【3分でわかる】2023プラハ3泊4日モデルツアーコース・グルメ・アトラクション・観光スポットを紹介

ライターのプロフィール写真

by Trip.com

1日目 | 午前

プラハ城

チケット価格: 70 CZK

おすすめ滞在期間: 3-8 時間

プラハ城は実際には大きな建築エリアであり、教会、宮殿、中庭を備えた大規模な複合建築物を形成しています。 1992年、プラハ城は世界遺産リストに登録されました。歴史的背景プラハ城は9世紀に建てられ、14世紀のチャールズ4世の時代に完成しました。歴史上、チェコの統治者の住居兼事務所でした。現在はチェコ共和国大統領の公邸となっています。主に外交に使用されます。プラハ城のガイド付きツアーは、プラハを訪れるすべての人にとって必見です。城の正面玄関は西側にあり、訪れる際にここに入るのがいいです。正午12時ごとに、ここの最初のアトリウムで衛兵交代式が行われるので、観光客も多い場所です。やめてよかった。マティアスの門を通過すると、2番目のアトリウムに到着します。絵画愛好家の方は、プラハ城ギャラリーをお見逃しなく。ギャラリーは2番目のアトリウムの西側にあります。元々は厩舎でした。それを無視すると、ギャラリーには、ティツィアーノ、アーヘン、ルーベンスの傑作を含む、ルドルフ2世のコレクションが年間を通して展示されています。聖ヴィート大聖堂が3番目のアトリウムに入ると、プラハ城のランドマークである聖ヴィート大聖堂が見えます。大聖堂は壮大です。プラハで最大かつ最も重要な教会であり、戴冠式と死後の王室の休憩所でもあります。チェコの画家アルフォンスミュシャが描いたステンドグラスも一見の価値があります。町の宝石であるボヘミアンな純金の王冠は、大聖堂の聖ウェンセスラス礼拝堂の王冠の部屋に保管されています。また、チェコ共和国で最大の時計があり、プラハ城の壮大な景色を望む高さ90メートルの教会のサウスタワー(チケットは別途購入する必要があります)に登ることを忘れないでください。教会の近くにある旧宮殿は、かつてボヘミアの王の住居でしたが、その中でも15世紀と16世紀に建てられたビジャディスラフホールは見逃せません。広々としたホールは騎士を馬に乗せて収容できます。 。ホールの南にある遊歩道では、プラハ城庭園の美しい景色を眺めることができます。南に進むと、プラハ城の歴史に関する40分のドキュメンタリーであるプラハ城物語展を訪れることができます。聖ジョージ教会に隣接する赤レンガ色の建物は、ボヘミアの美しいロマネスク様式の傑作と見なされている古代の2階建ての教会である聖ジョージ教会です。 「天井のエルサレム」と「聖母戴冠式」の教会のフレスコ画は一見の価値があります。隣接する聖ジョージ修道院には、ルネッサンス作品の大規模なコレクションがあり、現在はチェコ国立美術館によって管理されています。城内を進み続けると、ゴールデンレーンにたどり着くことができます。道路の両側にある鮮やかな色の小さな家が住居でしたが、現在はミニミュージアムになっており、使用人の日常生活を紹介しています。当時は職人もいましたし、専門店もあります。作家のカフカもここに住んでいて、彼が住んでいた22号室は今では美しい本屋になっています。その他のアトラクションゴールデンレーンに沿って進むと、プラハおもちゃ博物館のシンボルであるかわいい小さな風車に魅了されるかもしれません。おもちゃ博物館の向かいにはロコウィッツ宮殿があります。この16世紀の邸宅には、カナレットの絵画、ベートーベンとモーツァルトの写本が収められています。絵画や音楽が好きな友人は、ぜひ訪れてみてください。失望させてください。ゴールデンレーンの終わりには、かつて囚人が収容されていたダリボルカが立っており、現在は当時の拷問器具や武器が展示されています。ダリボタタワーの隣にある大きな展望台は、ほとんどの観光客が立ち寄る場所です。ここでは、プラハの街全体を見渡すことができます。カメラを準備して、この「千の塔の街」の美しさを永遠に凍らせてください。訪問後は城の東門から出て、途中でヴルタヴァ川とプラハ旧市街の夕日を眺めることができます。

