国際ネットワーク

国際ネットワーク

5,000を超える都市への航空路線
ワンストップサービス保証

ワンストップサービス保証

支払い後の価格保証&発券後の予約保証
安全な決済

安全な決済

安心・便利な予約決済システムでお客様の情報を管理

7,989円からのソウル発大阪行き片道航空券を検索

ソウル発大阪行きの片道・往復航空券の予約が、たったの7,989円から。以下の人気航空会社から選んで、航空券を今すぐ予約!

  • 片道
  • 往復

取り消し線のある価格は、Trip.com上の該当する路線の平均価格に基づいて計算されています。

航空券の最安値はいつ?

Trip.comはソウル発大阪行きの航空運賃をモニタリングしています。価格動向の最新情報を把握し、次の旅に最適な航空券を予約しましょう。

記載の価格は、Trip.comの該当路線の週平均価格より算出したものです。
ソウル発大阪行きの便を低価格で提供する航空会社

ソウル発大阪行きの便を運航している航空会社を見つけましょう。料金を比較して旅の条件にぴったりの信頼できる航空会社を利用し、快適な旅をしましょう。

ジンエアー
6,546円
エアソウル
8,219円
イースター航空
8,721円
ピーチ航空
9,097円
チェジュ航空
9,432円
ティーウェイ
12,109円
エアプサン
12,130円
アシアナ
18,508円
大韓航空
19,136円
エアージャパン
20,851円
ANA airlines

別の航空券・航空会社を表示

ソウル発大阪行きのお得な航空便を検索

さまざまな路線、航空会社、乗り継ぎをチェックして、ソウル発大阪行きの代替便にぴったりの便を見つけましょう。

  • 最安値
    ティーウェイ
    ICN
    14:40
    1時間50分
    直行便
    KIX
    16:30
    仁川(インチョン)空港 - 関空
    3月6日 (水)ティーウェイ
    12,109円
  • チェジュ航空
    GMP
    08:20
    1時間40分
    直行便
    KIX
    10:00
    金浦(キンポ)空港 - 関空
    3月6日 (水)チェジュ航空
    12,109円
  • ジンエアー
    ICN
    07:25
    7時間40分
    経由1回
    ITM
    15:05
    仁川(インチョン)空港 - 伊丹
    4月23日 (火)ジンエアー
    19,721円
  • ジンエアー
    ICN
    07:25
    7時間40分
    経由1回
    ITM
    15:05
    仁川(インチョン)空港 - 伊丹
    4月23日 (火)ジンエアー
    19,721円
    ほかの航空券を検索

よくある質問:

  • ソウル(SEL)発大阪(OSA)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、ソウル発大阪行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • ソウル(SEL)発大阪(OSA)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、55,964円が最安値になります。
  • 大阪の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 関空 から市中心部まで38km、タクシーで約 50分の道のりです。
    • 神戸空港 から市中心部まで26km、タクシーで約 40分の道のりです。
    • 伊丹 から市中心部まで12km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • ソウル発大阪行きの始発便の時刻を教えてください

    ソウル(ICN)発大阪(KIX)行き始発便の出発時刻は、07:00です(到着時刻 09:00)。
  • ソウル発大阪行きの最終便の時刻を教えてください

    ソウル(ICN)発大阪(KIX)行き最終便の出発時刻は、21:00です(到着時刻 22:50)。
  • ソウル(SEL) 発大阪(OSA)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    大韓航空が、ソウル(SEL)発大阪(OSA)行きの直行便を103便運航しています。

ソウル発大阪行き便の情報

直行便の最安値

6,545円

往復航空券の最安値

25,138円

最安月

3月

ピークシーズン

6月
ソウルから大阪行きの基本情報

フライト時間

ソウルから大阪までの平均フライト時間は約1時間45分です。大阪行きのフライトは仁川国際空港(ICN)発の関西国際空港(KIX)の直行便が便利です。具体的な情報は航空会社や旅行サイトをご確認ください。

直行便でもっとも早い便は09:10仁川国際空港(ICN)→08:00関西国際空港(KIX)チェジュ航空、遅い便は21:00仁川国際空港(ICN)→22:50関西国際空港(KIX)ピーチ・アビエーションが就航しています。

航空会社

ソウルから大阪行きの航空会社は日本航空(JAL)、全日空(ANA)、大韓航空エア・マカオエアプサンエアソウル香港エクスプレス航空など20社以上が就航しています。

経由便

経由便の場合は大幅に選択肢が広がります。仁川国際空港(ICN)だけではなく、金浦国際空港(GMP )からの出発便があり、その場合は羽田や福岡を経由して伊丹空港(ITM)着になります。伊丹空港周辺に用事があるなら、経由便を検討してみてください。

大阪行き航空券の料金相場

大阪からソウル行きの航空券の相場は、平均で40,000円前後です。ハイシーズンで30,000円~60,000円、ローシーズンは15,000円~45,000円です。一般的に大阪のベストシーズンといわれている春(3月~5月)や秋(9月~11月)、年末年始や夏休みシーズンは料金が高騰する傾向にあります。

大阪行きは多くのフライトが就航していますので、費用を少しでも抑えたいのであれば格安のLCCを検討しましょう。ただし、LCCの場合は機内への受託荷物など追加料金が発生する可能性があります。

※大阪旅行の費用の相場についてはこちら

大阪のベストシーズン

大阪旅行のベストシーズンは、春(3月から5月)と秋(9月から11月)です。春は桜の季節で、大阪市内や周辺地域には多くの桜が咲きます。気温も過ごしやすく、桜と一緒に散策するのに最適な季節です。

