>>

梅のロゴが印象的なフルサービスキャリア、チャイナエアラインとは

チャイナエアライン(中華航空、China Airlines)は台北郊外の桃園空港を拠点とする大手航空会社で、尾翼に大きく描かれた印象的な梅のロゴで知られています。設立は1959年で、1962年に運航を開始しました。1966年には台北-サイゴン間で国際線の運航をスタートし、現在では世界160都市をつなぐ一大航空会社に成長しています。

2014年には世界的なデザイナーの陳瑞憲氏を迎えた「NexGen」プログラムでブランドのリニューアルを行い、客室の内装や食器、アメニティグッズなどを一新しました。このリニューアルでエアバス350とボーイング777-300ERの客室は、1,000年~1,300年頃に中国に存在した王朝・宋の文化をイメージした落ち着いた上品なデザインで統一されています。このときに、客室乗務員の制服も赤とグレーに青いラインをあしらったチャイナドレス風のデザインが採用されています。なお、チャイナエアラインが100%出資する子会社にマンダリン航空があります。

チャイナエアラインの主な運航ルートと飛行時間

  • 成田空港発 - 台北桃園空港行き 3時間45分~3時間55分
  • 成田空港発 - 高雄空港行き 4時間~4時間10分
  • 羽田空港発 - 台北松山空港行き 3時間25分~3時間40分
  • 関西国際空港発 - 台北桃園空港行き 2時間55分~3時間
  • 関西国際空港発 - 高雄空港行き 3時間15分
  • 中部国際空港発 - 台北桃園空港行き 3時間10分
  • 福岡空港発 - 台北桃園空港行き 2時間25分~2時間35分
  • 新千歳空港発 - 台北桃園空港行き 4時間15分
  • 那覇空港発 - 台北桃園空港行き 1時間35分

チャイナエアラインのビジネスクラス

主に欧米路線で使われているエアバス350-900とボーイング777-300ER機のビジネスクラスでは、180度倒れるフルリクライニングシートを採用しています。斜めに配置された座席は独立性が高く、人間工学に基づいたデザインのシートと専用テーブルランプ、多機能収納スペース、広いテーブルに18インチのパーソナルモニター、電源コンセント3口が完備されており、オリエンタルモダンなテイストで統一されています。それ以外の機材でもフルフラットに近いリクライニングシートで快適に過ごすことができます。

チャイナエアラインのマイレージサービス

チャイナエアラインは独自のマイレージサービス「ダイナスティ・フライヤー・プログラム(DFP)」を提供しており、2才以上なら入会できます。DFPのフライトマイルはチャイナエアラインのほか、子会社のマンダリン航空やスカイチーム加盟各社の搭乗で獲得できます。獲得したマイルはチャイナエアラインやスカイチーム加盟各社の特典航空券購入や座席アップグレードなどに使うことができます。アジア・マイルの有効期間は実際の利用日から36ヶ月間で、3年連続でマイルの獲得がない場合にはマイルが無効となります。

また、獲得したマイルとは別に、チャイナエアラインとマンダリン航空の自社運航国際線搭乗で得られる「トリップカウント」に従ってDFPのエリート会員資格を得ることができます。エリート会員には「ゴールド」「エメラルド」「パラゴン」の3種類があり、ゴールドはスカイチームの「エリート」、エメラルドとパラゴンは「エリートプラス」に相当します。エリート会員に昇格すると専用チェックインカウンターや空港ラウンジの利用、優先搭乗や受託手荷物の優先取り扱いなどのサービスが受けられます。エリート会員資格の有効期間は取得から2年間です。

チャイナエアラインのセール・割引情報

チャイナエアラインでは出発地や到着地などに合わせて各種のキャンペーンを行っています。2019年に設立60周年を迎えたことを記念して、オンライン購入限定で全路線5%割引のキャンペーンを実施しています。また、マイレージサービス「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」の会員を対象に、バースディ割引サービスを行っています。この割引を利用すると誕生月の航空券購入でビジネスクラスなら10%割引、エコノミークラスは5%割引で購入できます。他にもダイナスティ会員がオンラインでマイレージと引き換えに特典航空券を購入する場合、往復航空券で3,000マイル、片道航空券なら1,500マイルが割引になります。会員限定の各種キャンペーンも実施されています。詳しいキャンペーン情報はこちらからご確認ください。

