JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

>>>

    最近予約されたWuchang Uprising Memorial Hallホテル

    Wuchang Uprising Memorial Hallホテルのご案内

    武漢の観光情報

    武漢の基本情報

    気候

    武漢では6月から9月にかけて暑くなり、1日の最高平均気温は28℃を超えます。1年で暑さが最も厳しくなるのは7月末です。雨は年間を通して降りますが、特に降水量が多いのは2月下旬から8月の時期となっています。そのため夏は湿度が高く、蒸し暑いのが特徴といえます。それに対し、12月から3月にかけては寒さが気になるようになり、最高気温は平均でも13℃未満です。冬は晴れていることが多いですが、1月中旬から下旬にかけて1年で最も寒い時期となります。武漢は真夏と真冬の気候が厳しいため、観光は春や秋が適しているでしょう。特に春には桜目当ての観光客が多くなり、武漢の街がにぎやかになります。

    街の様子

    武漢は中国のちょうど中心に位置しており、湖北省の省都として栄えています。武漢は、もともと「武漢三鎮」とよばれていた武昌、漢陽、漢口の3つが1949年に統合されてできた都市です。3つのエリアは揚子江と漢江によって分かれています。武昌は大学などが多い教育エリア、漢陽は活発な工業エリア、漢口は古くから栄えてきた商業エリアという特色があります。武漢全体としては開発が進む都市として有名で、訪れると活気あふれる街の様子を感じられるのが魅力です。夜になると美しい夜景も楽しめます。長江の橋の照明や高層ビルのライトなどが光り輝き、洗練された街並みを眺めることが可能です。一方、武漢には古い建造物も多く残っており、歴史のロマンを感じさせる一面ももっています。武漢を旅先として選べば、中国の過去から現代までのさまざまな雰囲気を堪能できるでしょう。

    交通情報(アクセス)

    武漢では車の交通渋滞が深刻な問題となっているため、武漢を巡る際はタクシーやバスを利用するよりも地下鉄やフェリーなどを利用したほうが便利です。地下鉄は1日券や3日券のほかチャージ式ICカードもあるため、旅の日程に合わせて購入できます。チャージ式ICカードは保証金として約320円が必要になりますが、カードを返却すると返金されます。地下鉄の発着時刻は基本的に正確なので、日本にいるような感覚で利用できるでしょう。また、フェリーは漢口から武昌までを行き来する市民の足としても利用されています。水上から街並みを楽しむこともできるので、観光がてら乗船してみてはいかがでしょうか。フェリーの航路は8本ありますが、航路によって営業時間や運賃が異なります。なお、街を散策したい場合はレンタサイクルという選択肢もあります。

    武漢の観光情報グルメ

    有名な食べ物

    武漢の街のいたるところに屋台や出店があり、「小吃」とよばれる軽食が販売されています。地元では「小吃」を出勤や通学の途中の腹ごしらえとして食べたり、夜食として食べたりする人が多いです。たとえば、ゴマダレに絡めて食べる汁なし麺の「熱干面」やもち米と卵などを小麦粉の皮で包んだ「豆皮」など、さまざまなメニューがあります。ほかにも肉料理やスイーツなどさまざまなものがそろっているので、気になるものがあれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。観光中に小腹が空いたときにもちょうどよいボリュームのものが多いです。

    特有の食べ物情報

    武漢特有のグルメといえば、「武昌魚」は外せません。武昌魚はタンパク質や脂質などを豊富に含んでおり、身がやわらかくて平たいかたちをしています。毛沢東が「揚子江の水を飲み、武昌魚を食べる」という句を残したことでも有名です。武昌魚は淡水魚なので独特の風味がありますが、一流の料理人の手によっておいしく調理されています。さらに、武漢では鴨肉も有名で、一羽丸ごと使用した豪快な煮込み料理などが提供されています。鴨の首肉を使った「精武鴨頸」や「周黒鴨」とよばれる料理も人気が高いです。「精武鴨頸」は四川風の味付けで強烈な辛さがあるのに対し、「周黒鴨」は甘辛い独特な味わいとなっています。

