復したことを証明するものを所持している。3)出発前の72時間以内に発行されたPCR検査の陰性結果、または出発の48時間前までに発行された迅速抗原検査の陰性結果を証明するものを所持している。許可された地域の一覧は次のURLよりご確認いただけます:https://bulgariatravel.org/en/useful/practical-information-for-tourists-covid-19/
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

パラオ

情報が更新されたら通知
パラオへの入国入国・入境制限レベル - 低
新型コロナウイルス検査について
渡航にあたり、特に検査は必要ありません。
隔離について
目的地の国または地域では、隔離政策は実施されていません。通常の安全規則に従ってください。
フォームとビザについて
ビザ業務は通常通り執り行われます。詳しくは、大使館のウェブサイトをご確認ください。
制限詳細
パラオでは2月5日より6月30日までの間、到着日の14日前以内に、中国、香港、マカオを出発または経由した旅行者はすべて入国することができなくなっています。

船舶乗務員、パラオ市民、パラオ在住者を含め、パラオに入国する際には、健康申告書に必要事項を記入し、すべての検査・検疫手続きを行うことが義務付けられています。パラオのすべての居住労働者は、旅行中、労働許可証と入国許可証を携帯するようにお願いします。
2月1日から6月30日まで、中国本土(香港、マカオを含む)からパラオへのフライトは停止されます。

  <日本からの入国制限及び入国後の行動制限>
パラオに入国する全ての者は、それぞれの出発地にて、パラオへの出発前に少なくとも10日間の自主検疫措置を実施しなければならない。また、1回目は出発地における自主検疫措置開始時点、2回目は出発前72時間以内に受診した計2回のPCR検査の陰性証明書を提示しなければならない。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

パプアニューギニア

情報が更新されたら通知
パプアニューギニアへの入国入国・入境制限レベル - 低
新型コロナウイルス検査について
渡航にあたり、特に検査は必要ありません。
隔離について
目的地の国または地域では、隔離政策は実施されていません。通常の安全規則に従ってください。
フォームとビザについて
ビザ業務は通常通り執り行われます。詳しくは、大使館のウェブサイトをご確認ください。
制限詳細
外国籍の人はパプアニューギニアへの入国が禁止されています。この方針は、オーストラリア、クック諸島、フィジー、香港特別行政区、日本、キリバティ、マーシャル諸島、ミクロネシア、ニューカレドニア、ニュージーランド、フィリピン、サモア、シンガポール、ソロモン諸島、トンガ、バヌアツから空路で渡航する人で、出発前にパプアニューギニア新型コロナウイルス国家パンデミック対策局の警察署長・指揮官のオフィスにある「COVID-19トラベルデスク(COVID-19 Travel Desk)」から承認を得ている人には適用されません。パプアニューギニアへの渡航が許可されている全ての人は、出発前の14日以内に発行された新型コロナウイルス検査の陰性結果証明を携行し、到着後に14日間の隔離を行う必要があります。「COVID-19トラベルデスク」への連絡方法を含む詳細は次のURLよりご確認いただけます:https://www.papuanewguinea.travel/travel-advice-update-13th-may-2021
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

サモア(アメリカ領)

情報が更新されたら通知
サモア(アメリカ領)への入国入国・入境制限レベル - 高
制限詳細
新型コロナウィルスの感染発症が確認された国または地域(中国本土、香港特別行政区、ならびに韓国)からアメリカ領サモアに入領する旅行者は、感染の発症が確認されていない国または地域で14日間過ごした後、入国前に健康診断(有効期間は3日間)が必要となります。
*日本国籍の方も対象となります
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

オーストラリア

情報が更新されたら通知
オーストラリアへの入国入国・入境制限レベル - 高
制限詳細
出発予定までの14日間に次の場所を訪れた外国籍の人はオーストラリアへの入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、セーシェル、南アフリカ、ジンバブエ、オーストリア国籍者、合法永住者とその家族でこれら場所からの渡航が認められている人は、ワクチンの接種状況にかかわらず、オーストラリア到着時に指定施設で14日間の隔離を行う必要があります。

