>>

鶴のマークで知られる日本初の航空会社、日本航空(JAL)とは?

日本航空(Japan Airlines)は1951年に日本で初めて設立された航空会社です。政府主導の半官半民の体制で、長らく日本のナショナル・フラッグ・キャリアとして国際線の運航を独占的に行ってきました。1987年に完全民営化された後、日本エアシステムとの経営統合などを経て日本航空グループの中核をなす航空会社として発展し、2007年には航空アライアンスのワンワールドに加盟しました。しかし、2000年代後半の世界金融危機などの影響で経営状況が悪化、2010年に会社更生法を申請し経営再建が行われた結果、2012年に東証に再上場し現在に至ります。赤い鶴が円形に翼を広げたデザインの「鶴丸」マークは日本航空のシンボルとして広く親しまれてきました。この鶴のロゴは日本エアシステムと経営統合した2003年にいったん廃止されましたが、2011年にリニューアルして復活し、再び日本航空の「顔」となっています。

日本航空(JAL)のマイレージサービス

日本航空は搭乗でマイルが貯まるマイレージプログラム「JALマイレージバンク(JMB)」を採用しています。ワンワールドの加盟の航空会社を利用する場合でもJMBのマイルが貯まります。またJMBで貯めたマイルは日本航空の特典航空券のほか、ワンワールド加盟各社の特典航空券やアップグレードに使うことができます。マイルは獲得した日から36ヶ月後の月末まで有効です。また、前年1月~12月の12ヶ月間のフライトで貯めたマイルや搭乗回数に応じて、「JMBクリスタル」「JMBサファイア」「JGCプレミア」「JMBダイヤモンド」のプレミアムサービスが受けられます。また、空港のラウンジ利用などワンワールド加盟社共通のプレミアムサービスも受けることができます。さらにJMBサファイアまたはJMBダイヤモンドを獲得した年度には、ワンワールド各社で優先チェックインや空港ラウンジ利用などのサービスが年会費有料で受けられる「JALグローバルクラブ(JGC)」に加入することができます。

日本航空(JAL)のセール・割引情報

日本航空は季節、目的地、路線などに合わせて割引航空券やQUOカード、お得なクーポン配布などいろいろなキャンペーンを行っています。特定路線の搭乗や、事前チェックインサービス「タッチ&ゴー」の利用で、リゾートホテルの宿泊券やQUOカード、Japan Taxiの利用券など各種の割引クーポン券、日本航空の座席アップグレード券などがもらえる各種のキャンペーンが常時行われています。また利用回数に応じたJMB会員限定のキャンペーンもあります。

日本航空の詳しいキャンペーン情報はこちら

日本航空(JAL)の評判

日本航空は2019年に航空関連の格付け機関である英国のスカイトラックス(Skytrax)社の「ワールド・エアライン・スター・レイティング」で世界最高評価の5スターに2年連続で認定されました。世界の航空会社の格付けを行っているAirlineRatings.comの最新評価でも、安全面において最高評価の星7つを獲得しています。さらにシートや食事、機内エンターテインメントなどプロダクト評価でも最高点の星7つを獲得しています。

また、世界最大級の旅行サイト「TripAdvisor」の日本のベストエアラインに2017年から3年連続で選ばれ、「世界の人気エアライントップ5」「アジアのベストファーストクラス」「旅行者が選んだアジアのメジャーエアライン」と合わせて4部門で受賞しました。

日本航空(JAL)が保有している機材

機材名 座席数

ボーイング777-300(773) 500席(W24)

ボーイング777-200(777/772)375席(W16)

エアバスA350-900(359) 369席(X01)・391席(X02)・

ボーイング777-200ER(777) 312席(W63)・312席(W64)

ボーイング787-8(788) 291席(E21)・186席(E12)・206席(E03)

ボーイング767-300(767) 261席(A26)

ボーイング767-300ER(763) 252席(A25)・261席(A27)・237席(A41)・227席(A43)・199席(A44)

ボーイング777-300ER(773) 244席(W84)

日本航空(JAL)と提携する主な航空会社

  • 日本航空グループ会社 日本トランスオーシャン航空 日本エアコミューター 琉球エアコミューター
  • ワンワールド加盟13社(アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、カンタス航空など)
  • ワンワールド準加盟1社(フィジー・エアウェイズ)

