2022年 日本の祝日 休みカレンダー

Trip_blog
2021年11月19日

目次

2022年・令和4年の祝日
2022年・令和4年の連休一覧
2022年・令和4年の祝日の紹介
スポーツの日
2022年 日本の祝日 休みカレンダー

2022年・令和4年の祝日

2022年1月01日  土 元日

2022年1月10日  月 成人の日

2022年2月11日  金 建国記念の日

2022年2月23日  水 天皇誕生日 

2022年3月21日  月 春分の日

2022年4月29日  金 昭和の日

2022年5月03日  火 憲法記念日

2022年5月04日  水 みどりの日

2022年5月05日  木 こどもの日

2022年7月18日  月 海の日 

2022年8月11日  木 山の日

2022年9月19日  月 敬老の日

2022年9月23日  金 秋分の日

2022年10月10日 月 スポーツの日

2022年11月03日 木 文化の日

2022年11月23日 水 勤労感謝の日

2022年・令和4年の連休一覧

2022年1月08日(土)~1月10日(月) 成人の日

2022年2月11日(金)~2月13日(日) 建国記念の日

2022年3月19日(土)~3月21日(月) 春分の日

2022年4月29日(金)~5月01日(日) 昭和の日

2022年5月03日(火)~5月05日(木) 憲法記念日、みどりの日、こどもの日

2022年7月16日(土)~7月18日(月) 海の日 

2022年9月17日(土)~9月19日(月) 敬老の日

2022年9月23日(金)~9月25日(日) 秋分の日

2022年10月08日(土)~10月10日(月) スポーツの日

2022年・令和4年の祝日の紹介

元日

1月1日から1月3日まで(三が日)、または「松の内」 までを特に「お正月(おしょうがつ)」と呼んでこれを尊重し、毎年この時期独特の行事や慣習が執り行われる。

成人の日

1月の第2月曜日。

「大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」趣旨の国民の祝日。1948年(昭和23)制定。従来は1月15日であったが、2000年から1月の第2月曜日となる。

建国記念の日

2月11日。

建国をしのび、国を愛する心を養う」趣旨の国民の祝日。この日は旧紀元節で、講和条約発効後根強い復活の動きがあり、激論のなか日取り未定のまま、1966年(昭和41)国民の祝日に追加された。

天皇誕生日

天皇誕生日は、日本の国民の祝日の一つである。旧称は天長節。 日付は、第126代天皇徳仁の誕生日である2月23日。

春分の日

春分の日は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とされる。通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日。

昭和の日

昭和の日は、日本の国民の祝日の一つである。日付は2006年までみどりの日だった4月29日。2007年1月1日施行の改正祝日法で新設された。

憲法記念日

憲法記念日は、日本の国民の祝日の一つ。日付は5月3日。国民の祝日に関する法律では「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としている。 1947年5月3日に日本国憲法が施行されたことを記念して、1948年に公布・施行された祝日法によって制定された。

みどりの日

みどりの日は、日本の国民の祝日の一つである。日付は5月4日である。1989年から2006年までは4月29日であった。

奥入瀬渓流
4.5/5
117件のレビュー
奥入渓流は全長14キロあります。遊歩道、自転車道、長い大通りがあります。施設が完備しています。遊びは自由です。しかも、今は一番いい季節です。老婦人は前衛服を着て、登山杖をかぶって、大きなカメラをかぶって、渓流に沿って散歩します。体力の悪い若者たちは電気自転車を借りて、森の酸素バーで足をなでて、新鮮な空気を吸います。私はこの廃棄物を運転して、車から降りて写真を撮ります。奥入渓流の秋は黄色で、紅葉はあまり赤くないです。黄色の葉は本当に黄色です。森全体が黄色で澄んだ金色の暖かい色合いに覆われていて、暖かく感じられます。三日月白い渓流は、森から抜ける唯一の冷たい色合いで、澄んでいて急です。少し歩くたびに、あなたは小さな滝に会います、それはあなたが「」声を出すであろう小さな滝です。しかし、Oiyiに置いて、あなたはマリオを見るのと同じように、小川が山の上でノミをなでてこの障害物を通過するのを見ます、Yoxi、美しい!小さな滝の尾さえあります! !しっかりと包んで、小川に沿って歩き、一緒に撮って、夜にホテルに戻り、温泉に浸ることができます。私は数日間ここに滞在することができます!6月に聞いたとき、それはとても素敵でした、そして森全体が新しい葉を芽生えました。友人は、新しい緑の色は失語を見るのが好きだと言った。
詳細

こどもの日

こどもの日は、日本における国民の祝日の一つで、端午の節句である5月5日に制定されている。 祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。

海の日

海の日は、1995年(平成7年)に制定されて1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の一つである。制定当初は7月20日であったが、2003年(平成15年)に改正された祝日法のハッピーマンデー制度により、7月の第3月曜日となる。

山の日

山の日は、日本の国民の祝日の一つである。日付は8月11日。2016年1月1日施行の改正祝日法で新設された。

敬老の日

日本の国民の祝日の一つである。 日付は9月の第3月曜日。 2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日としていたが、2003年(平成15年)から現行の規定となっている。

秋分の日

日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日とされる。通例、9月22日から9月23日ごろのいずれか1日。

スポーツの日

日本の国民の祝日の一つである。日本の祝日では、初めての英語由来の片仮名の名称である。 2019年(平成31年・令和元年)までは「体育の日」という名称であった。

文化の日

日本の国民の祝日の一つである。日付は11月3日。明治天皇の誕生日にあたり、明治期に天長節、昭和初期に明治節として祝日となっていた日である。

勤労感謝の日

日本の国民の祝日の一つである。日付は11月23日。 昭和時代(昭和23年以降)および令和時代においては1年で最後の祝日となる。