秋は紅葉が美しい季節で、天気も安定しているため観光に適しています。ただし秋は観光客が多くホテルや交通機関の予約が取りにくくなるので、早めの予約が必要です。冬は乾燥して寒くなりますが、年末年始やクリスマスのイルミネーションが楽しめます。

発着空港について

仁川国際空港

仁川国際空港は2001年3月29日に開港しました。以前は金海国際空港がソウル地域の主要な国際空港でしたが、仁川国際空港の開港によって多くの国際線が移転しました。

年間で約7,000万人以上の旅行者が利用しています。これはアジアでもトップクラスの利用人数を誇ります。ニューヨークやロンドン、パリ、大阪、北京、シドニーなど全世界で約190以上の国と都市でつながっている、アジア最大級のハブ空港です。

金浦国際空港

金浦国際空港は韓国の釜山市の中心部からみて西に約12㎞ほどの距離に位置しています。1976年に開港して以来、釜山地域の主要な国際空港として機能しています。

2019年には約1,700万人以上が金海国際空港を利用しました。おもにアジア圏内の都市との間に多くの便があり、代表的な都市として大阪や大阪、福岡、台北、香港、バンコクなどがあります。限られてはいますが、ロシアのウラジオストクなどアジア以外の地域への便も就航しています。

関西国際空港

関西国際空港は1994年9月4日に開港しました。大阪府の泉佐野市に位置し、人工島に建設されたことで有名です。2022年には約2,217万人以上が関西国際空港を利用しました。就航先はおもにアジアやヨーロッパ、北アメリカなど多くの国と都市に直行便があります。

大きな特徴として、24時間運用の空港であることです。通常、日本の空港は夜間閉鎖されていますが、関西国際空港は24時間運用しています。そのため、夜間でも利用者が絶えない空港となっています。

伊丹空港

伊丹空港は1939年に開港しました。当初は軍事目的の飛行場として開設されましたが民間航空の発展に伴い、主要都市を結ぶ空港へと役割は変化しました。とくに大阪市や神戸市、京都市に近い位置にあるため、多くの人々に利用されています。

国際線はなく、国内線専用の空港のため、手続きがシンプルで迅速です。利用者数は年によって変動しますが、2022年には約1,300万人が利用しており、国内でもトップクラスの集客力を誇ります。

空港から都心部へのアクセス方法

関西国際空港

関西国際空港から向かう目的地によって移動手段が異なります。難波エリアに早く安く行きたいなら南海電鉄の電車がおすすめ。「なんば駅」まで特急ラピートで約38分、空港急行で約47分。料金は1,100円~1,400円程度。目的地が「新大阪駅」や「京都駅」なら、JRの「関空特急はるか」を使った方が早くアクセスできます。

大阪城やUSJ、大阪郊外エリアへ行く場合は電車だと乗り換えが発生しますので「リムジンバス」がおすすめ。関西国際空港の第1・2ターミナルには、それぞれバスターミナルがあります。人数も荷物も多い場合は貸切タクシーでもいいでしょう。定員4名乗りで24,000円、定員9名乗りなら26,000円と割安です。

伊丹空港

伊丹空港から大阪市内へのアクセスはリムジンバスかモノレールをおすすめします。リムジンバスなら大阪市内に15分に1本、なんば方面へは10~15分に1本、新大阪駅へは20分おきに発車しています。料金は1,000円以下で必ず座れます。荷物が多くても楽々移動できるでしょう。

モノレールの場合、地下鉄や阪急電鉄に乗り継いで大阪市内に行けます。大阪空港駅から蛍池駅で乗り換えると420円で大阪駅に到着。リムジンバスより安くアクセス可能です。乗り換えがあるため、大きな荷物がある方は不便を感じるかもしれません。

大阪のおすすめの観光スポット

1. 大阪城

大阪城は豊臣秀吉によって1583年に建設され、多くの戦いや歴史的な出来事の舞台となりました。現在の天守閣は1931年に再建されたものです。とくに桜の季節や紅葉の季節には美しい景色が広がり、多くの観光客や地元の人々で賑わいます。広い敷地を有しているので、一日楽しめるスポットとなっています。

2. 道頓堀

道頓堀は大阪のミナミエリアに位置する食文化とエンターテイメントです。大阪らしいたこ焼きやお好み焼き、串カツなどを楽しめます。運河沿いには数多くの看板やネオンが並び、その中でも有名なのがグリコの看板。ショッピングや食事、大阪のエネルギーを感じられる場所として訪れる価値があります。

3. USJ

USJはハリーポッターエリアやミニオンパーク、ジュラシック・パークなど、多くのアトラクションが楽しめます。特に『ハリーポッターと魔法使いの石』の世界を再現したエリアは圧巻で、本物のような魔法の世界に入り込んだ気分を味わえます。季節ごとのイベントや新アトラクションが頻繁に登場するため、何度訪れても新しい発見があります。USJ旅行に必要な費用はこちら

大阪であると便利なもの

大阪観光ではICOCA(イコカ)が便利です。ICOCAは東京でおなじみの「Suica」の大阪バージョンです。電車やバス、地下鉄などの公共交通機関に乗る際に改札にタッチするだけで料金が自動的に引き落とされます。コンビニエンスストアや自動販売機、タクシーでも利用可能。現金を携帯する手間を省いてスムーズに移動・買い物ができるため、大阪観光で一枚持っておくと非常に便利です。

お得な格安航空券ならTrip.com

国内・海外のお得な格安航空券ならTrip.comにお任せください。24時間・年中無休のカスタマーサポートでお客様の快適な旅行をお手伝いいたします。
お得情報・割引クーポンはこちらから。

※本記事はすべて2023年9月の内容です。最新情報は出発前にお客様自身で確認してください。