そのほか、日本航空の便名でコードシェア便を運航する航空会社が、国内線2社、国際線22社、

JMBマイレージ提携航空会社8社あります。

手荷物について

機内持ち込み手荷物

搭乗クラス 個数 重量 サイズ

国内線(座席数が100席以上の場合) 1個 10kg以内 3辺の合計が115cm以内かつ55cm×40cm×25cm以内

国内線(総座席数100席未満の場合) 1個 10kg以内 3辺の合計が100cm以内かつ45cm×35cm×20cm以内

国際線 1個 10kg以内 3辺の合計が115cm以内かつ5cm×40cm×25cm以内

受託手荷物

搭乗クラス 個数 重量 サイズ

国内線(普通席とクラスJ) 個数制限なし 20kgまで 3辺が50cm×60cm×120cm以内

ファーストクラス 45kgまで この重量を超える場合、1kgあたり200円~400円の追加料金がかかり、荷物の上限は合計100kg、1個あたりの重量は32kgまで。

国際線(ファーストクラス、ビジネスクラス) 3個まで 1個あたり32kgまで 3辺(縦・横・高さ)の合計が203cm以内(キャスターと持ち手を含む) 

国際線(プレミアムエコノミー、エコノミークラス) 2個まで  1個あたり23kgまで 3辺(縦・横・高さ)の合計が203cm以内(キャスターと持ち手を含む)

預ける荷物の重量、個数、サイズが規定を超える場合には路線や超過の度合いに応じて追加で料金がかかります。個数が超過する場合には1個当たり5,000円~20,000円、重量超過する荷物1個につき1,000円~60,000円、サイズが超過する場合には1個当たり5,000円~20,000円がかかります。

機内サービスについて

機内エンターテインメント

座席に個人用モニターが完備されている機材では各種のビデオプログラムやオーディオ、リアルタイムで表示されるフライトマップなどを楽しむことができます。また電子書籍全48タイトルを楽しむことができます。モニターがない機材でもスマートフォン、タブレット、PCなど手持ちのWi-Fi対応端末でビデオやオーディオなどのプログラムを楽しむことができます。なお、スマホやタブレットで閲覧する場合は搭乗前に専用アプリのダウンロードが必要です。路線によってはインターネットに接続できるWi-Fiサービスが無料で利用できます。

国際線でも各種のビデオプログラムやオーディオプログラム、電子書籍、ゲームを楽しむことができます。路線によっては有料でインターネットに接続できるWi-Fiサービスが利用できますが、Skype通話やLINE電話などは利用できません。

機内食と飲み物

国内線の普通席とクラスJでは無料のソフトドリンクサービスがありますが、飛行時間が短い近距離の運航ではドリンクサービスの実施がない路線もあります。機内食の提供はありません。ファーストクラスでは各種ソフトドリンクのほか、アルコールも無料で提供されます。また、発着の時間帯に合わせて朝食、昼食、夕食が無料で提供されます。

国際線では全てのクラスで機内食、アルコールを含むドリンク類と機内食が無料で提供されます。ビジネスクラスではファーストクラスでは和食・洋食など3~4種類のメニューから選んで事前に予約することもできます。

また様々な特別食にも対応しています。ベジタリアンメニューはヴィーガン、ローフードヴィーガン、ラクト・オボ・ベジタリアン向けなどに細かく分けられおり、アレルギー対応食や低塩分食、低脂肪食など健康に配慮したメニュー、各宗教の教義にかなったメニューなどが多数用意されています。これらの特別食の提供を希望する場合は、所定の期限内に申し込みが必要です。