チャイナエアラインの評判

世界の航空会社の格付けを行っているAirlineRatings.comの最新評価では、チャイナエアラインは安全面で最高評価の7スター、飛行機の快適性(シートや食事、機内エンターテインメント、Webサイト情報など)では5.5スター(最高7スター)を獲得しています。

また、航空会社などで構成する「Airline Passenger Experience Association(APEX)」の2020年版格付け調査のグローバル航空会社部門で最高評価の5スターに3年連続で選ばれています。

また、中国の宋時代の書斎をイメージして作られたボーイング777-300ERのキャビンデザインやエアバス350のデザインで公益財団法人日本デザイン振興会の主催するグッドデザイン賞を獲得しており、他にもドイツのiFデザイン賞など数々の世界的なデザイン賞を獲得するなど、高い評価を受けています。

チャイナエアラインが保有している航空機材の種類

  • ボーイング747-400 375席
  • ボーイング777-300ER 358席
  • エアバス330-300 307席または313席
  • エアバス350-900 306席
  • ボーイング737-800 161席または158席

チャイナエアラインと提携する主な航空会社

チャイナエアラインはエールフランス、デルタ航空、大韓航空などが所属する航空アライアンスのスカイチームに加盟しています。

【スカイチーム】

  • マンダリン航空
  • 大韓航空
  • 中国東方航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • デルタ航空
  • エールフランス航空
  • KLMオランダ航空
  • アエロフロート・ロシア航空

など

【その他のマイル提携会社】

  • 日本航空
  • 中国南方航空

など

手荷物について

機内持ち込み手荷物

搭乗クラス 個数 重量 サイズ

全クラス共通 1+手回り品1 7kg以下 3辺が56cm・36cm・23cm以下

受託手荷物

【米国、南北アメリカ発着路線】

搭乗クラス 個数 重量 サイズ

ビジネスクラス 無制限 40kg 3辺の和が158cm以下

プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス(フレックス) 無制限 35kg 3辺の和が158cm以下

エコノミークラス(スタンダード、ベーシック) 無制限 30kg 3辺の和が158cm以下

エコノミークラス(ディスカウント) 無制限 20kg 3辺の和が158cm以下

【それ以外の路線】

搭乗クラス 個数 1個当たり重量 サイズ

ビジネスクラス 2 32kg 3辺の和が158cm以下

プレミアムエコノミークラス 2 28kg 3辺の和が158cm以下、2つの荷物の3辺の和の合計が273cm以下

エコノミークラス(フレックス、スタンダード、ベーシック) 2 23kg 3辺の和が158cm以下、2つの荷物の3辺の和の合計が273cm以下

エコノミークラス(ディスカウント) 1 23kg 3辺の和が158cm以下、2つの荷物の3辺の和の合計が273cm以下

機内サービスについて

機内エンターテインメント

チャイナエアラインでは座席モニターで101本の映画をオンデマンドで自由に選択して楽しむことができます。上映されている映画やオンデマンドCD、音楽内容は機内誌「Fantasy Sky」で確認できます。ボーイング737-800では大画面スクリーンで映画が上映されます。上映プログラムはフライト時間などによって異なります。機内誌「Dynasty」(ダイナスティ)は、各号ごとに異なるテーマが選択されており、インタビュー記事やトレンド、美術、分化についての特集も組まれています。2016年米国出版賞(APEX)の雑誌および定期刊行物の部で優秀賞も受賞しています。

また、ボーイング777-300ERとエアバス350-900では機内Wi-Fiによるインターネット接続サービスを有料で利用できます。接続プランはデータ量15MB、速度制限64kbpsで3.25米ドル(約553円)、データ量無制限の1時間利用で350台湾ドル(約1,250円)、3時間で500台湾ドル(,1785円)、24時間で650台湾ドル(約2,321円)です。なお、SNSの利用はできますが、Skypeなど音声通話アプリは利用できません。

※2020年5月現在、1米ドル=107円、1台湾ドル=3.57円で換算。

機内食&飲み物

機内食とドリンクサービスは無料です。機内食のメニューは予約確定後、出発予定時刻の21日前から24時間前までに公式WebサイトのE-メニューから事前予約できます。また、特別食を希望する場合は出発予定時刻の24時間前までの予約が必要です。特別食にはヴィーガンミール、ロー・ベジタリアンミールなど各種ベジタリアンメニューや、イスラム教、ヒンドゥー教、ユダヤ教など各宗教の教義に従ったメニュー、離乳食や幼児向けメニュー、糖尿病食や低脂肪食、減塩食など各種の健康食などがあります。流動食を希望する場合は別途予約が必要です。ビジネスクラスでは、伝統的な中華料理の他に種類豊富な紅茶やコーヒーを味わえるスナックバーを完備しています。また軽食ではナッツやケーキを食べられます。

チェックイン

主要空港のチェックインカウンター

出発空港 チェックインカウンター

成田空港 第2ターミナル3階 Jカウンター

羽田空港 第3ターミナル3階 チェックインカウンターK・L

関西国際空港 第1ターミナルビル4階 チェックインカウンターH

福岡空港 国際線ターミナルビル3階 チェックインカウンターE

中部国際空港 第1ターミナル3階 Eカウンター

新千歳空港 国際線ターミナル3階 出発カウンター

那覇空港 ターミナル国際線エリア3階 国際線チェックインカウンター

広島空港 ターミナル2階 国際線チェックインカウンター

オンラインチェックインサービス

チャイナエアラインでは一部空港からの出発便を除くすべての国際線で出発予定時刻の48時間前から90分前まで公式Webサイトでオンラインチェックインサービス「E-チェックイン」が利用できます。E-チェックインが完了したら手持ちのプリンターで搭乗券を印刷するか、空港カウンターで発券します。

いったんE-チェックインを完了した後に旅程を変更した場合にはキャンセル手続きが必要です。

予約時の手数料とキャンセル

【予約手数料】

予約発券手数料は無料です。

【払戻手数料】

エコノミークラスのディスカウント運賃(予約クラスL)は払い戻し不可で、他の運賃は手数料の支払いで受けられます。払い戻しが受けられるのは航空券の発行日から2年間です。予約後やチェックイン後に実際に搭乗しなかった場合で払い戻しを受けるには「ノーショーチャージ」の支払いが必要です。

搭乗クラス

全路線共通 ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス

座席指定

エコノミークラスの座席指定は一部を除き有料です。エコノミーのシートタイプは通常のスタンダードシート、最前列のプリファードシート、非常口座席で足元が広いエキストラコンフォートシートの3種類あり、運賃タイプがディスカウントまたはベーシックの場合は事前指定料金が10米ドル(1,070円)~150米ドル(16,050円)で、スタンダードの場合はプリファードとエキストラコンフォートが有料、フレックスではエキストラコンフォートのみ有料です。

プレミアムエコノミークラスでは運賃タイプがベーシックの場合は20米ドル(2,140円)~40米ドル(4,280円)の座席指定料がかかりますが、スタンダードとフレックスでは無料です。またビジネスクラスではすべての運賃タイプで無料です。

子供料金&サービスについて

年齢区分

・子供: 2才~12才未満

・幼児: 生後14日目~2才未満

予約・運賃

・子供:2才~12才未満 オンライン予約可能です。子供運賃の航空券が必要です。

・幼児:生後14日目~2才未満 オンライン予約可能です。座席を必要としない場合には幼児運賃、座席を占有する場合は子供運賃となります。

搭乗

・子供:5才~12才未満は子供運賃で座席の購入が必要です。搭乗には18才以上の同伴が必要です。5才~12才で18才以上の同伴者がいない場合に未成年者向けサービスの利用で搭乗できますが、この場合は大人運賃が適用されます。

・幼児:生後14日目~2才未満 1人のみ同伴者のひざの上に座り搭乗できます。2人目は子供座席の購入が必要です。座席に座る幼児は基準をクリアしたチャイルドシートの使用が必要です。

※2020年5月現在、1米ドル=107円で換算。

※上記の情報や金額は予告なく変更されることもあります。ご利用の際は、事前に関係各所へお問い合わせください。

よくあるご質問:

チャイナエアラインの人気路線は?

チャイナエアラインの人気路線は香港⇒台北、台北⇒東京そして台北⇒香港です。香港⇒台北は、毎日9便を運航しています。※航空会社より変更する可能性があり、必ず事前に当該航空会社のホームページよりご確認ください。

手荷物の規定はありますか?

チャイナエアラインのエコノミークラス航空券の場合、手荷物許容量はないか、あっても1個のみのことが大半です。手荷物許容量についての規定は航空会社より異なりますので、必ず事前にご予約の航空会社にてご確認ください。