JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード
> >
マニラ行き格安航空券

マニラ行き航空券の最安値

  • 東京 マニラ

    10月30日(水) 発

    最安値 26,036円
  • 大阪 マニラ

    10月30日(水) 発

    最安値 14,376円
  • 名古屋 マニラ

    10月30日(水) 発

    最安値 21,740円
  • 福岡 マニラ

    10月30日(水) 発

    最安値 19,316円
  • 名古屋 マニラ

    10月24日(木) 発

    最安値 17,904円
  • 東京 マニラ

    10月29日(火) 発

    最安値 19,285円

大人1名料金(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

よくあるご質問:

マニラ行きの航空券の相場は?

52,601円です。 ※この価格は随時に変動するため、目安として参考にしてください。

マニラ行き航空券の高い時期はいつですか?

10月です。10月にマニラ行きの航空券の平均価格は52,339円です。

マニラ行き航空券の安い時期はいつですか?

8月です。8月のマニラ行き航空券の平均価格は69,002円です。

マニラ周辺の空港は?

ニノイ・アキノ国際空港 です。

マニラ行きで最も人気のある航空会社はどこ?

セブパシフィック航空 フィリピン・エアアジア フィリピン航空です。

マニラ行き格安航空券について

Trip.comでは、マニラ行き格安航空券を24時間リアルタイムで、どこでも気軽に検索できます。日系航空会社をはじめ、多数の航空会社を取り扱っています。各社のマニラ行き格安航空券比較して、最安値で予約しましょう。

マニラ行き航空便の最新情報やリアルタイムの価格、所要時間、発着時刻なども確認できますので、格安航空券を見つけるのがとても簡単です。Trip.comでは、マニラ行き格安航空券だけではなく、ホテルやレンタカー、観光チケットなどを含むパッケージ商品など、お得な商品も豊富に取り揃えております。是非お試しください。

マニラ行きの飛行機時刻表

便名・航空会社 出発
到着
路線 週間スケジュール
13:15 NRT 17:05 MNL
東京発 マニラ行き 最安値を見る
11:15 BKK 15:50 MNL
バンコク発 マニラ行き 最安値を見る
01:35 SIN 05:20 MNL
シンガポール発 マニラ行き 最安値を見る
00:45 ICN 04:05 MNL
ソウル発 マニラ行き 最安値を見る
12:20 SYD 17:50 MNL
シドニー発 マニラ行き -- 最安値を見る
18:50 SIN 22:45 MNL
シンガポール発 マニラ行き 最安値を見る
02:15 TPE 04:30 MNL
台北発 マニラ行き 最安値を見る
09:55 HKG 12:10 MNL
香港発 マニラ行き 最安値を見る

マニラ行きフライト情報

入国に必要な書類

フィリピン入国時には、入国カードと税関申告書の提出が求められます。いずれも機内で配布されるため、あらかじめフライト中に記入しておくと入国審査がスムーズです。

フライト時間

日本国内からマニラまでの直行便は、新千歳・成田・羽田・関西・中部、そして福岡の6空港とニノイ・アキノ国際空港間に就航しています。フライト時間は福岡・関西・中部空港からは約3時間55分~4時間15分、成田・羽田は約4時間35~50分、新千歳は約5時間45分です。(ニノイ・アキノ国際空港は大手航空会社と一部のLCCが発着しています。)

航空券の相場

マニラまでの航空券の相場は約5万円です。ゴールデンウィークやお盆、そして年末年始は航空券が年間を通じて最も高額になります。反対に1月中旬~2月、夏休み前の6~7月や連休明けの9~10月はリーズナブルに購入できる可能性が高いです。

旅行のベストシーズン

熱帯性気候のフィリピンは年間平均気温が約26℃もある、常夏の国です。季節は乾季(1~5月)と雨季(6~12月)に分かれています。雨季はスコールに見舞われることも多いので、旅行をするなら乾季の1~5月がおすすめです。8~11月は台風が多いのでなるべく避けた方がいいでしょう。

おすすめの観光スポット

ルソン島に位置するフィリピンの首都・マニラは、かつてスペインの植民地だったことから、現在もスペインの名残を感じられるスポットがたくさん残っています。特にスペイン統治時代の邸宅を忠実に再現したカーサ・マニラ博物館は有名です。また、世界遺産に登録されているサン・アグスティン教会はフィリピン最古のバロック様式の石造教会で、観光客が絶えません。1571年から150年もの月日をかけて建てられたサンチャゴ要塞では、戦争の歴史を学ぶことができます。

リゾート気分を味わいたいのであればマニラ湾やマニラオーシャンパークに行ってみましょう。マニラ湾の夕日は世界三大夕日のひとつに数えられているほど美しく、マニラオーシャンパークでは水族館だけではなく飲食やショッピングも満喫できます。

主要空港から都心部へのアクセス方法

マニラのニノイ・アキノ国際空港からマニラ都心部へのアクセスは、タクシーまたはバスがおすすめです。タクシーはぼったくりも多いので、白い車体のレギュラータクシーか黄色のイエロータクシー、またはGrab(配車アプリ)を選びましょう。主要部までの所要時間は20~30分程度です。

エアポートループバスはタクシーに比べると大変リーズナブル。バクララン、エドサ駅、タフトアベニュー駅、そして空港間を循環しています。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早い便は、成田国際空港(NRT)を9時30分に出て、マニラのニノイ・アキノ国際空港(MNL)に13時10分に到着する直行便です。また、中部国際空港(NGO)を9時30分に出てニノイ・アキノ国際空港(MNL)に12時40分に到着する直行便もあります。

・一番遅いフライト

一番遅い便は、成田国際空港(NRT)を21時25分に出て、ニノイ・アキノ国際空港(MNL)に翌1時15分に到着する直行便です。また、中部国際空港(NGO)を21時25分に出て、ニノイ・アキノ国際空港(MNL)に翌0時35分に到着する直行便もあります。

※航空会社などにより、スケジュールが変更される可能性があります。

マニラの基本情報

マニラの基本情報

・国名:フィリピン共和国

・宗教:カトリックが約80%を占めています。

・言語:英語、タガログ語など

・気候:年間平均気温は約26℃で1年を通じて半袖で過ごせます。6~12月は雨季にあたるため、雨具があった方がいいでしょう。

・時差:-1時間 ※日本よりも1時間遅い

・ビザ:30日以内の滞在であれば不要、パスポート残存期間は滞在日数+6ヶ月必要です。また、未使用査証欄が見開きで2ページ以上あるようにしておきましょう。

マニラの注意点

・治安:決して良いとはいえず、スリやひったくり、詐欺は日常茶飯事なので、荷物には常に注意を払う必要があります。夜道の一人歩きは避けましょう。

・飲料水:水道水は飲料に適さないので、ミネラルウォーターを購入しましょう。

・マナー:特に難しいマナーはありませんが、政治や宗教を安易に批判する発言は避けましょう。

・喫煙:一部のエリアで禁煙条例が施行されていて、そこで喫煙すると罰金対象となります。

・チップ:チップの習慣があり、タクシーでは運賃の10%程度、ポーターには荷物1個につき20円程度を渡しましょう。高級レストランなど、サービス料が含まれているところであればチップは不要です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

マニラへの旅行

マニラは、毎年多くのビジネスマンや観光客が訪れる魅力的な都市です。Trip.comがマニラへの旅の計画をお手伝い致します。Trip.comには航空券やホテル情報が満載、オンライン予約も迅速&簡単!!

思い出に残る旅

Trip.comで、マニラへの旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。

Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip