go to トラベルキャンペーン go to トラベルキャンペーン

Go Toトラベル キャンペーン対象商品について

このマークが付いている商品はGo Toトラベル キャンペーン対象商品になります。表示価格は割引料金が適用されています。

Go Toトラベル キャンペーン割引金額と上限回数

1予約あたりの合計金額(税込)から最大35%割引となります。ただし、割引上限金額は1人1泊あたり14,000円(税込)となります。期間中、上限回数制限なしで何度でもご利用いただけます。

Go Toトラベル キャンペーンの実施期間

2020年7月30日(木)10:00 ~ 2021年1月31日(日)23:59 ※実施期間は、予告なく変更または中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

Go Toトラベル キャンペーンの注意点

東京都在住の方は9月30日(水)までのご旅行は、Go To トラベルキャンペーン割引をご利用頂けません。
※キャンペーン実施に関する詳細な条件は日々更新されておりますので、​最新情報はGo To トラベル旅行者向け公式サイト にてご確認ください。
さらに表示
閉じる

おすすめホテル

よくあるご質問:

札幌の穴場観光情報とホテル・旅館ガイド

札幌のホテル・宿泊施設情報

石狩平野の南西部に位置する札幌は、広大な北海道の中でも政治・経済・文化の中心地であり、日本最北の政令指令都市です。先住民・アイヌ民族が暮らしていた「蝦夷地」が明治2年(1869年)に北海道と改称され、札幌本府が置かれたのが札幌の始まりです。

札幌という名前は、アイヌ語の「サリ・ポロ・ペッ(その葦原が・広大な・川)」を語源とする説と、「サッ・ポロ・ペッ(乾いた・大きな・川)」を語源とする説があります。札幌では、その歴史を物語る北海道旧本庁舎や札幌時計台といった建造物が観光地として人気です。

東京23区の2倍弱、香港とほぼ同程度の面積があり、ビル街・住宅地が広がる札幌駅周辺のほか、郊外には北海道らしい雄大な自然が広がっています。人口は190万人超。道内では最大の都市で、全国で見ても5番目に大きな都市です。主要駅はJR札幌駅で、札幌市内を運行する札幌市営地下鉄南北線・東豊線のほか、苫小牧市へつながるJR千歳線、函館方面および旭川方面へつながるJR函館本線が通っています。

札幌の旅行シーズン

札幌は日本海型気候であり、夏はそれほど暑くならず涼しい一方、冬は積雪となり寒くなります。春になるのはやや遅く、4月~6月は穏やかな晴れの日が多くなります。7月~8月の平均気温は20度を超えるものの、湿度はそれほど上がらず、蒸し暑くなることはありません。9月になると降水量が増え、10月には最低気温が0度近くまで下がり紅葉の時期を迎えます。10月下旬頃から雪が降り始め、12月には降雪量が増加し根雪となります。

6月~8月は比較的過ごしやすく、観光のベストシーズンです。また、深い雪によって彩られる1月~2月には、ウインタースポーツが楽しめるほか、札幌最大のイベントである「さっぽろ雪まつり」が開催され、多くの観光客が訪れます。一方で、雪が残り歩きづらい3月や、紅葉が消え寒々しい雰囲気となる11月は、観光のオフシーズンとなります。

札幌へのアクセス

  • 東京から

    飛行機では、羽田空港から直行便で新千歳空港まで約1時間35分、片道9,620円~。成田空港からは直行便で新千歳空港まで約1時間40分、片道5,200円~です。新千歳空港からはJR快速エアポートで札幌駅まで約39分、運賃1,150円です。列車では、東北新幹線はやぶさで新函館北斗まで行き、特急北斗に乗り換えて札幌駅まで向かいます。所要時間は約8時間15分(乗り換え含む)、運賃27,300円~です。

  • 大阪から

    飛行機では、関西国際空港から直行便で新千歳空港まで約1時間55分、片道6,350円~。伊丹空港からは直行便で新千歳空港まで約1時間45分、片道11,580円~です。新千歳空港から札幌駅までは同上です。列車では、新大阪駅から東海道・山陽新幹線のぞみで東京駅まで行き、東北新幹線はやぶさに乗り換え新函館北斗駅まで移動。さらに特急北斗に乗り換え、札幌駅まで約10時間56分(乗り換え含む)、運賃36,300円~です。

  • 福岡から

    飛行機では、福岡空港から直行便で新千歳空港まで約2時間25分、片道6,940円~。新千歳空港から札幌駅までは同上です。

    列車では、博多駅から東海道・山陽新幹線のぞみで東京駅まで行き、東北新幹線はやぶさに乗り換え新函館北斗駅まで移動。さらに特急北斗に乗り換え、札幌駅まで約13時間56分(乗り換え含む)、運賃44,460円~です。

