JP
地域と言語
JPY
主な通貨
全ての通貨
ヘルプ
日本国内 0120 925 780 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
国際電話 +86 513 8918 6112 日本語: 24時間・年中無休 英語: 24時間・年中無休
App
無料アプリをダウンロード

オンライン旅行業界のパイオニア

米国NASDAQ上場のハイテク企業

最良のおもてなし

365日対応 安心の日本語サポート

国際ネットワーク

200を超える国と地域、120万軒以上のホテル&5,000都市以上の航空路線

よくあるご質問:

無錫のホテルのご案内

無錫の観光情報

無錫の基本情報

気候

江蘇省にある無錫市は亜熱帯季節風海洋性気候に属し、四季がはっきりした温暖湿潤な気候です。年間平均気温は15.5度で平均気温は日本と同じくらいですが、夏と冬の気温差が大きいのが特徴です。

夏は平均気温が27度と高いだけでなく降水量も多いのでじめじめと蒸し暑く、暑さ対策をしっかりとする必要があります。反対に冬はシベリアからの寒気が流れ込むので、気温が著しく下がります。東京より低緯度にもかかわらず、氷点下まで冷え込むことも珍しくありません。無錫の観光にお薦めなのは春と秋です。春は梅やツツジなどの花が咲き乱れ、秋は江南地方名物の上海蟹がおいしい季節。湿度も下がりカラッとしてくるので、散策が気持ちいい季節です。

街の様子

無錫は長江下流域の平野部にある都市です。南部にある太湖は中国で4番目に大きい淡水湖で、風光明媚な景色が多くの物語や詩に登場しています。市の中心には北京と杭州をつなぐ京杭運河が流れ、ここから派生する形で多くの運河が張り巡らされています。無錫は立地条件に恵まれていたため、早期に工業化が進んだことで日本企業も多く進出しました。太湖の歴史は古く、三国志に登場する呉の発祥の地でもあります。中国では「江南の名城」[「城」は(城壁に囲まれた)都市のこと]と呼ばれることもある、非常に歴史のある都市です。無錫市内は主に市街地と太湖周辺に分かれます。中心部から太湖のほとりまでは10kmほど距離がありますが、ミニバスや地下鉄に乗って簡単に行くことができます。体力のある方はレンタサイクルを借りて太湖のほとりを自転車で回るのも楽しいでしょう。

交通情報(アクセス)

飛行機の場合は、市内から南東へ20kmの地点にある蘇南碩放国際空港を利用することになります。直行便は関西国際空港と中部国際空港から出ていますが、東京からの便は現在運航を休止しています。国内線も主要都市との間に運航便があるので、安価に抑えたい場合は上海や北京から中国に入国し、国内線に乗り換えるとよいでしょう。市内から空港まではエアポートバスで約50分、タクシーなら40分ほどで到着します。

上海から高速鉄道を使うのもおすすめです。上海からだとわずか30分で到着するだけでなく、運行本数が多く当日でもチケットが購入できるため、気軽に訪れることができます。

また、無錫総合バスターミナルからは上海や江蘇省、浙江省方面のバスが多数発着しています。格安で移動できるので、時間はあるがお金はかけたくないという方はバスを利用するのもいいでしょう。上海まで2時間30分、蘇州までなら1時間ほどで到着します。

無錫の観光情報グルメ

有名な食べ物

無錫料理は江蘇省の伝統料理のうちの一種です。上海料理と似て甘みのあるやさしい味わいが特徴で、日本人にとっても受け入れやすい味付けです。無錫は長江と太湖に挟まれており、水産物が有名。『太湖三白(銀魚、白蝦、白魚)』を食べないと無錫に来た意味がないとさえ言われます。太湖のシラウオは骨が少なく淡白な味で、また、カニは身が大きく味噌が詰まっており、最高級品とされています。

無錫は小籠包にも特色があります。甘みのあるスープが薄い皮の中にたっぷり詰まっており、皮の薄さは光に当てると反対側が透けて見えるほどです。とても薄いのに箸でつまんでも破れない、無錫ならではの小籠包の皮をぜひ体感してみてください。秋冬になると蟹の味噌のたっぷり入った蟹小籠包が味わえます。

特有の食べ物情報

無錫生まれの料理に「三鮮雲吞(ワンタン)」というのがあります。三鮮とは新鮮な肉、干しエビ、野菜の漬物で、たくさんの餡が薄い皮に包まれています。ダシのきいたあっさりスープで、旅で疲れた体をほぐしてくれるような優しい味わいです。

「梅花糕(メイホアガオ)」は江南地域の伝統的なお菓子で、街中の屋台などでよく見かけます。小麦粉を鉄板の上でたい焼きのように焼き上げ、中にほんのり甘い餡を入れたスナックです。ドライフルーツやナッツが入っているものもあり、ひとつ食べればお腹いっぱいになるでしょう。かわいらしい梅の花の形をしていて、思わず写真に収めたくなってしまいます。