上記以外の場所からオーストラリア入国予定の外国籍の人の渡航制限は、州やテリトリーにより異なります。全ての渡航者は、旅の最終手配を完了する前に、オーストラリア国内の目的地に適用されている特定の入国規則を確認されることが強く推奨されます。国のレベルでは、外国籍の人は(ワクチン接種状況にかかわらず)、オーストラリアの渡航制限の個別免除を取得する必要があります。この方針は合法居住者とその近親者、出発前の14日間以上ニュージーランドに滞在し、ニュージーランドから空路で渡航する人、オーストラリア管轄区域での滞在が72時間未満の乗り継ぎ旅客、オーストラリア公認の外交官とその家族、客室乗務員、水先案内人を含む海上乗組員、限定数の追加カテゴリに該当する人には適用されません。外国籍の人は、出発予定日の2週間前までに免除の申請が必要です。免除申請は次のURLより行うことができます:https://travel-exemptions.homeaffairs.gov.au/tep

全ての人(オーストラリア国籍者を含む)は、出発の72時間前までに「Australia Travel Declaration form(オーストラリア渡航宣誓フォーム)」を記入し、新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査による陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。到着後、全ての人は、現地の隔離要件と州やテリトリー政府が実施する追加の制限に従う必要があります。一部の州やテリトリーでは、オーストラリア薬品・医薬品行政局(TGA)が認める新型コロナウイルスワクチンを使用した予防接種を完全に完了したことの証明を携行する人に対し、隔離不要の入国を認めています。ワクチン接種済みのオーストラリア国民は、出国のための渡航免除の必要なくオーストラリアを出国することができます。到着の要件に関する詳細は、オーストラリア保健省の次のページよりご確認いただけます:https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-restrictions/coronavirus-covid-19-advice-for-international-travellers
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

クック諸島

情報が更新されたら通知
クック諸島への入国入国・入境制限レベル - 高
制限詳細
外国籍の人に対し、全ての国境検問所は閉鎖されています。この方針は、合法居住者および、有効な居住許可または就労許可を持つ人には適用されません。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

メキシコ

情報が更新されたら通知
メキシコへの入国入国・入境制限レベル - 低
新型コロナウイルス検査について
渡航にあたり、特に検査は必要ありません。
隔離について
目的地の国または地域では、隔離政策は実施されていません。通常の安全規則に従ってください。
フォームとビザについて
ビザ業務は通常通り執り行われます。詳しくは、大使館のウェブサイトをご確認ください。
制限詳細
新型コロナウイルスの影響を受けた国・地域からの旅行者はスクリーニングされ、症状がみられる旅行者は隔離措置となります。米国とメキシコは3月21日、新型コロナウイルス感染症の蔓延を防ぐため、両国間の陸路の国境を通じた不要不急の移動を制限する共同イニシアチブを開始しました。制限は少なくとも11月21日まで有効です。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

アンティグア・バーブーダ

情報が更新されたら通知
アンティグア・バーブーダへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスRT-PCR検査の陰性証明(出発時点で、発行から7日以内のもの)の提示が必要です。
隔離について
海路で入国する場合、隔離されます。
制限詳細
空路で渡航するすべての人(乗り継ぎ客を含む)は、出発の7日前以内に発行された、新型コロナウイルス感染症の逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を使用した検査の陰性結果証明を所持する必要があります。こちらの方針は11歳以下のお子様には適用されません。すべての航空機の乗客は、到着後に再検査を受ける必要がある場合があります。海路で到着するすべての人は、到着港の保健当局による検疫の対象となります。すべての人はアンティグア・バーブーダへの到着後、健康申告フォームに記入し、検温を受ける必要があります。詳細は次のURLよりご確認いただけます:https://visitantiguabarbuda.com/travel-advisory/

<日本から入国後の行動制限>
全ての渡航者は、入国に際してマスクを着用しなければならず、健康申告書の記載、スクリーニング及び検温が空港到着時に課され、到着後14日間は検疫命令及び検疫規則に従い、監視される。滞在中は、公共の場所では常時マスクを着用しなければならない。また、新型コロナウイルスの症状がある渡航者は、保健当局が定めるとおり、隔離される。1泊を要する乗り継ぎを行う渡航者等は、政府が指定する宿泊施設等での待機を要請される。なお、全ての渡航者は、乗り継ぎを行う者を含め、入国7日前以内に実施されたPCR検査の陰性証明書の携行が必要。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

