【2024年】ニュージーランドの6月の気温は?日本との違いや最適な服装を解説

ライターのプロフィール写真

執筆:tochi-kuru

ニュージーランドの6月の気温

🎁期間限定ホテル用クーポン🎁

👆コードをコピーしてご利用ください👆

期間限定クーポン配布中!国内・海外どのホテルでも利用可能!

🛫👇格安航空券👇🛫

ニュージーランドの6月は冬が到来し、気温はさらに低くなります。朝晩はさらに冷え込み、寒さを感じるでしょう。早朝や夜間の屋外活動を楽しむ際には、暖かめのコートやセーター、マフラーや手袋などの防寒具を用意しておくことをおすすめします。この記事では、ニュージーランド旅行の6月の気温や服装についてわかりやすく解説します。

【ニュージーランドの6月の気温】

都市最低気温 (℃)最高気温 (℃)降水量 (mm)
オークランド71580
クライストチャーチ11160
ウェリントン61390
ハミルトン61470
東京162440

平均気温と降水量はあくまでも目安で、実際は大きく異なる場合があります。気象条件は年によって異なるため、実際に旅行する前に最新の天気情報を確認することをおすすめします。

東京発→ニュージーランド(オークランド)行きの格安航空券

  • 片道
  • 往復
sort並べ替え:最安値
  • 並べ替え:最安値
  • 並べ替え:最も早い便

取り消し線のある価格は、Trip.com上の該当する路線の平均価格に基づいて計算されています。

ニュージーランド・オークランドの6月の気温や最適な服装

ニュージーランド・オークランドの6月の気温や最適な服装

6月のオークランドは冬の季節が本格化し、気温がさらに低くなります。日中で8度から14度程度ですが朝晩は寒さを感じるので、防寒対策は必要です。最適な服装は、暖かくて厚手のコートやジャケットです。ウール素材やダウンジャケットなど、保温性の高いアウターウェアがおすすめ。セーターや厚手のニットなど、中に着るものも重ね着すると暖かさを保つことができます。ボトムスはジーンズや厚手のパンツを選びましょう。

さらに、寒さ対策としてマフラーや手袋、帽子などの小物もおすすめ。これらのアイテムを上手に組み合わせてみてください。

ニュージーランド・クライストチャーチの6月の気温や最適な服装

ニュージーランド・クライストチャーチの6月の気温や最適な服装

6月のクライストチャーチでは冬の季節が本格化し、気温がさらに低くなります。一般的な気温は、日中で6度から12度程度。朝晩は寒さが増して氷点下になる日もありますので、防寒対策が重要です。暖かくて厚手のコートやジャケットを用意しておくと良いでしょう。ウール素材やダウンジャケットなど、保温性の高いアウターウェアがおすすめ。セーターや厚手のニットなど、重ね着することで暖かさをキープできます。

寒さ対策にはマフラーや手袋、帽子などの小物もおすすめです。これらのアイテムを組み合わせて、寒さから身を守りながら快適に過ごしましょう。防水性のあるアウターウェアや防水ブーツの準備も忘れずに。

ニュージーランド・ウェリントンの6月の気温や最適な服装

ニュージーランド・ウェリントンの6月の気温や最適な服装

6月のウェリントンは冬の寒さが本格化します。日中の気温は8度から14度程度で、朝晩はさらに冷え込みます。おしゃれを楽しみながら寒さ対策をしましょう!6月のウェリントンでは、ウール素材やダウンジャケットなど保温性の高いアウターウェアを選びましょう。トレンドのロング丈やベーシックなショート丈のコートを取り入れるとおしゃれ度がアップします。

寒い季節でもおしゃれを楽しみたい方は、タイツを合わせて暖かさをキープしましょう。足元にも気を使って、快適なブーツやスニーカーを合わせるとおしゃれ度がアップします。

ニュージーランド・ハミルトンの6月の気温や最適な服装

ニュージーランド・ハミルトンの6月の気温や最適な服装

6月のハミルトンは冬の季節が本格化し、気温が低くなります。一般的な気温は、日中で6度から12度です。朝晩は寒さが増して氷点下になることもありますので、防寒対策が重要です。最適な服装は、暖かくて厚手のコートやジャケットを用意しておくと良いでしょう。ウール素材やダウンジャケットなど、保温性の高いアウターウェアがおすすめです。ボトムスはジーンズや厚手のパンツを選びましょう。足元は防寒対策に快適なブーツや厚めの靴下を合わせると良いですね。

さらに、寒さ対策としてマフラーや手袋、帽子などの小物もおすすめです。これらのアイテムを組み合わせて、寒さから身を守りながら快適に過ごしましょう。

6月に行きたいニュージーランドのイベント3つ

6月に行きたいニュージーランドのイベント3つ

1.マタラキ・フェスティバル

6月にニュージーランド各地で開催されるマオリ文化のお祝いです。冬至を迎えるこの時期に行われ、伝統的なダンス、音楽、芸術のパフォーマンス、フードフェスティバルなどが楽しめます。マオリ文化に触れながら、ニュージーランドの多様な文化を体験しましょう。

2.ウィンターフェスティバル

6月に南島のクイーンズタウンで開催される大規模な冬の祭典です。ウィンタースポーツイベントやライブ音楽、ストリートパレード、花火などが行われ、冬の魅力を存分に楽しむことができます。さまざまなエンターテイメントが盛りだくさんなので、冬の楽しみ方を発見しましょう。

3.モコフェスティバル

ロトルアで開催されるマオリ文化と温泉を楽しむお祭りです。伝統的なマオリの歌やダンス、タトゥーショーなどが行われ、ロトルアの温泉地ならではのリラックスした雰囲気を楽しむことができます。地元の料理や工芸品の販売もあり、マオリ文化との触れ合いを通じてニュージーランドの魅力を満喫しましょう。

6月にニュージーランドへ行くときの注意点【気温や観光】

6月にニュージーランドへ行くときの注意点【気温や観光】

1.防寒対策を徹底する

6月のニュージーランドは冬の時期で、気温が低くなります。寒さから身を守るために、防寒対策は欠かせません。暖かくておしゃれなコートやジャケットを用意しましょう。さらに厚手のセーターやニット、マフラーや手袋などの小物も重要です。寒さ対策は忘れずに、快適に旅を楽しみましょう!

2.予定に余裕をもってスケジュールを組む

6月はニュージーランドで天候が変わりやすい時期です。急な雨や風が起こることもありますので、予定に余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。また、天候によってアクティビティや観光地の営業時間が変更になることもあるので、事前に情報を確認しておきましょう。

3.温かくて快適な服装を優先する

寒さに備えて、快適な服装を選びましょう。厚手のパンツやジーンズ、タイツを合わせたスカートなど、防寒性のあるボトムスがおすすめです。足元には防寒性の高いブーツや厚めの靴下を合わせると良いでしょう。マフラーや帽子、手袋などの小物も忘れずにして。寒さ対策はおしゃれと快適さの両立が大切です。

ニュージーランド旅行の費用に関しては、こちらの記事が参考になります。ぜひ、ご覧ください。

ニュージーランド旅行に必要な費用はいくら?安い時期やベストシーズンを解説

免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。