2024年厄年の早見表!年齢の数え方や控えるべき3つのこと

ライターのプロフィール写真

執筆:Trip.com-JP

2024年厄年の早見表!年齢の数え方や控えるべき3つのこと

「厄年」とは、一般的に人生で特定の年齢に訪れるとされる、災いやトラブルが起こりやすいと考えられる期間のこと。しかし、厄年に対する認識や対処方法は時代と共に変化しており、現代ではその意味合いや取り組み方も多様化しています。厄年をどのように捉え、どのように過ごすべきでしょうか。

この記事では「厄年」に関してわかりやすく解説します。

2024年(令和6年)男性の厄年・早見表

年齢前厄(年/干支)本厄(年/干支)後厄(年/干支)
24歳2001年/へび25歳/2000年/たつ26歳/1999年/うさぎ
41歳1984年/ねずみ42歳/1983年/いのしし43歳/1982年/いぬ
60歳1965年/へび61歳/1964年/たつ62歳/1963年/うさぎ

2024年(令和6年)女性の厄年・早見表

年齢前厄(年/干支)本厄(年/干支)後厄(年/干支)
18歳2007年/いのしし19歳/2006年/いぬ20歳/2005年/とり
32歳1993年/とり33歳※/1992年/さる34歳/1991年/ひつじ
36歳1989年/へび37歳/1988年/たつ38歳/1987年/うさぎ
60歳1965年/へび61歳/1964年/たつ62歳/1963年/うさぎ

そもそも厄年とは?

そもそも厄年とは?

厄年とは、人生で数回訪れるとされる特別な年のこと。不幸や災難が降りかかりやすいと考えられていますが、過度に不安になる必要はありません。本来、厄年は還暦などの「年祝い」と同様におめでたい年とされ、男性の25歳や女性の19歳など人生の節目を迎える年齢でした。江戸時代になると、厄年になると家庭を持つなど成人として認められる時期であり、お祝いの対象だったのです。

近年では、厄年は就職や結婚などのライフステージの変化や健康の変化が起きやすい年とされてきました。そのため、予期せぬトラブルに注意が必要とされる時期です。この考えは先人たちの教えに基づき、大切な時期を平穏に過ごすための注意喚起として生まれました。

厄年の数え方

厄年の数え方

厄年の数え方は、日本の伝統的な年齢の数え方に基づいています。生まれた年を1歳と数え、その後毎年1歳ずつ加算していく「数え年」で計算されます。つまり、生まれた年を含めて数えるため、西洋式の年齢計算法で言う「満年齢」より1歳多くなります。たとえば、西洋式で24歳の時が日本の数え方では25歳にあたり、男性の本厄となります。厄年には本厄の前後1年を「前厄」「後厄」と呼び、これらの年も注意が必要とされています。

なお、2024年(令和6年)の厄年ですが男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳が本厄とされています。

2024年(令和6年)の厄年早見表

2024年(令和6年)の厄年早見表

厄年は数え年で男性の25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳・61歳になる1年間のことを呼びます。本厄の前年を「前厄」、後年を「後厄」としてそれぞれ3年間の注意を促す期間といわれています。

中でも、男の42歳、女の33歳は「大厄」と呼ばれており、特に注意が必要な年齢。厄年になると人生の変化や転機が訪れる人が多く、体調や精神的にも落ち着かないことが増えると言われています。

男性の厄年・早見表

※42歳が大厄とされています。

年齢前厄(年/干支)本厄(年/干支)後厄(年/干支)
24歳2001年/へび25歳/2000年/たつ26歳/1999年/うさぎ
41歳1984年/ねずみ42歳※/1983年/いのしし43歳/1982年/いぬ
60歳1965年/へび61歳/1964年/たつ62歳/1963年/うさぎ

女性の厄年・早見表

※33歳が大厄とされています。

年齢前厄(年/干支)本厄(年/干支)後厄(年/干支)
18歳2007年/いのしし19歳/2006年/いぬ20歳/2005年/とり
32歳1993年/とり33歳※/1992年/さる34歳/1991年/ひつじ
36歳1989年/へび37歳/1988年/たつ38歳/1987年/うさぎ
60歳1965年/へび61歳/1964年/たつ62歳/1963年/うさぎ

厄年の歴史について

厄年の歴史について

厄年の概念は、日本の長い歴史の中で形成されたものです。古くは中国の道教の影響を受け、日本独自の宗教観や文化の中で育まれました。江戸時代には25歳の男性や19歳の女性は成人として社会的な地位を得る年齢とされ、おめでたい年として扱われていました。

現代において、厄年は人生の変化が多い時期として注意を払い、健康や安全に留意するべき時期とされています。厄年は時代とともにその意味合いが変わりながらも、日本人の生活に根ざした習慣として受け継がれています。

厄年によくある3つの誤解

厄年によくある3つの誤解

「厄年」というと、恐ろしい年を想像してしまう人が多いかもしれません。極端に厄年を恐れてしまうと必要以上のトラブルが降りかかる可能性がありますので、深く考え込まないようにしましょう!