バハマ

情報が更新されたら通知
バハマへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスRT-PCR検査の陰性証明(出発時点で、発行から5日以内のもの)の提示が必要です。
フォームとビザについて
全ての渡航者は、出発前に「トラベルヘルスビザ」を取得する必要があります。
制限詳細
バハマに移動するすべての人は、出発前の5日以内に発行された新型コロナウイルス感染症の逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査の陰性結果証明書を提示しなければなりません。この措置は、10才以下の子供には適用されません。すべての渡航者は、出発前にオンラインでバハマの「旅行健康ビザ」を申請する必要があります。これには、バハマでの滞在期間中有効な旅行健康保険の強制オプトインが含まれます。旅行健康ビザの申請書は、次のwebサイトで入手できます。 https://travel.gov.bs/

<日本からの入国後の行動制限>
・バハマに入国する全ての乗客は、到着7日前以内の日付の新型コロナウイルスのRT-PCR検査による陰性証明書及び健康査証(ヘルスビザ)の取得が必要となる(https://travel.gov.bs/)。到着時及び到着後4日(96時間)後に抗原検査を受検する必要がある
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ベリーズ

情報が更新されたら通知
ベリーズへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
入国にあたり、新型コロナウイルスPCR検査(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の陰性証明の提示が必要です。提示できない場合は、新型コロナウイルスPCR検査を受ける必要があります。
制限詳細
バングラディシュまたはインドを訪れた人または通過した全ての人は、ベリーズへの入国が禁止されています。フィリップ・S・W・ゴールドソン国際空港(BZE)に空路で到着する5歳以上の全ての人は、出発前の96時間以内に発行された新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、または出発前の48時間以内に発行された迅速抗原検査(RAT)による陰性結果証明を携行する必要があります。証明を持たない人は、自費にて到着時に検査を受ける必要があります(50米ドル)。陸上国境検問所に到着する全ての人は、過去の検査状況にかかわらず、自費にてRATを受ける必要があります。詳細については次のURLよりご確認いただけます:https://belizetourismboard.org/news-and-gallery/belize-covid-19-travel-updates/
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

バルバドス

情報が更新されたら通知
バルバドスへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から3日以内のもの)の提示が必要です。
制限詳細
すべての人は、ワクチンの接種状況にかかわらず、出発前の3日以内に発行された、認定検査機関が実施する新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の陰性結果証明を提出する必要があります。この方針は、4歳以下の子供に対しては、新型コロナウイルス感染症の症状を発症しておらず、新型コロナウイルスの陽性結果が最近出た人とと移行していない場合に限り、適用されません。ブラジル、インド、南アフリカの国民に対する過去のビザ免除措置はすべて停止されています。これらの地域の国籍者は、ワクチンの接種状況にかかわらず、出発前に有効な入国ビザを取得する必要があります。またこれに該当する人は、到着後に7日間の隔離を行い、到着の1日目と8日目に追加のPCR検査を受ける必要があります。すべての人は、出身地にかかわらず、出発の24時間前までにオンラインの入国・税関申告書を提出し、出発前にPCR検査結果を直接アップロードする必要があります。登録フォームのリンクを含む詳細は次のURLでご確認いただけます:https://www.visitbarbados.org/covid-19-travel-guidelines-2020
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ブラジル

情報が更新されたら通知
ブラジルへの入国入国・入境制限レベル - 低
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスRT-PCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。
隔離について
目的地の国または地域では、隔離政策は実施されていません。通常の安全規則に従ってください。
フォームとビザについて
ビザ業務は通常通り執り行われます。詳しくは、大使館のウェブサイトをご確認ください。
制限詳細
全ての人(ブラジル国籍者を含む)は、英語、ポルトガル語、スペイン語で記入された、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査の陰性結果証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)、または抗原検査の陰性結果証明(出発時点において、発行から24時間以内のもの)を提出する必要があります。この方針は、大人が同伴する2~12歳の子供には適用されません。同伴者のいない2歳以上の子供は、上記に挙げた陰性結果証明を携行する必要があります。航空会社の乗務員については、ブラジル管轄区域内にいる際に特定の健康プロトコルを遵守することを条件に、追加の免除措置があります。