    武漢の観光スポット

    有名な観光地情報

    武漢が位置する湖北省には、三国志で有名な場所が数多く存在しています。特に武漢では軍事用の物見やぐらとして建てられた「黄鶴楼」が有名です。武漢の市街地を一望できるため、武漢を観光するならぜひ訪れたい場所といえるでしょう。また、武漢にある「湖北省博物館」では、旧石器時代から近現代までの幅広い文化財が展示されています。足を踏み入れるだけで武漢の深い歴史を堪能できます。さらに、武漢の街を楽しむなら、楚河漢街でのショッピングも欠かせません。1.5kmにわたってショッピングモールが連なっているので、旅の記念品やお土産なども見つかるはずです。なお、地元の若者に人気のショッピングエリアの曇華林には、異文化を感じさせる建物も多くあります。

    観光地を巡る際に必要な費用の相場

    武漢の地下鉄の初乗り料金は約30円です。1日券は約300円、3日券は約720円となっており、日程に合わせて上手くチケットを選ぶとお得に観光地を巡れます。また、フェリーを利用する場合は路線によって料金が異なりますが、どの路線を選ぶとしても1回の料金は約8 0円以内です。さらに、レンタサイクルは1時間まで無料で利用できます。それ以上長く利用するときは、1時間あたり約20~50円の料金がかかります。ただし、レンタサイクルの利用時にはデポジットとして約3,200円が必要です。武漢は都市として発展していて交通の便もよいため、観光の拠点としても滞在しやすいでしょう。

    武漢のホテル事情

    武漢のホテル料金の相場

    他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

    武漢は孝感市、黄岡市、咸寧市など複数の市と隣接しています。隣接する地域と武漢のホテル料金を比べてみても、ほとんど差はありません。旅行の滞在先を探すなら、交通の便のよい武漢を選ぶと融通が効きやすいでしょう。

    相場の料金

    武漢は都市として発展しているためホテルの数が多く、料金の幅も広いです。たとえば、小さなホテルなら約1,650円の料金ですが、チェーンホテルであれば約2,400~4,000円の料金となります。さらにハイクラスなホテルを選ぶなら、料金は約6,400~10,400円となるでしょう。比較的安価なホテルがいい場合は武昌の大学が多い地域、ハイクラスなホテルを希望する場合は漢口のビジネス街を選ぶと希望に合ったホテルをみつけやすいです。いずれのエリアも地下鉄にアクセスしやすく、移動するのに便利な場所です。

    おすすめのホテル

    人気のホテル

    ・東方建国ホテル武漢

    内装の高級感に加え、フロントが24時間対応しており、いつでもスタッフと連絡が取れて安心です。漢口駅南口に近いため、アクセスにも困ることはありません。

    ・フベイポリーホテル

    黄鶴楼や湖北省博物館などに近く、武漢の観光を思いっきり楽しむことができるでしょう。料金も手頃なので家族連れなど大人数での宿泊もしやすいです。

    ・ロイヤルスイーツ&タワーズ武漢

    モダンな雰囲気で快適に宿泊したい方におすすめです。市の中心部に近いため、都会の雰囲気を満喫したい人にもぴったりです。

    空港から近いホテル

    ・湖北空港ビジネスホテル(天河空港店)

    武漢天河国際空港から3.48kmの場所にあり、シャトルバスによる送迎がついているので便利です。出張者に人気がありますが、ファミリー向けのプランも多く用意されています。

    ・カールトンホテル武漢空港

    武漢天河国際空港から8.04kmに位置し、送迎のサービスがついています。内装も清潔感があり、旅の疲れをゆっくり癒すのに最適です。

    ・SFHotel(武漢順風賓館)

    武漢天河国際空港から8.63kmにあります。送迎サービスがあるうえに宿泊料金も安いため旅行や出張などさまざまな目的をもつ人から人気です。

    ※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

    閉じる
    エリア:
    洪山区 武昌区 黄陂区 江漢区 漢陽区 江夏区 蔡甸区 江岸区 キョウ口区 東西湖区 青山区 新洲区 漢南区 更に表示 閉じる
    Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
    Ctrip Skyscanner Trip