日本のユニークなバレンタインデーの過ごし方

by Sakura

日本のバレンタインデーについて詳しく知りたいですか? 日本のバレンタインデーの過ごし方は他の国と比べるととてもユニーク!日本のバレンタインデーについて知っておきたいことをご紹介します。

日本のバレンタインデーの過ごし方はとてもユニーク!

出典:Redd/Unsplash

日本のバレンタインデーのはじまり

今の日本のバレンタインデーの盛り上がりを知っていると、70年ほど前の日本にはバレンタインデーが存在すらしなかったとは想像もつかないかもしれません。欧米発祥の他の多くのイベントと同じく、日本のバレンタインデーは最近になって定着したものです。

一般的には、バレンタインデーは1936年に製菓会社によって初めて紹介されたと言われています。この海外発祥のイベントは、当時日本に暮らしていた外国人のみをターゲットにしていました。同社がこの日に向けてハート型のチョコレートを売り始めたのは、1950年代に入ってから。やがて、他のチョコレート製造会社などもそれに続き、今日私たちが知る日本のバレンタインデーが誕生したのです。

次は日本のバレンタインデーの過ごし方について詳しく見ていきましょう。

日本のバレンタインデー:女性が「告白」する日

欧米の映画やテレビドラマなどでは、愛する女性へのバレンタインデーのギフトを探すために、男性が花屋や宝石店、チョコレートショップに殺到する、というお決まりの光景がよく見られます。

しかしご存じの通り、日本のバレンタインデーの過ごし方はこれとは真逆で、女性が大切な男性に贈るためのチョコレートを求めてお店に並びます。

日本のバレンタインデーがなぜこのような形になったのか、その理由はわかっていませんが、一説には伝達ミスによるものだと言われています。日本でバレンタインデーを広めようと試みた当時、そのコンセプトが誤って翻訳され、いつの間にかバレンタインデーのギフトの贈り主が入れ替わってしまったようです。

しかし、日本のバレンタインデーが今日のようなイベントになったことで、日本の文化に変化がもたらされました。バレンタインデーは、女性たちが恋愛感情を「告白」できる機会となったのです。

日本にはロマンチックな過ごし方の選択肢がたくさんありますが、バレンタインデーでメインとなるイベントは、なんといっても「チョコレートを贈ること」でしょう。

日本のバレンタインデー:種類によって意味が異なるチョコレート

日本のバレンタインデーの定番ギフトは、なんといってもハート形のチョコレート

出典: Kayla Speid/Unsplash

バレンタインデーを祝う世界中の他の国と同様、日本でもこの日に重要な役割を担うのはチョコレートです。しかし、チョコレートの種類によって意味が異なるため、贈る人と贈られる人の関係性によって、渡すチョコレートの種類が変わるのは日本ならではの慣例です。

バレンタインデーに女性が贈るチョコレートは2種類あります。恋愛感情がある場合は「本命チョコ」、それ以外は「義理チョコ」です。

「本命チョコ」は、贈る人が恋愛感情を抱いている相手だけに贈るもので、彼氏や夫、または片思いの相手にはロマンチックな告白を添えて贈ります。本命チョコは、手間をかけて入念に準備され、相手への気持ちを込めて多くの女性が手作りすることを選びます。そのため、この時期ハート形のチョコレートと同様に、手作りチョコレートのキットも簡単に手に入ります。

一方で「義理チョコ」は、その名の通り、男友達やクラスメイト、同僚などに贈る、より一般的で値段も安いチョコレートを指し、恋愛感情は込められていません。

しかし昨今、この文化に変化が起こり、バレンタインデーに贈る新しいタイプのチョコレートも出現しています。例えば、多くの女性が用意する「友チョコ」は、女性の友人たちと楽しむために配るチョコレートで、欧米の「ギャレンタインデー(Galentine's Day)」に当たるでしょう。

また、最近ではバレンタインデーにチョコレートを贈るという行為に新たな風が吹き込まれています。手作りの本命チョコや、恋愛感情のない男性への義理チョコに何千円もかける代わりに、「自分チョコ」を買う女性が増えているようです。その名の通り、バレンタインデーとセルフラブを祝し、女性が自分自身に贈るチョコレートです。

女性の友人同士で「友チョコ」を贈りあうことも…

出典:S. Tsuchiya/Unsplash

日本のバレンタインデー:1ヶ月後のお返し

バレンタインデーのちょうど1ヶ月後はホワイトデーです

出典:Akshar Dave/Unsplash

3月14日、バレンタインデーのちょうど1ヶ月後の「ホワイトデー」に、日本の男性はお返しを渡します。ある説では、ホワイトデーは、バレンタインデーのギフトの負担が大きいことに多くの女性が不満の声を漏らし始めたことを受けて、70年代ごろに始まったとされています。ホワイトデーのお返しには様々なギフトが選ばれますが、チョコレートも人気のお返しのひとつです。特にバレンタインデーに本命チョコをもらった男性は受け取ったチョコレートの2~3倍の金額のお返しをすることも。欧米ではあまり馴染みのないイベントですが、日本ではバレンタインデーと同じくらい定着しているホワイトデーは、昨今アジアの他の国々でも人気が高まり、韓国、中国などでも取り入れられています。

日本のバレンタインデーの過ごし方はとてもユニークです。あなたはどんなチョコレートを用意しますか?

日本のバレンタインデーに関するよくある質問

  • 日本ではどのようにバレンタインデーを過ごしますか?

    日本ではバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈ります。恋愛関係にあるパートナーや思いを寄せる人には、本命チョコと呼ばれる特別なチョコレートを贈り、男友達や同僚、クラスメイトなどには義理チョコを贈ります。


  • 日本のバレンタインデーとホワイトデーの違いは何ですか?

    日本ではバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈ります。一方で、その1ヶ月後のホワイトデーには、男性が女性にバレンタインデーのギフトのお返しをします。


  • 日本ではバレンタインデーに何を食べますか?

    一般的に、バレンタインデーにはチョコレートを贈り、食べる習慣があります。


  • 日本ではバレンタインデーに何を贈るのが一般的ですか?

    お店で購入したものまたは手作りの、ハート形のチョコレートが日本のバレンタインデーで最も人気のギフトです。


  • 日本ではどのようにバレンタインデーを過ごしますか?
    日本ではバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈ります。恋愛関係にあるパートナーや思いを寄せる人には、本命チョコと呼ばれる特別なチョコレートを贈り、男友達や同僚、クラスメイトなどには義理チョコを贈ります。


  • 日本のバレンタインデーとホワイトデーの違いは何ですか?
    日本ではバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈ります。一方で、その1ヶ月後のホワイトデーには、男性が女性にバレンタインデーのギフトのお返しをします。


  • 日本ではバレンタインデーに何を食べますか?
    一般的に、バレンタインデーにはチョコレートを贈り、食べる習慣があります。


  • 日本ではバレンタインデーに何を贈るのが一般的ですか?
    お店で購入したものまたは手作りの、ハート形のチョコレートが日本のバレンタインデーで最も人気のギフトです。


免責事項:この記事はグローバルブログプラットフォームが所有し、著作権は原作者に帰属しております。もし著作権者の著作権を侵害した場合、お知らせください。できる限り、早くコンテンツを削除します。
>
バレンタインデー