全ての人(ブラジル国籍者を含む)は、出発前の24時間以内に「旅行者健康申告書(DSV:Traveler’s Health Declaration)」を提出し、現在施行されている全てのパンデミック防止策を遵守することに同意する必要があります。全ての陸路と海路の国境検問所は、外国籍の人に対して閉鎖されています。この方針はパラグアイから陸路で国境検問所を通過する外国籍の人については、全ての関連する入国管理規定を遵守している場合には適用されません。さらに、ブラジル政府が公認する外国人公務員、ブラジル国民の配偶者や家庭内パートナー、子供、両親、保護者、ブラジルへの入国が公共の利益になると政府が判断する人、貨物輸送に従事する人に対しては、陸路での入国制限において追加の免除があります。人道的な理由での入国を求める人や、国境を越える移民労働者は、適切な書類がある場合に入国できることがあります。DSVフォームは次のURLよりご利用いただけます:https://formulario.anvisa.gov.br/?lang=en
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

アルバ

情報が更新されたら通知
アルバへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルス核酸検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。
隔離について
全ての渡航者は、入国にあたり新型コロナウイルス検査を受けること、及び/または隔離が必要となる場合があります。
フォームとビザについて
アルバへの渡航にビザが必要なパスポートを保持する渡航者は、出発前にビザを取得してください。
旅行・医療保険について
外国人の渡航者は、出発前に「アルバ・ビジターズ保険(Aruba Visitors Insurance)」に加入する必要があります。
制限詳細
ベネズエラから渡航する外国籍の人はアルバへの入国が禁止されています。すべての人(アルバ国籍者を含む)は、出発予定の4時間前以上72時間前以内に「出入国(ED:Embarkation and Disembarkation)」カードをオンラインで提出し、アルバ行きの交通機関の利用許可を取得する必要があります。アルバへの渡航にビザを必要とするパスポートを持つ方は、出発前に別途有効なビザを取得する必要があります。EDカードは必要なビザの代わりとなるものではありません。15歳以上のすべての人(アルバ国籍者を含む)は、出発の12時間前以上72時間前以内に発行された、新型コロナウイルスの核酸検査の陰性結果証明を所持する必要があります。ジェットブルー航空を利用する旅行者は、代替として自宅にて唾液による新型コロナウイルス検査を利用することもできます。外国籍の人は、出発の72時間前以内にEDカードシステムを使用して「アルバ訪問者保険(Aruba Visitors Insurance)」を購入する必要があります。到着後、旅行者は自費にて追加の新型コロナウイルスの検査を受け、検査結果を待つ間、隔離を行わなければならない可能性があります。EDカードのフォームへのリンクを含む詳細は次のURLよりご確認いただけます:https://www.aruba.com/us/traveler-health-requirements
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ボリビア

情報が更新されたら通知
ボリビアへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。
隔離について
指定の地域からの渡航者は、10日間隔離されます。
制限詳細
すべての人は出発前の72時間以内に発行された新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による検査の陰性結果証明を所持する必要があります。ご到着後、すべての人は自費で、登録済みの自宅住所またはその他の適切な場所にて10日間の自己隔離を行い、ご到着後7日目に追加のPCR検査を受ける必要があります。すべての非居住者は、新型コロナウイルスの治療に関わる全ての費用を補償する、ボリビアでの利用に適した健康保険の証書を携帯する必要があります。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

コロンビア

情報が更新されたら通知
コロンビアへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から96時間以内のもの)の提示が必要です。
制限詳細
コロンビアへの入国は空路での到着のみに制限されています。すべての人は、出発前の96時間以内に発行された新型コロナウイルスに関するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の陰性結果証明書の所持が求められます。さらに、すべての人は出発の24時間~1時間前の間に「Check-Mig」システムに事前登録する必要があります。陸路および海路の国境検問所はすべて次の通知があるまで閉鎖されています。事前登録に関する情報は、次のURLからご確認ください。https://www.migracioncolombia.gov.co/
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

