2022年のお盆休みはいつからいつまで?

by Trip.com-JP

☆初夏のセール実施中☆

初夏のセール

2022年(令和4年)お盆休みはいつからいつまで? 最大11連休も!?

お盆 休み

🎁2泊以上8%限定割引クーポン🎁

最低利用金額制限なし!

割引金額上限なし!

先着100名様限定!

社会人が大型連休を取ることができるのは、ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始休暇などがありますよね。その「お盆休み」にあたる「お盆」ですが、一般的にはいつからいつまでを指すのでしょうか?それは、8月13日から16日までの4日間がお盆とされています。13日に迎え火で祖先の霊を迎え(盆入り)、16日に送り出す(盆明け)までの期間を一般的には「お盆期間」と言います。

ただし、日本の会社では、その前後の土日と有給休暇をうまく利用して、長期間のお盆休みを取る方もいらっしゃります。

更に、2016年より、8月11日は「山の日」として祝日となりましたので、元々8月13日~16日がお盆休みですから、12日に有給休暇を取得すれば、8月11日から16日までは6連休とすることが可能です。

また、人によっては、更に8月8日~10日までも有給休暇とし、その前後の土日も合わせて、8月6日から8月16日までをお盆休み期間とすれば、最大11連休を取得することも可能です。

ただし、近年は、混雑の緩和のために「7月から9月の間に、どこかで4日間お盆休みを取っていいですよ」というような形でお盆休みを与えている会社も増えてきており、以前に比べると「お盆休みなので、全国皆が一斉に休暇を取る」という風習は薄れてきているようです。

とはいえ、小さなお子様がいらっしゃる方などは、実際にお盆休み期間に休暇を取り、帰省する方もいらっしゃるようです。

そもそも「お盆」って何なの!?

お盆 休み

(出典:Atul Vinayak/Unsplash)

「お盆」の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」で、色々と諸説はありますが、サンスクリット語で「逆さ吊り」を意味する「ウラバンナ」の音から来た、という説が最も有力で、祖先の霊を呼び寄せ、供養する行事として、日本全国広い範囲で行われています。

お盆期間は、通常、夏の4日間に渡り、初日を「盆の入り(迎え火)」、最終日を「盆明け(送り火)」と呼びます。

お盆の期間になると、各家庭では精霊棚(しょうりょうだな・盆棚と呼ぶ家もあります)にお供えをし、火を焚いて祖先の霊を迎え入れます。

つまりはお盆とは「ご先祖様が子孫の家にいる家に帰ってくる時期」とも捉えることができるのです。

また、家にお坊さんを招き、棚経といい、お経をあげてもらい、家族や親戚みんなでお墓参りをした後に、最後に火を焚いて祖霊を送り返します。お盆期間の4日間は、ご先祖様の霊がこの世に戻ってくる機関として、日本では、古くからとても大切な行事とされていましたが、ただ、戦後、都会へ移住する方が増え、核家族化なども進んでおりますので、都心部では、近年は「お盆」の風習が薄れているご家庭もあるようです。一方で、地方都市へ行けば、まだまだ古い風習が残っていますので、「お盆」を1年のうちの大きな行事として捉えているご家庭も多いようです。

お盆の風習って何があるの?

お盆 休み

(出典:Atul Vinayak/Unsplash)

「お盆の風習」とはいえ、その土地その土地や、更には、その家その家で、風習は様々ですが、ここでは、一般的な日本のお盆の風習に関してご紹介させていただけたらと思います。また、現在では、随分とお盆の過ごし方も見直され、地方都市であっても、年々、お盆行事を省略する家も出てきていますが、ここでは古くからの伝統も交えて、ご紹介させていただけたらと思います。

☆モバイル割クーポン☆

モバイル割クーポン

送り火・迎え火

お盆のはじまりと終わりを告げる行事である「迎え火」と「送り火」は、先祖の霊を家に迎え入れるための目印として、「麻幹(オガラ)」と呼ばれる皮を剥いだ麻の茎に火をつけます。一般的には、8月13日の夕方に野火を焚くのが「迎え火」で、8月16日の夕方にあの世に帰っていく霊を見送るための火が「送り火」です。ただし、現在では家の庭先など、野外で火を焚くことが難しくなってきているため、仏壇など、家の前に飾る盆提灯の点灯で送り火や迎え火の代わりにしているご家庭も多いようです。