1.悪いことが起きる年ではない

厄年が「不運な年」とされることがありますが、これは誤解です。厄年は人生の転機や変化が多い時期とされており、それによって生じる心身のバランスの乱れやストレスを意味しています。つまり、厄年は不運をもたらす年ではなく、自身の健康や生活を見つめ直す良い機会と捉えてください。決して、厄年の方が不運に見舞われるわけではありません。

2.大きな決断をしても問題ない

厄年には新しいことを始めたり、大きな決断を避けるべきだとされがちですが、これも誤解です。実際に、厄年に重要な決断を下すこと自体に特別な問題はありません。大切なのは、普段以上に慎重に考えて十分な準備をすることです。厄年を機に、自己成長や新たな挑戦を考えるのも良いでしょう。

3.特定の年齢だけが厄年ではない

一般的に厄年は特定の年齢にのみ関連すると思われがちですが、実はそれ以外の年齢でも「小厄」とされる時期があります。小厄は一般に知られている厄年よりも影響が軽いとされますが、これも人生の節目と捉えられます。つまり、厄年は特定の年齢に限らず、人生の様々な時期に注意を払うきっかけになるでしょう。決して特定の年齢だけが厄年ではありません。

厄年にするべき3つのこと|男女共通

厄年にするべき3つのこと|男女共通

1.神社での厄払い

厄年には神社で厄払いを行うことが一般的です。この儀式は災いを祓い、幸運を願う目的で行われます。とくに本厄を迎えた人は、地元の神社や有名な神社で厄払いを受けることで心身ともにリフレッシュし、前向きな気持ちで一年を過ごせるでしょう。

2.健康管理の徹底

厄年は健康に特に注意を払う年とされています。定期的な健康診断を受けることやバランスの取れた食事、適度な運動を心がけることが重要です。また、十分な睡眠やストレス管理も健康維持には欠かせません。普段と異なる症状があれば迅速に医療機関を受診するなど、積極的な健康管理を行うことが推奨されます。

3.心の余裕を持つ

厄年は精神的なバランスを保つことが大切です。リラックスできる趣味や娯楽を持つことで、心の安定を図りましょう。家族や友人とのコミュニケーションを大切にし、心の支えとなる人間関係を築くことも重要です。困難に直面したときも冷静かつ柔軟に対応することで、厄年を乗り越える力になります。

厄年に控えるべき3つのこと|男女共通

厄年に控えるべき3つのこと|男女共通

1.過度なストレスや無理をする

厄年は心身のバランスが崩れやすいとされるため、過度なストレスや無理は避けるべきです。極端な仕事の負担や過密なスケジュールを組む、過剰な運動など身体に負担をかける行動は控えましょう。代わりに適度な休息を取り、リラクゼーションや趣味などでリフレッシュする時間を持つことが重要です。

2.厄年を気にしすぎる

厄年に不安を感じすぎることは避けましょう。過度に厄年を意識しすぎると、逆にストレスや不安を増大させる原因になります。厄年はあくまで注意を促すものであり、それに振り回される必要はありません。日常生活をポジティブに過ごし、無理なく自然体でいることが、厄年を上手に乗り越える秘訣です。

3.暴飲暴食をする

厄年中はとくに健康管理に気をつけるべきです。暴飲暴食は健康を害するだけでなく、精神的なバランスを崩す原因になります。バランスの良い食事を心がけ、過度のアルコール摂取や不健康な食生活は控えましょう。健康的な生活習慣を維持することで、心身共に厄年を健やかに過ごせます。

厄年の厄除けにおすすめの全国のお寺・神社10選

1.北海道神宮|北海道

1.北海道神宮|北海道

北海道神宮は札幌市にある神社で、自然豊かな環境の中で厄除けの祈祷が受けられます。新年の初詣や節分祭などの行事も盛大で、多くの参拝者で賑わいます。厄年の方には特別な厄除け祈祷が行われ、身心の浄化と安全を祈願します。

住所北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
連絡先011-611-0261
祈祷初穂料5,000円~
アクセス方法JR札幌駅から地下鉄で「円山公園駅」下車、徒歩約15分
公式URL北海道神宮公式サイト

2.鹽竈神社|東北

2.鹽竈神社|東北

東北地方にある鹽竈神社は海の神様を祀る神社として知られ、特に航海の安全や海産物の豊穣を祈る場所として親しまれています。厄除けの祈願も行われており、多くの人が訪れるパワースポットです。

住所宮城県塩竈市一森山1−1
連絡先022-367-1611
祈祷初穂料5,000円~
アクセス方法JR仙石線 本塩釜駅より表参道まで徒歩約15分
公式URL鹽竈神社公式サイト

3.佐野厄除大師|関東

3.佐野厄除大師|関東

関東地方の佐野市にある佐野厄除大師は、厄除けで有名な寺院です。特に初詣や節分会などの行事時には多くの参拝者で賑わい、厄払いや安全祈願のために訪れる人が絶えません。