エクアドル

情報が更新されたら通知
エクアドルへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスRT-PCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。
制限詳細
全ての人は出発前の72時間以内に発行された、新型コロナウイルス感染症の逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を使用した検査または抗原検査の陰性結果証明を所持する必要があります。こちらの方針は乗り継ぎの旅客または2歳以下のお子様には適用されません。過去にRT-PCR検査で新型コロナウイルス感染症の陽性結果が判明したものの現在症状が無い人は、旅行を許可する診断書をお持ちの場合、エクアドルへ入国許可を求めることができます。ご到着後、新型コロナウイルス感染症の症状がある人は検査を受ける必要があります。結果が陽性の場合、隔離されます。州間の陸上輸送は制限され、夜間外出制限が実施されています。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

アルジェリア

情報が更新されたら通知
アルジェリアへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルス検査の陰性証明(出発時点において、発行から36時間以内のもの)の提示が必要です。
隔離について
全ての渡航者は、入国にあたり新型コロナウイルスの検査を受けることが必要です。
制限詳細
空路でご到着の12歳以上のすべての人は出発前の36時間以内に発行された新型コロナウイルスの陰性結果証明(アラビア語、フランス語または英語で書かれたもの)を所持する必要があります。到着後、すべての人は新型コロナウイルス抗原検査を追加で行う必要があります。すべての陸路と海路国境は追加で通知があるまで閉鎖されます。

<日本からの入国制限>
3月17日から,全ての航空便及び船便(いずれも貨物便を除く)を停止し,全ての陸路国境を閉鎖する
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ベナン

情報が更新されたら通知
ベナンへの入国入国・入境制限レベル - 中
隔離について
全ての渡航者は、入国にあたり新型コロナウイルスの検査を受けることが必要です。陽性の場合、隔離されます。
制限詳細
コトヌー・カジェフォウン空港(COO)よりベナンへ入国予定の人は自費(50,000西アフリカCFAフラン)で新型コロナウイルスの検査を受ける必要があります。旅行前に前払いの確認が必要です。ご到着後、すべての人は適切な宿泊施設にて検査結果を待つ間、24時間~48時間の自己隔離を行う必要があります。陽性の人は指定された施設にて隔離および治療のため移送されます。こちらの方針は乗り継ぎの人で飛行機から後期しない人または乗り継ぎエリア外へ出ない人には適用されません。すべての旅行者は健康申告フォームの提出が必要です。コトヌー・カジェフォウン空港(COO)よりベナンを出国する人は出発前の72時間以内に新型コロナウイルスの検査を受ける必要があります。陽性の人は旅行の延期を求められます。検査の前払い方法および健康申告フォームを含む詳細に関しては次のURLよりご確認いただけます:https://centresurveillancesanitaire.bj/

<日本からの入国後の行動制限>
全ての空港からの入国者に対しPCR検査を実施する(料金は50,000CFAフラン。入国時及びその14日後の最低2回のPCR検査費用が含まれる。クレジットカード等オンライン精算のみ。)。1回目のPCR検査の結果が判明するまでの48~72時間は自宅等での隔離が義務付けられ、その間旅券が接収される。入国後14日後に2回目のPCR検査を実施する。全ての空港からの入国者に対し、オンラインでの連絡先情報の登録及び航空券購入時のコロナ税の支払を義務付ける。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ボツワナ

情報が更新されたら通知
ボツワナへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。
制限詳細
2021年5月5日より、全ての人は出発前の72時間以内に発行された新型コロナウイルス感染症のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による検査の陰性結果証明を所持する必要があります。ご到着後、全ての人は新型コロナウイルス感染症の抗原検査を受ける必要があります。出発予定日前の14日以内にインドを訪問した全ての人は厚生省が指定した場所にて自費での10日間の隔離、およびご到着後5日~7日目の間に追加のPCR検査を受ける必要があります。