毎年、京都で行われる伝統行事「五山の送り火」(大文字焼)なども、その名の通り、精霊を見送る送り火の一つです。地方によっては「奈良大文字送り火」など、8月15日に行うところもあります。

精霊馬(しょうりょううま)

エリアにより、精霊馬の使い方が少しずつ異なりますが、一般的に、東日本の地域では、ナスやキュウリといった野菜に割り箸などを差し込み、動物のような形のお供え物をすることが多いです。これは「精霊馬」と呼ばれ、お盆のお供え物の一つであります。キュウリは、少しでも早く先祖をお迎えしたいという思いから足の速い動物である「馬」を、ナスは、反対に、少しでも長い間先祖がこちらに居られるように、という思いを込めて、ゆっくりと進む「牛」に見立てています。これらを家の外に置く地域もあれば、中には仏壇前に、精霊棚と呼ばれる棚を用意する慣習のある家もあり、こちらも、先祖の精霊を迎えるためのもので、仏壇の周りには位牌を置き、季節の野菜や果物、故人の好きな食べ物や落雁などが飾られます。この「精霊棚」の飾りの一つに精霊馬を使う地区もあります。

精霊流し(しょうりょうながし)

長崎県をはじめとする、九州の一部の地区では死者への弔いとして「精霊流し」と呼ばれる行事を現在でもしています。亡くなった人の霊を弔うために手作りの船を街中で引いて回り「流し場」と呼ばれる場所まで運んで、送り出すという行事です。

ちなみに「精霊流し」と「灯篭流し(とうろうながし)」はまた別のものですので、注意が必要です。また、夏の長崎といえば、原爆が落とされた歴史があるので「精霊流し」も、被爆者を弔うものと混同されることがありますが「精霊流し」はあくまでもお盆の行事であります。さらに、灯篭流しはお盆の時期だけではなく、毎年8月6日に広島で行われる「ピースメッセージとうろう流し」などもあり、こちらは、原爆死没者の霊を慰めるために行っており、その他にも水難事故の犠牲者を悼むために行われるための行事もあります。

盆踊り

最近では「夏祭り」のようなイメージが強く、単なる「レジャー」として捉えている人も多くなってしまっていますが、そもそも盆踊りとは、お盆の時期にお迎えしたご先祖様の霊をもてなし、一緒に過ごして送り出すための行事です。

現在では、夏のイベントの一つとして、あちこちで行われていますが、実際にはただの「フェスティバル」や「祭り」ではなく、盆踊りは神聖な行事です。盆踊りの由来は、仏教の「念仏踊り」から来ているとされています。この念仏踊りは、自分自身で念仏を唱えながら踊るもので、その後、踊る人と念仏を唱える人に分かれた「踊り念仏」に発展しました。

これらの民族芸能がお盆の風習と結びつき、現在の盆踊りへと発達しました。ちなみに、お盆にちなみ、8月15日に踊り、16日にご先祖様の霊を送り出す、というが本来の「盆踊り」です。実際には、室町時代に始まったものであり、500年近くの歴史を持つ厳かな行事の1つであるといえます。

どうして「お盆」の期間が地域や年度により異なるの?

お盆 休み

(出典:Seiya Maeda/Unsplash)

☆週末限定タイムセール実施中☆

週末限定!タイムセール

お盆休みは地域によって期間が異なります

社会人の休暇としての「お盆休み」は基本的に8月に消化されていますが、風習としての「お盆」は7月に迎える地域と8月に迎える地域、そして、年度によっては9月に迎える地域もあります。

毎年のカレンダーにより会社の「お盆休み期間」は前後します

また、会社の休暇である「お盆休み」は、毎年、その前後の土日や、祝日である8月11日とくっつけて大型連休にし、「お盆休み」としての休暇を取るパターンが多いので、その年のカレンダーにより、毎年、お盆休み期間は前後します。