住所栃木県佐野市金井上町2233
連絡先0283-22-5229
祈祷初穂料¥3,000~
アクセス方法東武佐野線「佐野市駅」下車、徒歩約15分
公式URL佐野厄除大師公式サイト

4.深大寺|東京

4.深大寺|東京

東京都調布市にある深大寺は、自然に囲まれた歴史ある寺院です。厄除けの祈祷はもちろん、参拝者には精神的な安らぎを提供します。この地に足を踏み入れるだけで、日常の喧騒から離れた穏やかな気持ちになれるでしょう。

住所東京都調布市深大寺元町5-15-1
連絡先042-486-5511
祈祷初穂料¥3,000~
アクセス方法京王線「調布駅」からバスで「深大寺」下車、徒歩約5分
公式URL深大寺公式サイト

5.静岡浅間神社|中部地方

5.静岡浅間神社|中部地方

静岡県に位置する静岡浅間神社は、富士山を背景に持つ美しい神社です。ここでは厄年の方を対象とした厄除け祈祷が行われ、多くの参拝者が訪れます。神聖な雰囲気の中で行われる祈祷は心身の浄化に効果的です。

住所静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
連絡先054-245-1820
祈祷初穂料¥5,000~
アクセス方法JR静岡駅からバスで「浅間神社前」下車、徒歩約1分
公式URL静岡浅間神社公式サイト

6.門戸厄神東光寺|近畿地方

6.門戸厄神東光寺|近畿地方

兵庫県にある門戸厄神東光寺は、特に厄除けで有名な寺院です。ここでは年間を通じて厄払いや安全祈願の儀式が行われ、多くの参拝者が訪れます。特に厄年には多くの人が訪れ、厄除け祈祷を受けることができます。

住所兵庫県西宮市門戸西町2番26号
連絡先0798-51-9090
祈祷初穂料¥5,000~
アクセス方法阪急宝塚線「門戸厄神駅」下車、徒歩約5分
公式URL門戸厄神東光寺公式サイト

7.由加神社本宮|中国地方

7.由加神社本宮|中部地方

岡山県倉敷市にある由加神社本宮は、古くから厄除けの神様として信仰されています。美しい自然に囲まれたこの神社では、厄年の方々が安全と健康を祈願して訪れます。ここで行われる厄払いの儀式は、訪れる人々に心の安らぎを与えます。

住所岡山県倉敷市児島由加2852
連絡先086-477-3001
祈祷初穂料¥3,000~
アクセス方法萩バスセンターからバスで「由加神社前」下車、徒歩約1分
公式URL由加神社本宮公式サイト

8.出雲大社|中国地方

8.出雲大社|四国地方

島根県にある出雲大社は、縁結びや厄除けで有名な神社です。その歴史と格式のある雰囲気は、多くの参拝者を魅了しています。ここではとくに厄年の方が厄払いや安全祈願のために訪れ、神聖な雰囲気の中で祈りを捧げます。

住所島根県出雲市大社町杵築東195
連絡先 0853-53-3100
祈祷初穂料¥3,000~
アクセス方法JR出雲市駅からバスで「出雲大社前」下車、徒歩約5分
公式URL出雲大社公式サイト

9.若八幡宮|九州地方

9.若八幡宮|九州地方

福岡県に位置する若八幡宮は、九州地方で人気の厄除けスポットです。ここでは厄年の方々に特化した祈祷が行われ、多くの人々が心身の浄化を求めて訪れます。自然豊かな環境の中で行われる祈祷は、参拝者に大きな安心を提供します。

住所博多区博多駅前1-29-47
連絡先092-431-1391
祈祷初穂料¥3,000~
アクセス方法JR若宮駅から徒歩約10分
参考URL若八幡宮

10.波上宮|沖縄

10.波上宮|沖縄

沖縄県那覇市にある波上宮は沖縄最古の神社であり、長い歴史と伝統を持っています。この神社は海の神様を祀り、特に航海安全や漁業の豊穣を祈る神社として知られていますが、厄除けや健康祈願にも力を発揮します。美しい海に囲まれた神聖な空間で、心身の浄化と厄払いの祈願が行えるため、厄年の方に特におすすめです。

住所沖縄県那覇市若狭1丁目25−11
連絡先098-868-3697
祈祷初穂料¥3,000~
アクセス方法モノレール「旭橋駅」下車、徒歩約15分
公式URL波上宮公式サイト

厄年は決して悪いことではない

10.波上宮|沖縄

厄年は多くの人が不安に感じることがあるものの、決して悪いことではありません。むしろ人生の節目として自己の生活や健康に目を向け、改めて見つめ直す機会と捉える良い機会です。新たなスタートを切るきっかけとして、厄年を積極的に捉えていきましょう。

ちょっと気分転換するなら、やっぱり旅行がおすすめです。旅行を通じて心身をリフレッシュできますよ。様々な目的地やプランを提供しているTrip.comで旅行を計画して、厄年を充実した一年にしましょう!

免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。