国内線でご旅行の人は出発前に空港にて抗原検査を受ける必要があります。ボツワナを出発予定の全ての人は、出発予定前の72時間以内に発行された新型コロナウイルス感染症のPCR検査の陰性結果証明を取得する必要があります。ボツワナの国内地域間を移動する場合、特別な書類が必要です。最短で2021年9月30日まで、全国で夜間外出制限が22時~4時の間実施されています。詳細は次のURLよりご確認いただけます:https://covid19.gov.bw/

アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ブルキナファソ

情報が更新されたら通知
ブルキナファソへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から5日以内のもの)の提示が必要です。
制限詳細
2020年8月1日より、ブルキナファソに到着した人は、出発地で認定された医療サービス提供者が実施したポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を用いて、出発前の5日前までに発行された新型コロナウイルス感染症の陰性結果証明書を携帯しなければなりません。

<日本からの入国後の行動制限>
入国の際、5日以内に受検したPCR検査陰性の結果を所持していること、新型コロナウイルス感染症の症状が発現していないこと、渡航前の14日間に新型コロナウイルス感染者との接触がないことが求められる。PCR検査陰性の結果を不所持の場合、当局による身分証(旅券等)の回収、空港内での検体採取及び自己負担によるPCR検査、検査結果が出るまでのホテル内での隔離といった措置がとられる。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F

ブルンジ

情報が更新されたら通知
ブルンジへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の提示が必要です。
隔離について
全ての渡航者は、入国にあたり新型コロナウイルスの検査を受けた上で、結果が判明するまで自己隔離が必要となります。
フォームとビザについて
全ての渡航者は、出発前に有効な入国ビザを取得する必要があります。
制限詳細
ブジュンブラのメルシオール・ダデイユ国際空港(BLM)へご到着の全ての人は次の書類を所持する必要があります:1.有効な入国ビザおよび有効な居住ビザ、2.出発前の72時間以内に発行された新型コロナウイルス感染症のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による検査の陰性結果証明。3.特別に指定された到着ホテルでの有効な予約証明。全ての人はご到着時に自費(100米ドル)にてPCR検査、ご到着2日後に追加のPCR検査、および指定された到着ホテルにて7日間の自己隔離を行う必要があります。到着したフライト内に新型コロナウイルス陽性の乗客がいた場合、同便でご旅行された全ての人は隔離を延長する必要があります。検査が陽性の人は適切な治療センターに移送されます。ブルンジを出発予定の全ての人は、出発予定日前の72時間以内に発行されたPCR検査の陰性結果証明と検査費用として100米ドル全額を支払ったことを示す領収書の所持が必要です。

<日本からの入国後の行動制限>   
入国者・出国者は航空機搭乗前の72時間以内のPCR陰性証明を携行する必要がある。入国者には空港でのスクリーニング及び政府指定ホテルでの72時間の隔離を課す(これらの経費は自己負担)。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F
メキシコ

メキシコ

情報が更新されたら通知
メキシコへの入国入国・入境制限レベル - 低
新型コロナウイルス検査について
渡航にあたり、特に検査は必要ありません。
隔離について
目的地の国または地域では、隔離政策は実施されていません。通常の安全規則に従ってください。
フォームとビザについて
ビザ業務は通常通り執り行われます。詳しくは、大使館のウェブサイトをご確認ください。
制限詳細
新型コロナウイルスの影響を受けた国・地域からの旅行者はスクリーニングされ、症状がみられる旅行者は隔離措置となります。米国とメキシコは3月21日、新型コロナウイルス感染症の蔓延を防ぐため、両国間の陸路の国境を通じた不要不急の移動を制限する共同イニシアチブを開始しました。制限は少なくとも11月21日まで有効です。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F
アンティグア・バーブーダ