チェックイン

主要空港のチェックインカウンター

出発空港 チェックインカウンター

成田空港

・国際線:第2ターミナル3階 K・L・M・O・P・Qカウンター

・国内線:第2ターミナル 1階 国内線チェックインカウンター

羽田空港

・国際線:第3ターミナル3階 F・G・Hカウンター

・国内線(中国・四国・九州・沖縄方面):第1ターミナル 2階南ウイング JALチェックインカウンター

・国内線(北海道・東北・北陸・東海・近畿方面):第1ターミナル 2階北ウイング JALチェックインカウンター

関西国際空港

・国際線:第1ターミナル4階 JAL国際線チェックインカウンター

・国内線:第1ターミナル2階 JAL国内線チェックインカウンター

伊丹空港

・北ターミナル1階 JAL出発カウンター、ファーストクラスとJGCカウンターは北ターミナル2階

中部国際空港

・国際線:第1ターミナル3階 チェックインカウンターH

・国内線:第1ターミナル3階 チェックインカウンターN・O

福岡空港

・国内線旅客ターミナル1階 JALチェックインカウンター、ファーストクラスとJGCカウンターは国内線旅客ターミナル2階

新千歳空港

・国内線:ターミナル2階 JALチェックインカウンター

那覇空港

・旅客ターミナルビル3階 JALチェックインカウンター

オンラインチェックインサービス

日本航空の国内線ではオンラインで事前チェックインできる「JALタッチ&ゴーサービス」を利用して、空港で搭乗手続きをせずに直接保安検査場に進むことができます。事前に航空券の予約購入し座席指定を済ませた上で、JAL公式サイトの予約詳細確認画面から取得した2次元バーコード画像をスマホ等で表示するか、eチケットの2次元バーコードをプリンターで印刷したものを保安検査場と搭乗口の専用読み取り機にかざしてゲートを通過します。乗り継ぎ便を別々に予約した場合などJALタッチ&ゴーサービスが利用できない場合もあります。

国際線の場合はWebチェックイン「QuiC」でチェックインを行うことができます。日本航空の公式サイトでWebチェックインに事前登録しておけば、出発予定時刻の24時間前に自動的にWebチェックインが行われます。事前登録には座席指定を済ませてパスポートデータを登録する必要があります。事前登録完了後に発行される2次元バーコード入りのeチケットを印刷したものか、スマートフォンで取得できるモバイル搭乗券を専用読み取り機にかざしてゲートを通過します。

予約時の手数料とキャンセル料

日本航空のフライトの予約は無料です。

購入後の取消/払戻手数料は、出発前なら1区間につき440円、出発後は440円+運賃額の20%がとられます。一部払い戻し不可能な運賃もありますので注意しましょう。

搭乗クラス

国際線 ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス

国内線 ファーストクラス、クラスJ、普通席

座席指定

予約申し込み完了後に無料で座席指定を行うことができます。Webサイトの予約詳細画面から座席を指定したり、指定済み座席を変更したりできます。座席指定と変更は出発予定時刻の20分前まで行うことができ、チェックイン前なら変更回数に制限はありません。

子供料金&サービスについて

【国内線】

年齢区分

小児:搭乗日の年齢が3歳~11歳

幼児:搭乗日の年齢が生後8日~2歳

予約・運賃

小児:3歳以上12歳未満の場合、小児普通運賃が適用されます。6歳未満の場合には12歳以上の同行者が必要です。早期割引運賃など小児運賃以外を選択して予約した場合、選択した運賃と小児運賃を比較して価格が安い運賃が適用されます。また6~7歳のみで同行者なしの場合Webでは予約できません。

幼児:大人1人につき幼児2人まで同行できますが、2人目の幼児は航空券を購入して座席を確保する必要があります。他社運航のコードシェア便では1歳以下の幼児は同行できません。幼児の座席はWebからは予約できませんので電話でお問い合わせ下さい。

【国際線】

年齢区分

小児:搭乗日の年齢が2歳以上12歳未満

幼児:搭乗日の年齢が2歳未満

予約・運賃

小児:小児運賃は大人運賃の75%でご利用いただけます。なお、一部 割引率の異なる運賃があります。一部小児運賃の設定がない運賃があります。

幼児:幼児運賃は大人運賃の10%でご利用いただけます。なお、一部割引率の異なる運賃があります。座席は利用できません。座席を使用する場合は、小児運賃が適用されます。(一部幼児運賃の設定がない運賃があります。)

※上記情報は予告なく変更されることがあります。また、重要事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

よくあるご質問:

日本航空の人気路線は?

日本航空の人気路線は東京⇒大阪、大阪⇒東京そして福岡⇒東京です。東京⇒大阪は、毎日18便を運航しています。※航空会社より変更する可能性があり、必ず事前に当該航空会社のホームページよりご確認ください。

手荷物の規定はありますか?

日本航空のエコノミークラス航空券の場合、手荷物許容量はないか、あっても1個のみのことが大半です。手荷物許容量についての規定は航空会社より異なりますので、必ず事前にご予約の航空会社にてご確認ください。