札幌の観光情報

札幌のおすすめ温泉・露天風呂

定山渓温泉

1866年に修行僧・美泉定山(みいずみじょうざん)が築いて以降、「札幌の奥座敷」として親しまれ続ける温泉地です。豊平川に沿うように温泉街が広がり、大きなホテルや保養所などが集まっています。

定山渓は美しい景観を誇る渓谷としても知られ、白糸の滝や湯の滝といった見どころも豊富。山を彩る紅葉の名所でもあるほか、乗馬・カヌー・スキーといったアクティビティも充実しています。また、果物狩りが楽しめる果樹園も多く、初夏にはサクランボ、秋はリンゴやブドウなど、季節ごとの果物が楽しめるのも魅力です。

札幌からのアクセスもよく、直行バス「かっぱライナー号」であれば、札幌駅から約1時間でアクセスできます。

小金湯温泉

「小金湯温泉」は、人気の温泉地・定山渓から4kmほど札幌寄りにある小さな温泉地です。付近には「まつの湯」「湯元 小金湯」という2件の温泉宿泊施設が立っていて、日帰り温泉が楽しめます。

開湯は1887年(明治20年)。定山渓温泉を築いた美泉定山が、その根元で仮眠した際、夢の中で樹霊に霊泉を示されたと伝わる樹齢700年の桂の木がシンボルです。木の根元には不動尊がまつられ、「桂不動」と呼ばれています。春には桜、秋には紅葉、冬には雪に染まる豊平川の景観が楽しめるほか、アイヌ文化を学べる「札幌市アイヌ文化交流センターサッポロピリカコタン」も見どころです。

小金湯温泉へは、札幌駅からじょうてつバスで「小金湯」まで約50分、そこから徒歩約5分でアクセスできます。

石狩天然温泉

「石狩天然温泉」は、地下数百メートルよりくみ上げた太古の海水「化石海水」が自慢の温泉です。湯冷めしにくく、美肌効果があります。

「石狩天然温泉 番場の湯」では、源泉100%かけ流しで、この温泉を楽しむことができます。周辺には海水浴ができる「石狩浜」や、北海道最古の灯台「石狩灯台」があるほか、夏には新鮮な魚介を安く販売する朝市が毎日開かれるなど、観光も楽しめるでしょう。秋には、サケのつかみ取りや、千人鍋などで賑わう「石狩さけまつり」が開かれます。

「石狩天然温泉 番場の湯」へは、「札幌ターミナル」から中央バス石狩線で約65分、「石狩温泉前」下車後すぐです。

札幌のおすすめ観光スポット

札幌市時計台

「札幌市時計台」は、北海道大学の前身「札幌農学校」の一施設として、明治11年に建設された施設です。現在も毎時、鐘の音で市民に時を告げており、観光のシンボルとして愛されています。その鐘の音は「日本の音風景百選」に選定されているほか、2009年には日本機械学会から「機械遺産」に認定されました。

時計台は、そのレトロな見栄えからフォトスポットとして知られる上、夜にはライトアップされ、さらに美しい姿を見せてくれます。また時計台は、建物の中へ入ることもできます。建物の中には時計台に関する資料館や、明治時代に授業を行う講堂として使われていた大きなホールなどがあり、ここへ来たら必見です。

札幌市時計台へは、札幌駅から徒歩で10分ほどです。

藻岩山

「藻岩山」は札幌市のほぼ真ん中にある、標高531mの山です。山頂からは、札幌の街並みから遠く日本海、増毛暑寒別岳まで大パノラマで一望でき、「日本新三大夜景」に数えられる名所としても知られます。麓から中腹まではロープウェイ、中腹から山頂までは、駆動方式を世界で初めて採用したミニケーブルカー「もーりすカー」に乗ってアクセスできます。

山頂にあるカフェレストラン「THE JEWELS(ジュエルズ)」では、山頂からの景色をゆっくり眺めながら、カフェやディナーを楽しめます。

札幌駅からは市営地下鉄南北線で大通まで、さらに市営地下鉄東西線に乗り換え丸山公園下車(乗り換え含め所要時間約23分)後、徒歩約10分です。

さっぽろテレビ塔

「さっぽろテレビ塔」は、札幌中心部の大通公園内にある電波塔で、1956年の完成以来、札幌のランドマークとして愛されてきました。

地上90mの展望台からは、季節ごとに景観を変える札幌の街並みを眺望できるほか、天気がよければ、石狩平野や日本海まで見渡せます。特に、大通り公園でホワイトイルミネーションや雪まつりが行われる時期は、展望台から最高の眺めが楽しめるでしょう。展望台を閉館後30分間だけ貸し切れる特別プランは、カップルや夫婦に人気です。