アンティグア・バーブーダ

情報が更新されたら通知
アンティグア・バーブーダへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスRT-PCR検査の陰性証明(出発時点で、発行から7日以内のもの)の提示が必要です。
隔離について
海路で入国する場合、隔離されます。
制限詳細
空路で渡航するすべての人(乗り継ぎ客を含む)は、出発の7日前以内に発行された、新型コロナウイルス感染症の逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を使用した検査の陰性結果証明を所持する必要があります。こちらの方針は11歳以下のお子様には適用されません。すべての航空機の乗客は、到着後に再検査を受ける必要がある場合があります。海路で到着するすべての人は、到着港の保健当局による検疫の対象となります。すべての人はアンティグア・バーブーダへの到着後、健康申告フォームに記入し、検温を受ける必要があります。詳細は次のURLよりご確認いただけます:https://visitantiguabarbuda.com/travel-advisory/

<日本から入国後の行動制限>
全ての渡航者は、入国に際してマスクを着用しなければならず、健康申告書の記載、スクリーニング及び検温が空港到着時に課され、到着後14日間は検疫命令及び検疫規則に従い、監視される。滞在中は、公共の場所では常時マスクを着用しなければならない。また、新型コロナウイルスの症状がある渡航者は、保健当局が定めるとおり、隔離される。1泊を要する乗り継ぎを行う渡航者等は、政府が指定する宿泊施設等での待機を要請される。なお、全ての渡航者は、乗り継ぎを行う者を含め、入国7日前以内に実施されたPCR検査の陰性証明書の携行が必要。
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F
バハマ

バハマ

情報が更新されたら通知
バハマへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスRT-PCR検査の陰性証明(出発時点で、発行から5日以内のもの)の提示が必要です。
フォームとビザについて
全ての渡航者は、出発前に「トラベルヘルスビザ」を取得する必要があります。
制限詳細
バハマに移動するすべての人は、出発前の5日以内に発行された新型コロナウイルス感染症の逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査の陰性結果証明書を提示しなければなりません。この措置は、10才以下の子供には適用されません。すべての渡航者は、出発前にオンラインでバハマの「旅行健康ビザ」を申請する必要があります。これには、バハマでの滞在期間中有効な旅行健康保険の強制オプトインが含まれます。旅行健康ビザの申請書は、次のwebサイトで入手できます。 https://travel.gov.bs/

<日本からの入国後の行動制限>
・バハマに入国する全ての乗客は、到着7日前以内の日付の新型コロナウイルスのRT-PCR検査による陰性証明書及び健康査証(ヘルスビザ)の取得が必要となる(https://travel.gov.bs/)。到着時及び到着後4日(96時間)後に抗原検査を受検する必要がある
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F
QRコードをスキャン
簡単ダウンロード
Trip.comアプリをインストールして、旅をストレスフリーに
出入国制限の更新情報を逃さずキャッチ
航空券やホテル、列車が、アプリ限定で更にお得に
24時間・年中無休のカスタマーサポート
簡単ダウンロード
QRコードをスキャン
ベリーズ

ベリーズ

情報が更新されたら通知
ベリーズへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
入国にあたり、新型コロナウイルスPCR検査(出発時点において、発行から72時間以内のもの)の陰性証明の提示が必要です。提示できない場合は、新型コロナウイルスPCR検査を受ける必要があります。
制限詳細
バングラディシュまたはインドを訪れた人または通過した全ての人は、ベリーズへの入国が禁止されています。フィリップ・S・W・ゴールドソン国際空港(BZE)に空路で到着する5歳以上の全ての人は、出発前の96時間以内に発行された新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、または出発前の48時間以内に発行された迅速抗原検査(RAT)による陰性結果証明を携行する必要があります。証明を持たない人は、自費にて到着時に検査を受ける必要があります(50米ドル)。陸上国境検問所に到着する全ての人は、過去の検査状況にかかわらず、自費にてRATを受ける必要があります。詳細については次のURLよりご確認いただけます:https://belizetourismboard.org/news-and-gallery/belize-covid-19-travel-updates/
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F
バルバドス