「お盆」の期間は全国で3つのパターンがあります

お盆 休み

(出典:Aphriell Art/Unsplash)

地域によって「お盆休み」の風習は様々ですが、基本的には3つのパターンがあると言われています。

元々、お盆という行事は旧暦(太陰暦)7月15日の「中元節(ちゅうげんせつ)」の日に祝われていました。元々は中国から伝わったもので、「お中元」の由来にもなった道教の行事の1つです。

ところが、日本では明治時代に新暦(太陽暦・グレゴリオ暦)が採用され、それ以降「お盆」の期間は地域により、大きく3つの時期に分かれました。

新暦8月(月遅れの盆)にお盆を迎える地域の場合

こちらを採用している地区が全国でもほとんどです。新暦8月のお盆は、新暦7月の新盆に対して「月遅れの盆」と呼ばれることもあります。基本的に、現在の日本のカレンダーの「お盆休み」と重なっています。

こちらのお盆期間ですと、毎年8月13日から8月16日までとなります。

新暦7月(新盆)にお盆を迎える地域の場合

東京や横浜、静岡などでは新暦の7月にお盆を迎える風習があります。
日程は、毎年7月13日から7月16日までと決まっています。

旧暦の7月(旧盆)にお盆を迎える地域の場合

こちらは沖縄地方などのごく一部の地域で採用されています。

沖縄地方などでは、今でも旧暦に基づいて行事が催されることが多く、現在でも旧暦の7月、いわゆる「旧盆(きゅうぼん)」にお盆を迎えるところがあります。

旧暦では、7月13日から15日(地域によっては16日まで)がお盆(旧暦)ときまっていますが、これを現在のカレンダーに当てはめると、年度により、日程には多少の前後があります。旧暦では、月の満ち欠けによって暦を定めているからです。

2022年の場合は、日本のカレンダーに合わせるとお盆期間は8月10日から12日(地域によっては13日まで)となり、2020年はカレンダー上のお盆休みと比べると半月以上の、2021年には一週間程度のずれがありましたが、2022年は実際の「お盆」期間と同じ時期となります。

お盆休みにやっているサービスとやっていないサービスは?

「お盆休み」というと、レジャーや旅行に行く方もいらっしゃりますが、一方で「家でリラックスして過ごしたい」などの方もいらっしゃります。そんな際に気になるのが施設やサービスのお休みです。普段、なかなか平日は休みを取ることができない方にはうってつけの機会となることもあります。

そんな際に気になるのが、施設やサービスのお休みです。普段と異なる営業になっているところもあるので、事前に注意をしておきましょう。

ちなみに、銀行は基本的にはカレンダー通りですので、平日は営業しています。また、郵便局や市区役所・町村役場もお盆休みはなく、カレンダー通り営業しています。普段なかなか平日の窓口に行けない人にはとてもラッキーなチャンスとなるでしょう。

気を付けたいのが、病院や歯医者などの診察日です。大きな病院と小さな病院では異なりますが、一般的なお盆休みの期間に合わせて長期休暇を取るところも少なくないので、あらかじめ注意をしておきましょう。普段お薬をもらっている方は、事前に多めにもらっておく、日ごろ体調が悪い人は予め診察を受けておく、など、注意が必要です。お盆期間の診療スケジュールは各病院が出す案内を事前に確認しておくこととしましょう。

☆初夏のセール実施中☆

初夏のセール

まとめ

会社で働くサラリーマンにとっては、長期休暇としてのイメージが強い「お盆休み」ですが、その由来や伝統には様々なものがあり、今でも地方都市に行くと、昔ながらの「お盆休み」の風習が残っています。

今回は2022年のお盆休み期間と合わせ、「お盆休み」に関して、少し詳しく説明させていただきました。

しかし、社会人になると、なかなか長期休暇を取ることは難しいので、うまく有給休暇と合わせ、長期休暇を取り、計画的に旅行に行くなど出来たら良いですね!

新型コロナウィルスに気を付ける必要はありますが、2022年の長期休暇のスケジュールは出ていますので、それに合わせ、楽しく旅行に行く計画を立てませんか?

免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。