また、さっぽろテレビ塔へ来たら、約4,700本の木々に囲まれた札幌市民の憩いの場所「大通り公園」をゆっくり散策するのもおすすめです。

さっぽろテレビ塔へは、札幌駅から徒歩約15分です。

札幌のイベント情報

「さっぽろ雪まつり」は、1950年に地元学生が大通公園に6つの雪像を置いたのが始まりです。雪まつりの規模はその後大きくなり、現在では国内外から多くの人が集まる、北海道を代表するイベントとなっています。さっぽろ雪まつりでは、約1.5kmにわたって雪や氷の作品が設置されるほか、スケートリンクや北海道グルメなども楽しめます。さっぽろ雪まつりの会場となる大通公園は、札幌駅から徒歩約15分です。

「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」は、ドイツ・ミュンヘン市と姉妹都市提携30周年を記念して始まったお祭りで、今では札幌の冬の風物詩として市民に愛されています。柔らかなイルミネーションに彩られた会場では、クリスマス雑貨やソーセージ、グリューワインといったドイツグルメを販売するショップが並びます。こちらも会場は「さっぽろ雪まつり」と同じく大通公園です。

「さっぽろオータムフェスト」は、北海道内のグルメが集まる、食の一大イベントです。イベントは複数の会場で実施され、それぞれ同じテーマにあったグルメが食べられます。札幌市内の名店の味から各市町村の特産品、各地のご当地グルメなどが集結します。こちらもメインとなる会場は大通り公園です。

札幌の人気グルメ

札幌の人気グルメといえば、まずは「ラーメン」。札幌では特に、味噌味が癖になる味噌ラーメンが人気です。まろやかな味噌味と具材のうま味が凝縮した味噌ラーメンが味わえる、味噌ラーメンの元祖「味の三平」は、地下鉄南北線「大通駅」から徒歩約5分です。

スープ状のカレーに別盛りのごはんを浸けて食べる「スープカレー」も、札幌でぜひいただきたいグルメです。中でも屈指の人気店「一文字カリー店」では、スパイシーで濃厚な味わいの絶品スープカレーが堪能できます。一文字カリー店は、市営地下鉄東西線「南郷18丁目」駅から徒歩約10分です。

札幌グルメといえば、羊肉を野菜と合わせて焼いて食べる「ジンギスカン」も忘れてはいけません。地下鉄南北線「すすきの駅」から徒歩約6分の「成吉思汗(ジンギスカン)だるま 本店」では、癖がなく旨味たっぷりのジンギスカンが味わえます。

おすすめの高級旅館・ホテル

「定山渓 鶴雅リゾートスパ 森の謌」は自然豊かな森の中にある、木の温もり溢れるホテルです。靴を脱いでくつろげるラウンジ「森の謌」がシンボル。新鮮野菜を使ったピザや、オーブン料理が味わえる「森ビュッフェ」もホテルの魅力です。JR札幌駅からじょうてつバスで定山渓温泉東2丁目下車後、徒歩約2分の場所にあります。1泊2名朝食込で51,251円~。

「定山渓第一寶亭留 翠山亭」は3本の自家源泉を所有するホテルです。道産食材をふんだんに使った懐石料理がいただけます。札幌駅からじょうてつバスで約75分、「第一ホテル前」で下車後すぐです。1泊2名朝食込で51,532円~。

「JRタワーホテル日航札幌」」札幌駅に直結するアクセス抜群のホテルです。高層階にある客室からは札幌の街並みを一望できます。北海道の新鮮食材をたくさん使ったブッフェなどの朝食も楽しめます。1泊シングル12,564円~です。

おすすめの格安宿・ホテル

「グリッズ札幌」はシンプルながらホテルライクな清潔感のある格安ホテルです。地下鉄大通駅・すすきの駅から徒歩約5分で、アーケード直結のため雨や雪に濡れずにアクセスできます。ドミトリータイプなら1泊シングル3,605円~、シングルルームなら1泊シングル5,467円~です。

「ホテル ポットマム」は人気カフェ「MORIHICO.」とコラボした新しいスタイルのホテルです。朝食では、MORIHICO.特製の焼き立てパンやスープが楽しめます。ドミトリータイプの客室は木の温もりに溢れ、シングルルームなどは、簡素ながら随所にこだわりのインテリアが設置されています。札幌市営地下鉄東西線「菊水駅」から徒歩約3分です。ドミトリータイプで1泊シングル5,728円~。

「Untapped Hostel」は季節食材を使った家庭料理が自慢の老舗料理店「ごはんや はるや」に併設されたゲストハウスです。ドミトリータイプのほか、1棟全てを貸し切りできる別館など、さまざまなタイプの部屋を用意しています。ゲスト専用のカーシェアもあり、観光に便利です。地下鉄南北線「北18条」徒歩約1分です。ドミトリータイプで1泊シングル2,473円~。

札幌のホテルのお得なクーポン&キャンペーン情報

トリップドットコムでは最大50%になるセールやすぐに使える割引コードなど、毎月多彩なキャンペーンを実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる

札幌 ホテルの口コミ情報