バルバドス

情報が更新されたら通知
バルバドスへの入国入国・入境制限レベル - 中
新型コロナウイルス検査について
全ての渡航者は、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明(出発時点において、発行から3日以内のもの)の提示が必要です。
制限詳細
すべての人は、ワクチンの接種状況にかかわらず、出発前の3日以内に発行された、認定検査機関が実施する新型コロナウイルスのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の陰性結果証明を提出する必要があります。この方針は、4歳以下の子供に対しては、新型コロナウイルス感染症の症状を発症しておらず、新型コロナウイルスの陽性結果が最近出た人とと移行していない場合に限り、適用されません。ブラジル、インド、南アフリカの国民に対する過去のビザ免除措置はすべて停止されています。これらの地域の国籍者は、ワクチンの接種状況にかかわらず、出発前に有効な入国ビザを取得する必要があります。またこれに該当する人は、到着後に7日間の隔離を行い、到着の1日目と8日目に追加のPCR検査を受ける必要があります。すべての人は、出身地にかかわらず、出発の24時間前までにオンラインの入国・税関申告書を提出し、出発前にPCR検査結果を直接アップロードする必要があります。登録フォームのリンクを含む詳細は次のURLでご確認いただけます:https://www.visitbarbados.org/covid-19-travel-guidelines-2020
アメリカへの入国入国・入境制限レベル - 高
ワクチンを既定の回数完全に接種済みの渡航者は、入国が可能です。詳しくは、以下をご参照ください。
制限詳細
到着予定までの14日間に、次のいずれかの場所を訪れた外国籍の人は米国への入国が禁止されています:ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ。この方針は合法永住者、または米国籍者または合法永住者の配偶者、両親、法定後見人、兄弟姉妹、子供、養子、または被後見人には適用されません。一部カテゴリの入国ビザを持つ外国籍の人にも追加の免除措置があります。その他の場所から米国に入国予定の18歳以上の外国籍の人は、世界保健機関(WHO)により緊急の使用が認められた新型コロナウイルスワクチンによる予防接種を完全に完了したことの証明の携行が必要です。外交官、医療上の理由で予防接種を受けられない人、人道的または緊急の理由で渡航する人、入国が国益にかなうと判断された人、またその他の限定的なカテゴリ対象の人に対する免除があります。全ての人は、旅行の最終手配をする前に、最寄りの米国大使館または領事館に連絡し、ご自身の入国資格と入国ビザ要件を確認することが強く推奨されます。ワクチン免除のカテゴリを含む詳細については、次のURLよりご確認いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/proof-of-vaccination.html

全ての人(米国籍者を含む)は、新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NAAT)による陰性証明または抗原検査による陰性証明(ワクチンを完全接種済みの渡航者は、出発時点において発行から3日以内のもの、ワクチン未接種の渡航者は、出発時点において発行から1日以内のもの)を提出する必要があります。さらに、出発予定日前の90日間で新型コロナウイルス検査の結果が陽性だった人は、米国への渡航には「documentation of recovery(治癒証明)」の提示が必要です。この書類には、新型コロナウイルス検査の陽性証明と、渡航者を個別に識別し、渡航者のパスポートまたは渡航者が渡航可能であることを示すその他渡航書類の情報と一致する、認定医療機関発行の書類が含まれる必要があります。全ての渡航者(米国籍者を含む)は、出発前に「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームの提出が必要です。これは、法のもとで完全かつ正確な健康に関する情報を提供することを誓うものです。この書類を持たない渡航者は、米国行き航空便への搭乗が拒否される場合があります。必要な書類など詳細については、次のURLよりご利用いただけます:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

米国に到着、または米国内で移動する場合、輸送機関や交通機関を利用する間、全ての人は口と鼻を覆うマスクを着用しなければなりません。米国内の様々な州や現地当局が、それぞれの管轄地域に到着する人に対し、追加の方針や制限を設けていますので、ご注意ください。「Passenger Disclosure and Attestation(搭乗者宣誓証明書)」フォームは次のURLよりご利用いただけます: https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2F
よくある質問
新型コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限は、どのぐらいの頻度で更新されますか?
海外に渡航すると、必ず隔離が必要ですか?
現在の新型コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限を教えてください
新型コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限がない国や地域なら、どこでも渡航できますか?
新型コロナウイルスへの感染歴があります。渡航できますか?
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、航空会社はどのような方針をとっていますか?
現在の新型コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限を確認したいのですが
ここに掲載されている情報は正確ですか?