ユーザーの口コミ:

Trip.comのユーザー: 壮大な場所ですが、伝統的な城の外観ではありません。さまざまな建物、教会、修道院、街の見所がたくさんあります。私たちは訪問する価値があります。ウォーキングツアーを強くお勧めします。

Trip.comのユーザー: ヨーロッパ最大の成人達ほど 壮大で美しく特に日が良い時、ケル橋から眺める城の色と夕焼け時頃、ビシェグラードから見るプラハ城の風情はヨーロッパ3大夜景に抜いてしまうと思いますね。

1日目 | 午後

プラハ城を訪れたあと、時間に余裕があるならフランツ・カフカ博物館までぜひ足を運びましょう。

フランツ・カフカ博物館

営業時間: 営業 10:00-18:00

チケット価格: 260 CZK

おすすめ滞在期間: 1-2 時間

カフカ博物館は、ヨーロッパの有名なシュルレアリスム作家カフカを記念する博物館であり、その住所はカフカの発祥の地でもあります。博物館には、偉大な作家の生涯と彼の小説に描かれている仮想世界の紹介がたくさんあり、カフカファンの巡礼地です。ガイド付きツアー博物館は2005年から一般公開されています。カレル橋の脇の新しい町にあり、混雑したゴールデンレーンにあるカフカの旧邸宅と比べると、よりゆったりとしています。博物館の入り口には大きな「K」があり、アトリウムにはおしっこをしている男性の像が2体あり、とても目を引く。美術館に入った後は、カフカの生涯の写真、日記、手紙、貴重な写本などを随所に見学できます。一般的な展示に加えて、多数のマルチメディアプロジェクションや前衛的な装飾芸術がパフォーマンスに使用されます。 。人々はカフカの小説の不条理でシュールな世界に入っているようです。さらに、博物館にはカフカの小説、彼のイメージが描かれたマグカップ、ポストカード、ナプキン、そしてカフカに関連するすべてのものを購入できるお店があります。

1日目 | 夜

エリア内の他の観光スポットをまわる際に滞在できる場所をお探しなら、ゴールデン ウェルは間違いのない選択です。

ゴールデン ウェル

旅先の様々な魅力を発見したいお客様に、ゴールデン ウェルは最適です。ゴールデン ウェルは、ビジネスでもレジャーでも、プラハでの快適な滞在をご提供いたします。

当施設からPraha-Dejviceまで約2km、ヴァーツラフハヴェル国際空港まで約16km、移動に便利です。市内の交通網は充実しており、徒歩圏内にはマロストランスカー駅があります。ロブコヴィツ宮殿やNejvyssi Purkrabstvi、ヴァレンシュタイン宮殿など、徒歩圏内に多くの観光名所があります。

お時間に余裕があるお客様には、館内の様々な施設でお過ごしいただくのもお勧めです。お車をご利用のお客様は、プラハの当施設提供の駐車場をご利用いただけます。

お客様のレビューによると、このホテルの施設は最高レベルです。

2日目 | 午前

ズラター・ウリチカ・ウ・ダリボルキ

営業時間: 24時間営業

チケット価格: 250 CZK

おすすめ滞在期間: 1-1 時間

黄金の小道はプラハ城で有名なアトラクションの1つです。このおとぎ話のような場所は、城地区の北東の角、聖ジョージ教会とプラハおもちゃ博物館の間にあります。ゴールデンレーンの狭く曲がりくねった小道はスレートで舗装されており、小さなカラフルな家が両側に並んでいます。名前には「金」が含まれていますが、この路地は金でできていません。神聖ローマ皇帝ルドルフ2世が錬金術師を召喚してここに定住させたという伝説があり、そのため黄金路地の名前が付けられました。でも実はルドルフ2世の職人・使用人・警備員の住居だった当時は人が多すぎて人が少なかったので、ここの家はとても小さく建てられ、背の高い人は猫がいなければドアに入ることができませんでしたウエスト。 19世紀以降、ゴールデンレーンは徐々にスラム街になりましたが、20世紀以降、多くの芸術家が静かな環境と創造的なインスピレーションを求めてここに移動し始めました。今日、ゴールデンレーンは徐々に小さな美術館や専門店が集まる場所になっています。博物館は当時の部屋の家具を復元し、ここに住む人々の生活を紹介しています。専門店も訪れる価値があり、その多くはユニークで、他の場所で同様の製品を見つけるのは難しく、製品の品質と職人技は非常に洗練されていますが、価格は比較的高いです。その中で、16号室の木のおもちゃ、20号室のピュータープラハの兵士、21号室の手描きの服、19号室の素敵なガーデンコテージはすべて一見の価値があります。カフカのかつての邸宅を訪れたのは、ゴールデンレーンのアクアブルーの家番号22が、彼の初期の有名な小説家カフカの邸宅であり、彼が彼の未知の作品「田舎」を静かに完成させたことに言及する価値があります。科学アカデミーへ」。現在は外壁にカフカのネームプレートが貼られた書店です。ダリボルカタワーにつながるゴールデンレーンのダリボルカタワー12号を訪ねてください。入った後、2階に上がると、大砲、槍、鎧などのさまざまな武器が展示されている武器博物館を訪れることができます。地下室はかつて刑務所でした。 、そして今ではその一部が拷問器具の展示に使われています。

2日目 | 午後

さて、ここからは間違いなく街の見どころのひとつである火薬塔です。

火薬塔

営業時間: 営業 09:00-21:00

チケット価格: 100 CZK

おすすめ滞在期間: 0.5-1 時間

プラハの旧市街に位置するこの塔は、高さ65メートルの黒いゴシック様式のミナレットがあるプラハのランドマークの1つです。塔のある場所は、かつてプラハの旧市街にあった13の門のひとつでした。塔は、15世紀に門の場所に再建され、今でも城への戴冠式の道の出発点となっています。遠くから見ると塔は真っ暗ですが、中に入ると建物が絶妙なレリーフで飾られており、そのほとんどがボヘミアンの君主とチェコの守護聖人の像です。デザインは、ピーターパーラーによって建てられたカレル橋に触発されました。塔はかつてボヘミアの王の戴冠式に使用されていました。さらに、高さ44メートルの展望台まで186段の階段を上っていきます。ここでは、プラハの旧市街、カレル橋、ヴルタヴァ川、聖ヴィート大聖堂などのパノラマの景色を眺めることができます。しばらくここに立ち寄って、千の塔の街の魅力的な景色を楽しみたいです。

2日目 | 夜

このエリアにもうしばらく残って探索するなら、プラハ マリオット ホテルはリフレッシュできる滞在場所として最適です。

プラハ マリオット ホテル

慌しい一日の終わりには、プラハ マリオット ホテルでおくつろぎください。プラハ マリオット ホテルは、ビジネスでもレジャーでも、プラハでの快適な滞在をご提供いたします。

当施設からプラハ中央駅まで約200m、ヴァーツラフハヴェル国際空港まで約17km、移動に便利です。市内の交通網は充実しており、徒歩圏内には共和国広場駅があります。Hybernska 1036/3 - Sweerts-Spork PalaceやFlyPrague、Kostel Svateho Josefaが付近にあります。

お時間に余裕のあるお客様は、館内の様々な施設をぜひご利用ください。プラハの当施設には、併設の駐車場があります。

清潔度を重視するなら、このホテルがお勧めです。レビューによると、このホテルは市内でも最も清潔なホテルのうちのひとつです。

3日目 | 午前

プラハ国立歌劇場

営業時間: 営業 10:00-18:00

チケット価格: 160 CZK

おすすめ滞在期間: 1-1 時間

プラハ国立オペラハウスは、19世紀後半にチェコ共和国を統治したドイツ人によって建てられました。オペラハウスは非常に豪華な内装で、より伝統的なチェコの舞台芸術である人形劇も頻繁に上演されています。これらの中で最も有名なものは演劇は間違いなくモーツァルトの有名なオペラ「ドンファン」です。人形劇は16世紀のハプスブルク王朝時代から人気があり、当時の人形は実在の人物と同じくらい大きく、ドイツ語で演奏されていましたが、ドイツ語を話さない小さな劇団が他の場所や深遠な業績を上げた田舎、演劇とミュージシャンの脚本家だけでなく、多くの伝統的な民間伝承の物語も保持しています。オペラハウスは1960年から再建するのに10年かかりましたが、今では人形劇やさまざまなオペラ公演が頻繁に行われています。

