JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

よくあるご質問:

寧波のホテルのご案内

寧波の観光情報

寧波の基礎

気候

寧波の気候は熱帯季節風気候のため、日本と同様に四季折々を感じられます。6月中旬から9月の中旬にかけて平均最高気温が28℃、12月初旬~3月中旬までは平均最低気温は5℃と、日本の四季に似ている気候です。そして年間の平均降水量は1,480ミリメートルで、5~9月は年間を通して最も雨量が高まり、その5ヶ月間だけで年間降水量のおよそ6割を占めます。ですが5~10月にかけては気温も適温のため、寧波旅行のベストシーズンとなっています。ご旅行の際は夏服とレイングッズは必須ですので、しっかりとご準備下さい。

街の様子

寧波は1844年の開港から貿易の拠点として賑わい、港町として商工業が発達しています。年間貨物取扱量が世界一の港という肩書もありますが、それと同時にモダンチックな港で歴史の趣も感じられる街です。特に水の青色と商業施設の暖色の光のライトアップのコントラストが、非常に印象的な街です。その他にも歴史の深いお寺数が多くあったり、中国の伝統的な建築方法の1つである江南建築の古鎮が当時のまま残っていたりと、様々な文化に触れることができます。そしてなんと言っても寧波は、海鮮グルメが絶品でイチオシ。地元民や日本でもファンも足を運ぶ寧波の海鮮グルメは、エビや蟹、貝類など豊富な魚介類を使ったメニューがたくさんあります。そのため寧波では歴史、文化、グルメ、夜景を全部楽しめることが最大の魅力だと言えます。

交通情報(アクセス)

寧波は上海の南に位置しており、高速や特急列車で2時間ほどの距離があります。運賃は座席の種類にもよりますが、約2,000~4,000円です。

10~30分毎に列車がありますので、乗り遅れの心配もありません。寧波までのその他のアクセス方法は、寧波櫟社国際空港までの直行便があり、関西国際空港、中部国際空港、静岡空港からアクセスが可能です。寧波櫟社国際空港から寧波の中心地までは10kmほどで、交通手段は主に地下鉄かエアポートバスを利用します。地下鉄を利用した場合、渋滞に巻き込まれる心配もなく、片道の移動時間もおよそ1時間程度で70円ほど。また8分間隔で運行しているので、乗り遅れの心配も不要です。その他にもエアポートを使うと、200円ほどで移動が可能です。市中心部へ30~60分おきに運行しています。

寧波の観光情報グルメ

有名な食べ物

・酔蟹(ツイシェ)

白酒と紹興酒で1週間ほど新鮮な蟹を漬けて酔っぱらわせ、蟹にお酒の香りが染み渡って身と蟹味噌がとろけるような味わいです。

・焼き小龍包

口に入れるとジューシーな肉汁、そしてネギと油の風味がクセになる美味しさです。朝食時間には行列ができ、1人のお客さんが10個単位で購入するほどの大盛況ぶり。もちろん午後になっても客足は途絶えず、まるで争奪戦さながら。特に「金山生煎」は、地元民が足繁く通う人気店です。

・陽春麺

江南名物の陽春麺。具は青葱のみで、塩ベースの薄味のあっさりとしたスープが非常に美味しいかけそばです。

特有の食べ物情報

・冰糖甲魚(スッポン料理)

醤油やラード、氷砂糖、黄酒などでぶつ切りのすっぽんを煮込んだ寧波料理です。一見甘そうに見えますが、プリっとしたすっぽんに甘み、酸味、塩辛さが非常にマッチした寧波の名物料理です。

・油贊子

清の光緒年(1875~1908年)から語り継がれた点心で、塩ベースの海苔味で地元の天然菜種油でサッと揚げており、クセになりそうな美味しさです。

・油条蝦(ユウタイシャー)

地元民の朝食として親しまれています。魚のすり身と蝦を入れてサクサクの衣で揚げ、マヨネーズに絡めて頂くグルメです。一度食べるとやめられない食感が味わえます。

・寧波湯圓

子供や女性に人気が高い寧波名物の一つです。湯圓とは、白玉団子のような柔らかいお餅をほんのり甘いスープに浮かせたもので、小豆あん、胡麻あん、ひき肉あんなどが入っているデザートです。

