沖縄発バンコク行き格安航空券を検索・予約

>>>

沖縄発バンコク行き便の情報

ピークシーズン

2月
11,751円

オフシーズン

6月
13,415円

往復航空券の最安値

78,229円
沖縄(OKA) ⇒ バンコク(BKK)

よくある質問:

  • 沖縄(OKA)発バンコク(BKK)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、沖縄発バンコク行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 沖縄(OKA)発バンコク(BKK)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、143,798円が最安値になります。
  • 沖縄(OKA)発バンコク(BKK)行き便の所要時間を教えてください。

    沖縄(OKA) からバンコク(BKK)までの所要時間は約4時間 50分です。
  • バンコクの主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • ドンムアン国際空港 から市中心部まで22km、タクシーで約 40分の道のりです。
    • スワンナプーム国際空港 から市中心部まで24km、タクシーで約 40分の道のりです。
  • 沖縄(OKA) 発バンコク(BKK)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    沖縄(OKA)発バンコク(BKK)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:ピーチ・アビエーション
  • 沖縄(OKA) 発バンコク(BKK)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    ピーチ・アビエーションが、沖縄(OKA)発バンコク(BKK)行きの直行便を1便運航しています。
  • バンコク(BKK)には空港はいくつありますか?

    バンコク(BKK)には、空港は2個あります( ドンムアン国際空港スワンナプーム国際空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、バンコクへ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。バンコクへのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

沖縄発バンコク行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール
ピーチ・アビエーション

21:45

OKA

00:35

BKK

沖縄 - バンコク------最安値を見る
那覇発バンコク行きフライト情報

入国に必要な書類

6か月以上残存期間のあるパスポートと機内で配布される出入国カードを記入し、提出します。また免税の範囲を超えるものを持っている場合は、税関申告書も提出します。

なお現時点で時期は未定ですが、将来的には出入国カードが廃止される予定となっています。

ターミナル情報と搭乗の流れ

那覇空港のターミナル3階にある各社カウンターでチェックインをします。南側にはJAL 、JTA 、琉球エアコニューター、ジェットスター、北側には、ANA 、ソラシドエア、スカイマークのカウンターがあります。

LCC のピーチアビエーション、バニラエアの場合は、国際ターミナルの先にあるLCC 専用ターミナルで行います。

その後、手荷物はカウンターへ預け、手荷物チェック、税関手続きを行い、出国審査カウンターにて搭乗券と、出国印を押されたパスポートを受け取り搭乗口へ向かいます。

空港内にはラウンジや両替所があり、出国前に利用可能です。

航空券を安く購入できる方法

ANAホールディングスの子会社であるLCCのピーチが、スワンナプーム空港への直行便を運航しているので、こちらを利用すると航空代の節約になります。

もしLCCではなく大手航空会社を利用する場合、早割などを利用すると定価より安く購入できます。その場合は適用条件をしっかり確認しておきましょう。

おすすめの観光スポット

タイには豪華な王宮、古代遺跡、仏像が飾られた華やかな寺院が多くあります。バンコク最古の寺院「ワット・ポー」は全長46m、高さ15mの金箔に覆われた涅槃仏(ねはんぶつ)があることで有名です。また、ユネスコの世界遺産に登録されている「アユタヤ歴史公園」は、貿易都市として繁栄したアユタヤ王朝の古都で、木の中に埋もれた仏頭がある「ワット・マハタート」などが見所のひとつとなっています。

バンコクから80キロ離れた場所にあるダムヌンサドゥアック運河は、タイを代表する水上マーケットがあります。約150年前に造られ、伝統的な売り買いの文化が見られるため、観光客に人気のスポットです。なおマーケットが見られるのは日の出~14時頃なので、早めの出発がおすすめです。

主要空港から都心部へのアクセス方法

スワンナプーム空港からバンコク市内への移動手段としては、主にエアポートレールリンク、AOTリムジン、タクシー、ロットゥーの4つがあります。

エアポートレールリンクは高速鉄道のことで、運賃は約50円~150円です。渋滞に巻き込まれず、運賃も安くすみます。

AOTリムジンは24時間運行していて、快適なリムジンに乗り、ホテルまで直接送迎してもらえます。空港で予約が必要となるほか、運賃が高いので、乗車人数が少ないと割高になります。

タクシーは、送迎サービスの中では比較的料金が安く、かつホテルまで送迎してくれますが、当日の道路の渋滞状況により料金が変動します。

ロットゥーは乗り合いバスのことで、空港から市内までは約180円程度で移動できます。ただし、乗車場所が空港から約4km離れています(無料送迎シャトルバスあり)。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

一番早い便は、那覇空港(OKA)を10時15分に出て、スワンナプーム空港(BKK)に16時45分に到着する経由便です。

首里駅を出発するモノレールに乗車すると、空港に到着します。

・一番遅いフライト

一番遅いフライトは、那覇空港(OKA)を21時45分に出て、スワンナプーム空港(BKK)に0時35分に到着する直行便です。

首里駅を出発するモノレールに乗車すると、空港に到着します。

バンコクの基本情報

バンコクの基本情報

・国名:タイ王国

・宗教:仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンドゥー教など

・言語:タイ語が主ですが、バンコク都心部や観光地のホテル、レストランでは英語が通じます。

・気候:サバナ気候であるバンコクでは、年間を通じて半袖で過ごせます。室内は冷房が効いているので、薄手の長袖シャツがあると便利です。

・時差:-2時間 ※日本よりも2時間遅い

・ビザ:空路入国の場合30日以内、陸路入国の場合15日以内の観光はビザ不要。ただし出国用予約済航空券と、1人10,000バーツ(約34,700円)、1家族20,000バーツ(約69,400円)相当の現金が必要です。

バンコクの注意点

・治安:比較的安定していますが、観光客を狙ったスリや盗難への対策として、手荷物や貴重品などの扱いには十分に注意するようにしましょう。

・飲料水:水道水は飲めませんので、ミネラルウォーターを購入しましょう。

・マナー:ごみやたばこのポイ捨ては、罰金の対象です。エアコンが効いているため、密閉された公共の場とその入り口から半径5m以内での喫煙は禁止されています。

・チップ:高級な場所では、いくらかのチップを渡した方がスマートです。タクシーは不要。レストランでは、サービス料が含まれていない場合、支払額の10%程度をチップとして渡しましょう。

・物価:日本より全体的に安く、500mlのペットボトルのミネラルウォーターで約30円です。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 沖縄⇒バンコク

    沖縄発バンコク行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが沖縄からバンコクへの旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、沖縄からバンコクへの旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。