3日目 | 午後

プラハ国立歌劇場を見終わったら、すぐ近くの旧市庁舎に立ち寄るのがお勧めです。

旧市庁舎

営業時間: 営業 10:00-19:00

チケット価格: 250 CZK

おすすめ滞在期間: 1-3 時間

旧市庁舎は旧市街広場にあり、古い中世の建物の中であまり知られていないものの1つです。旅行の必見の場所として、見逃せないのは、外壁にある有名な天文時計を見て、時計塔に登ってプラハの美しい街の景色を楽しむことです。

3日目 | 夜

旧市庁舎を訪れたあとは、すぐそばにあるオーガスティン, ラグジュアリーコレクションホテル, プラハに泊まるのがお勧めです。

オーガスティン, ラグジュアリーコレクションホテル, プラハ

慌しい一日の終わりには、オーガスティン,ラグジュアリーコレクションホテル,プラハでおくつろぎください。オーガスティン,ラグジュアリーコレクションホテル,プラハは、ビジネスでもレジャーでも、プラハでの快適な滞在をご提供いたします。

Praha-Dejviceから2km、ヴァーツラフハヴェル国際空港から15kmと、交通便利な場所にあります。マロストランスカー駅からわずか数分、お気軽に市内観光にお出かけいただけます。付近にはLesser Town Squareやマラー・ストラナ橋塔、Palacove Zahradyがあり、観光に大変便利です。

お時間に余裕があるお客様には、館内の様々な施設でお過ごしいただくのもお勧めです。プラハの当施設には、駐車場が併設されており、非常に便利です。

お客様のレビューによると、このホテルの施設は最高レベルです。

4日目 | 午前

国立博物館

営業時間: 営業 10:00-18:00

チケット価格: 200 CZK

おすすめ滞在期間: 1-2 時間

国立博物館はプラハの公立博物館であり、チェコ共和国で最大かつ最古の博物館です。コレクションには、歴史、芸術、自然、音楽、その他の分野をカバーする1,400万もの作品があり、数十の建物に配布されています。国立歴史的背景博物館は、ヴァーツラフ広場の最上部にあり、主要な博物館と新しい博物館があります。本館はフランス革命後の1885年に建てられ、チェコの有名なネオルネッサンス建築家ヨゼフシュルツによって管理されていました。建物全体が遠くから見ると巨大な「マッチ箱」のように見え、ネオルネッサンス建築のスタイルがよく表れています。博物館は複数の大砲の洗礼によって被害を受けており、傷ついた建物は素晴らしいです。国立博物館は2011年7月からメンテナンスのため閉鎖されており、2018年に再開されます。新しい建物を訪ねる新しい建物は、2006年に建てられた本館に隣接しています。博物館には常設展示があります-ノアの箱舟。聖書の「ノアの方舟」をテーマに、生物学の知識を駆使して、各駅で自然界の動物を紹介しているユニークな視点は、とても革新的で興味深いものです。

4日目 | 午後

国立博物館を満喫したあとは、近くのストラホフ修道院図書館を訪れてみましょう。

ストラホフ修道院図書館

営業時間: 月曜日-金曜日,日曜日 営業 09:07-17:02

チケット価格: 150 CZK

おすすめ滞在期間: 1-2 時間

ストラホフ修道院神学図書館は、チェコ共和国で最大の修道院図書館です。特に、図書館のドームの壁画は美しく描かれ、人目を引く。ストラホフ修道院を訪ねる神学図書館はストラホフ修道院の一部です。建物全体には、1794年に建てられた哲学室と1671年に建てられた神学室の2つのバロック図書館があります。書籍の総コレクション数は2万冊にも上ります。神学図書館に入ると、空間全体が強いバロック様式でいっぱいで、内部には多くの地球儀や本棚があり、内部のドームのフレスコ画は18世紀の有名な画家によって描かれています。これらは非常に繊細でゴージャスで、強い芸術性を示しています。雰囲気。神学図書館を訪れた後、再び哲学図書館を訪れることができます。空間は神学図書館よりも高く、天井に近づくほどの巨大な本棚があります。同じドームのフレスコ画も鮮やかに描かれています。

*ユーザーのレビューは自動翻訳によるものです。

免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。
>>>
プラハ旅行 3泊4日 おすすめプラン