寧波の観光スポット

有名な観光地情報

・天一阁

明代の当時軍事部門の次官を務めていた范欽が建てた個人用書籍保管施設です。中国に現存する最古の書庫とも知られており、三大家族図書館の一つです。書庫が火事で燃えないようにすぐに水で火を消火するという考えのもと、建屋の脇には貯水池が設置されています。特に庭園が美しく整備されていたり、動物を模った岩があったりと散策にピッタリ。博物館として一般公開されているので、寧波観光の際に必ず訪れたいスポットです。

・東銭湖

寧波で最も有名な観光地スポットの一つで、浙江省一大きい天然の淡水湖です。湖は1200年前からあり、ホテル、キャンプ場、動物園も兼ね備えた巨大なテーマパークとしても知られています。キャンプ場にはキャビンがあり、壮大な淡水湖を目の前にして優雅なひと時を過ごせます。

・天童寺

300年(西晋の永康元)に建てられ、中国禅宗五山の一つと言われているお寺。太白山という寧波市の東部に位置し、山の麓にある中国の五山十刹と呼ばれている有名な寺院で、人気の観光スポットに挙げられています。

天童寺と日本の仏教の繋がりは深く、日本の僧である道元が天童寺から学んだ後に、曹洞宗を開いたという歴史的にも関わりのあるお寺です。

・南塘老街

100年も前の古民家にリノベーションが施されていますので、古風な雰囲気を漂わせている街並みが印象的。南塘老街は美食街で、伝統的な老舗や各種料理点心を頂くことができます。南塘老街の奥には「寧波B級グルメ祭り」で一番人気、そして長蛇の列ができるほどの隠れた名店もありますので、南塘老街に訪れたらぜひ一度お試し下さい。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

北京や上海と比べると、寧波は半分くらいの物価です。交通費は日本と比べて安価ですが、観光費は無料から3,700円ほどと高額な場所もあります。食費は屋台や食堂で食べた場合かなり安く抑えられますが、レストランなどで食事した場合、そしてお土産代も想定すると寧波観光では1日あたり約5,000~6,000円ほどあると、余裕を持って旅行が可能です。

寧波のホテル事情

寧波のホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

中国の主要観光地の上海のホテル代は4,000~9,000円、北京で4,000~12,000円、マカオで9,000~20,000円です。マカオはカジノの街ということもありホテル代も別格ですが、他の2都市は日本と同じくらいの相場です。また寧波市の周辺には紹興市、杭州市、台州市の3つの市が近接しています。3つのエリアのホテル代の相場は、およそ3,000~10,000円ほど。しかしいずれの街のホテルも中心地から距離が離れている傾向があり、利用するにはアクセスが悪いことが考えられます。おそらく周辺の3都市は、中心地から離れているためこのくらいの価格設定なのでしょう。

相場の料金

1泊2,500~5,000円ほどが寧波の宿泊代の相場です。

日本のホテルの料金と比較すると安く、質の低いホテルを想像する方もいると思いますが、寧波のホテルは清潔感があり非常に雰囲気が良いのが特徴です。また中心部までのアクセスもしやすく、地下鉄の駅も近距離に位置しており、立地も優れているホテルが数多くあります。そして寧波市のホテルはキャンセル無料な所が多いため、旅行の計画を立てていて急遽予定が変更した場合でも安心です。寧波は人気のある観光スポット、そしてショッピング施設があるため立地としては優れており、また旅行の拠点にもピッタリです。

おすすめのホテル

人気のホテル

・ジョー ハイ グランド ホテル

抜群の景観と心地良い雰囲気はもちろん、アクセスの良さ、そして豊富なサービスがとっても魅力的なホテルです。またバーやフィットネス施設、スパ、サウナ、カラオケなど豊富なサービスがあります。

・3B ホテル ニンボー チンホー

2015年に改装され、オシャレなインテリアが豊富で清潔感のあるホテルです。天一閣、天一広場まで4kmと、観光に便利な立地となっています。

空港から近いホテル

・コンガン ホテル

ホテルから空港までわずか700mと、徒歩圏内に空港駅があります。また空港シャトルバスが無料で利用できます。その他に美容院、マージャンルーム、カラオケなど娯楽施設で楽しむことも可能です。

・ヒルトン ガーデン イン ニンポー

空港が近く、さらにバリアフリールームがあり、車椅子の方でも安心して利用頂けます。エキストラベッドや添い寝での宿泊が可能など、お子様連れの方にもおすすめです。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる
エリア:
ギン州区 海曙区 北侖区 江北区 鎮海区 更に表示 閉じる
Trip.comは、Trip.comグループ(Trip.com Group Limited)のグローバルブランドです。Trip.comグループは、世界最大級の旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip