おすすめホテル

よくあるご質問:

横浜の穴場観光情報とホテル・旅館ガイド

横浜のホテル・宿泊施設情報

横浜は、関東地方神奈川県の東部に位置する都市で、北は川崎市、北西は東京都町田市、西は大和市、南は藤沢市と逗子市に隣接しています。主要都市である横浜駅はJR東海道本線・横須賀線・京浜東北線、京浜急行線、相鉄本線、東急東横線、横浜市営地下鉄、みなとみらい線の6社8線が乗り入れています。横浜市で新幹線が到着する駅は、新横浜駅です。横浜市に空港はないため、飛行機で地方にアクセスする場合は、東京の羽田・成田空港を利用します。横浜市の東部には東京湾に面する横浜港があります。横浜港は、江戸時代にペリーが黒船に乗って来航し、日本の鎖国を解くきっかけとなった歴史的な場所です。1959年に外国貿易を目的として開港して以来、日本の首都東京の商業や京浜工業地帯を支える総合港として成長してきました。2020年度には大型船7隻同時着岸を可能にするよう工事が進んでおり、今後は日本の国際貿易の中心地として商業・工業・観光を支える巨大港への発展が注目されています。

横浜の旅行シーズン

横浜は太平洋に面する暖温帯の気候です。年間を通じて比較的穏やかで、雪はあまり降りません。ベストシーズンは桜が見ごろの4~5月と、紅葉に色づく10~11月です。6~7月は梅雨、8~9月は台風のために雨が降りやすく湿度が高くなります。35℃以上の猛暑日も多いことから夏の観光は雨対策と熱中症対策をしっかりしましょう。マリンレジャーを楽しむ際にも水分補給は忘れないことが大切です。12~3月は数日氷点下になりますが、横浜市内は交通網が発達しているうえ、商業施設や室内リゾート施設も多いため、しっかりと防寒対策をしていれば問題なく観光を楽しむことができます。ただし横浜港近郊は海風を遮る建物がない場所で突風が吹くことがありますので、ご注意ください。

横浜へのアクセス

  • 東京から

    高速バスでは、東京駅八重洲南口から東名江田までは所要時間約33分、料金は2,990円~。車では、東京駅から東海道線で所要時間約25分、料金は片道480円。

  • 大阪から

    飛行機では、大阪伊丹空港から直行便で羽田空港まで所要時間約1時間5分、料金は片道10,689円~。高速バスでは、大阪梅田から横浜駅スカイビルまで所要時間約8時間45分、料金は片道2,810円~。列車では、新大阪駅から東海道山陽新幹線のぞみで新横浜駅まで所要時間約2時間8分、料金は指定席片道13,870円~。

  • 福岡から

    飛行機では、福岡空港から直行便で羽田空港まで所要時間約2時間、料金は片道5,374円~。高速バスはありません。列車では、博多駅から東海道山陽新幹線のぞみで新横浜駅まで4時間28分、指定席片道22,860円~。※横浜に飛行機で直接アクセスはできませんので、東京の羽田空港・成田空港をご利用ください。羽田空港から空港リムジンバスで横浜駅まで所要時間約30分、料金は片道590円。成田空港から空港リムジンバスで横浜駅まで所要時間約1時間40分、料金は片道3,700円。

横浜の観光情報

横浜のおすすめ温泉・露天風呂

天然温泉 SPA EAS(スパイアス)

横浜駅西口から徒歩5分に立地する総合リラクゼーション施設です。18歳以上を対象とした大人の癒し空間で、天然温泉を露天風呂や様々なアトラクションバスで楽しめます。サウナやアロマの蒸気と熱気を受けられる「ロウリュウ」は、疲労回復とストレス発散に効果があると人気のイベントで、1回約8分間で毎日10回開催されています。施設内には温泉のほか、岩盤浴やカフェ・レストラン、リラクゼーションスペースが揃っています。コミックコーナーには約3,700冊もの雑誌やコミックを自由に読めるため、飽きることがありません。また、女性専用スペースがあるため、女性一人で訪れても安心です。営業時間は10時30分~翌朝8時で、一般入館料は平日2,345円~で、入湯税が別途100円かかります。

INSPA(インスパ)横浜

「大人のための隠れ家リゾート」を謳う総合リラクゼーション施設です。横浜港にほど近い立地にあるため、展望テラスではオーシャンビューを楽しめます。お酒を飲みながらスポーツ観戦が楽しめる大スクリーンや、ダーツのできるカフェ&バーではイベントも定期開催されており、大人の遊び場として人気があります。インスパまでの無料送迎バスが5駅から出ていますが、最も近いのはJR東神奈川駅・京急東神奈川駅です。横浜市営バスを利用する場合は、大人一律220円で約10分かかります。営業時間は10時~23時で、レギュラー入館は2,530円~となります。毎月第3木曜日は休館です。

天然温泉 満天の湯

東海道宿場町をイメージして作られた満天の湯は、人に優しいバリアフリー構造になっているほか、キッズコーナーもあるため、老若男女が楽しめる温泉施設です。天然温泉を楽しめる8種の露天風呂と12種の内風呂があります。アメニティが充実しているので、手ぶらで行くことも可能です。温泉のほか、マッサージの受けられる「ほぐし処」や髪を整えられる「髪剪處」もあるため、家族でリフレッシュするのに訪れるのもおすすめです。電車で行く場合は、総武相鉄線上星川駅南口を出てすぐ左にあります。営業時間は6時~25時で、一般入館料は平日880円~となります。

横浜のおすすめ観光スポット

横浜中華街

中国の情緒があふれ、商業と生活が共存する横浜の代表的観光地です。みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩1分でアクセスできます。170もの中華料理店のほかに、カフェや食品店、雑貨店、アミューズメント施設などがひしめき合っています。東西南北に設置された10基の牌楼(門)は横浜中華街の道標となっています。中でも1955年に建てられた「善隣門」は横浜中華街のシンボルとして有名です。中華街の西に位置する「地久門」の近くには「横浜関帝廟」があり、中華街の南に位置する「朱雀門」の近くには「横浜媽祖廟」があります。どちらも本殿拝観料は有料です。参拝をしたい場合は、受付で中国の線香と金紙を購入しましょう。中国式の参拝をした後は、「簽桶」や「神筈」を使い、おみくじを引くのが習わしです。

横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫は明治末期から大正初期に建てられ、1989年まで実際に倉庫として利用されていました。その後2002年に文化・商業施設としてリニューアルし、現在はダンス・演劇・アートが行われるホールやショッピングやグルメを楽しめる場所として人気があります。赤い建物とオーシャンビューのブルーが美しく、晴れた日は多くの観光客で賑わいます。みなとみらい線馬車道駅・日本大通り駅のどちらからでも歩いて6分の位置にあります。横浜市交通局運営のバスで、横浜駅や桜木町駅から赤レンガ倉庫・マリン&ウォークまでバスが出ており、大人一律220円で利用できるので便利です。シーバスは横浜駅東口からピア赤レンガまで経由便で所要時間20分、片道600円で利用できます。

山下公園

山下公園は横浜港大桟橋から横浜マリンタワーまでの間にある、海に面した細長い公園です。関東大震災のがれきを埋め立て、1930年に開園しました。園内には「赤い靴を履いていた女の子像」「インド水塔」「水の守護神」など様々な記念碑が点在しており、潮風を感じながらアートと散歩を楽しめます。公園の中ほどには、日本郵便戦歴史博物館「日本郵船氷川丸」があり、入館料は300円~です。みなとみらい線元町中華街駅より徒歩3分でアクセスが可能です。シーバスは横浜駅東口から山下公園まで直行便15分で700円かかります。

横浜のイベント情報

「横浜中華街 春節」は中国の旧正月を祝う伝統行事で、横浜中華街では1986年に始まりました。毎年1月下旬~2月下旬に行われます。春節当日は獅子舞が踊り、爆竹や太鼓の音が鳴り響きます。皇帝衣装隊の華やかなパレードや、様々な中国伝統芸能が披露され、期間中中華街全域がお祝いムードに包まれます。参加は無料です。舞台披露は山下町公園で行われますので、是非足を運んでみましょう。

「みなとみらいスマートフェスティバル」は、横浜の8月の夜を彩る光と音とアートの祭典として2018年から始まりました。祭りの会場はみなとみらい21地区の臨港パーク・耐震バース他で、16時開場。オーケストラの演奏や放水デモンストレーションが行われ、祭りの最後は約25分間で約2万発の花火が打ち上げられます。会場は全エリア有料。チケットは大人1名一般協賛席8,500円、芝生エリア1,800円~購入できます。

「横浜開港祭」は1981年から始まった大規模な市民祭りで、毎年6月2日の横浜開港記念日前後に開催されます。臨港パークをメイン会場とし、横浜港周辺の5つのエリアで、様々な体験イベントやステージが行われます。中でも、官公庁艇船舶によるパレードや、神奈川県警察・横浜税関・横浜市消防の音楽隊によるステージが見所。入場料は無料で、飲食ブースも多数あるので、徒歩で横浜港を巡るのがおすすめです。

横浜の人気グルメ

「シウマイ」は、豚ひき肉と野菜を合わせた餡を、四角い薄皮で筒状に包んで蒸した料理です。「崎陽軒」が1928年に冷めても美味しい「シウマイ」を駅弁販売したことから広まったとされています。真空パックの「シウマイ」は製造から5か月常温保存が可能なので、横浜観光のお土産に最適です。「シウマイ」は横浜の各所で販売されています。

「台湾かき氷」は、フレーバーのついた氷をきめ細かく削ったかき氷です。店舗によって季節のフルーツやアイス、甘味などがトッピングされており、バリエーションに富んでいます。台湾スイーツ専門店「MeetFresh 鮮芋仙 」の横浜中華街店では冬でも「台湾かき氷」を1,200円で味わえます。

「中華料理」は、主に山東、四川、広東、江蘇、浙江、安徽、湖南、福建に大別され、それぞれの地域ごとに異なる特徴があります。老舗高級店「萬珍樓」では、優雅な装飾が施された店内で中国の京料理と言われる広東料理が楽しめます。

おすすめの高級旅館・ホテル

「横浜ロイヤルパークホテル」は、横浜ランドマークタワー内52~67階にあるホテルです。日本で一番高い場所にあり、空と隣り合う感覚を味わえます。1泊シングル10,000円~。

「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」は、パシフィコ横浜の一部で、ヨットの帆形が目を引くホテルです。客室はベイサイドとシティサイドがあり、横浜ならではの景色を一望できます。1泊シングル10,200円~。

「横浜ベイホテル東急」は、クイーンズスクエア横浜内にあります。ほとんどの客室にバルコニーがあるため解放感があり、潮風を感じながら横浜の風景を楽しめます。1泊シングル9,867円~。※どのホテルも列車でアクセスする場合は、みなとみらい線みなとみらい駅をご利用ください。空港からは横浜へリムジンバスが出ており、羽田空港から片道730円で約45分、成田空港から片道3,700円で約120分かかります。

おすすめの格安宿・ホテル

「ホステル ゼン」は全室和室でユニークなアートが施されています。ホテルへのアクセスは、JR根岸線石川町駅北口から徒歩4分です。1泊シングル2,713円~。

「フレックステイイン桜木町」はみなとみらい地区近くにあります。ホテルへのアクセスは、桜木町駅から徒歩5分です。1泊シングル3,699円~。

「グローバルキャビン横浜中華街」は中華街の中にあるホテルです。有料にはなりますが、毎日7時00分から8時00分まで朝食ビュッフェがあるレストランを利用できます。ホテルへのアクセスは、みなとみらい線元町中華街3番出口から徒歩5分。1泊シングル2,915円~。

横浜のホテルのお得なクーポン&キャンペーン情報

トリップドットコムでは最大50%OFFになるセールやすぐに使える割引コードなど、毎月多彩なキャンペーンを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

横浜 ホテルの口コミ情報