無錫の観光スポット

有名な観光地情報

無錫一の庭園とされるのが蠡園(れいえん)です。東蠡湖[蠡湖は太湖の無錫市部分の呼称で、橋を境に東西に分かれる]の北岸にあり、風光明媚な太湖でも一番の景勝地。中国春秋時代に越王勾践(こうせん)に仕え、越を強国に押し上げた武将范蠡(はんれい)の名前に由来するとされています。湖が水鏡になり映り込む橋がとても美しく、うっとりしてしまいます。春には梅の花が咲き、伝統的な中国庭園の様式美を引き立てます。太湖周辺の丘陵で採掘される太湖石がふんだんに使用されているのは無錫ならでは。石灰岩が浸食により奇妙な形に変形したもので、石ごとの形の違いを鑑賞するのも楽しみです。蠡園は敷地が非常に広く、東蠡湖に浮かぶ小島にある西施荘と合わせるとなんと3万平方メートルにも達します。じっくりと見て回りたい方は余裕を持って時間を確保するようにしましょう。

無錫の街と太湖を一望するなら鼋頭渚(げんとうしょ)公園がお薦めです。無錫市の南西部にあり、太湖につき出た半島がスッポンの頭のような形をしていることからこの名前がつけられました。広大な太湖をのんびりと眺めていると時間が経つのを忘れてしまいます。

東側にある鹿頂山は日本の歌謡曲『無錫旅情』に登場するので、興味のある方は歌を聴いてから訪れると感慨もひとしおでしょう。ここからの眺望は、無錫の街を一望するだけでなく太湖の広さも実感することができます。

観光地を巡る際に必要な費用の相場

無錫の観光スポットは入場料がそれほど高くないため、庭園の見学と太湖の遊覧船程度であれば1日あたり1万円もあれば十分でしょう。

入場券に2,000円、タクシーやバスに2,000円、食事に4,000円、買い物に2,000円といった感覚です。

食事にローカルなレストランを選べば、半額程度でも十分にすませることができます。

無錫のホテル事情

無錫のホテル料金の相場

他の観光エリアと比較して高いのか?安いのか?

周辺の上海や南京と比べると田舎で、蘇州や杭州ほどの観光地でもないため、安価なホテルが多くなっています。南京や蘇州と比べると同じクラスの部屋でも1,000~1,500円ほど安くなっています。

相場の料金

市街地にあるアクセス良好なシティホテルと、太湖のほとりにあるリゾートホテルに二分されます。市街地のホテルには、チェーン展開している『経済型』と言われるビジネスホテルが多数あり、標準的な設備でストレスのない滞在をすることができます。1泊3,000~4,000円の価格帯が人気です。

太湖は中国国内では有名な観光地ということもあり、周辺には品のあるリゾートホテルがいくつもあります。価格帯はビジネスホテルより2,000円程度上がりますが、太湖の優雅な雰囲気を満喫することができます。ホテル滞在も楽しみたいという方はぜひ太湖周辺のホテルもチェックしてみてください。

おすすめのホテル

人気のホテル

・レンウェン ユエシホテル

ビジネスにもレジャーにも使える上質なホテルです。湖のほとりにあり、白で統一された建物はリゾート感たっぷりです。ラグジュアリー感のあるホテルでありながら、リーズナブルな価格設定なのが魅力。従業員のサービスも良いと評判です。ユーザーレビューでも「ホテルクラスの割に価格が安く満足」という意見が多く見られます。

市内中心部ではありませんが大きな通りに面しているので、車でのアクセスも良好です。市内から離れすぎずに静かな夜を過ごしたいという方にとってはちょうどよい立地のホテルでしょう。

・チャングアンシーホテル

太湖のほとりにある観光地へのアクセスが非常に良好なホテルです。開業は2010年とやや古いものの、清掃が行き届いていて清潔感があります。特別な設備はありませんが、サービスが非常に良く、あたたかみがあると評判です。また「朝食バイキングの種類が多く味も良い」とのレビューが何件もあります。しっかり食事をとって太湖散策に出掛けられそうです。

ホテル周辺は緑に囲まれ、静かな滞在時間を過ごすことができます。価格帯も安価に抑えられているので、滞在費を抑えながら観光地へのアクセスの良さも両立できる魅力的なホテルです。

空港から近いホテル

・ホーム イン プラス ウーシー ニュー ディストリクト メイツン アンシエント タウン

2017年開業の無錫でも比較的新しいホテルで、空港から7km、無錫東駅から8kmと、空港と市内のどちらにも近くアクセス良好なのが魅力です。外観は江南建築らしいムードのある店構え。白とウッド調で統一された内装は清潔感があり都会的です。モダンな雰囲気が好きな方はきっと気に入るでしょう。部屋が広めになっているので、カップルや家族での宿泊にもおすすめです。朝食バイキングも「味・品数ともに満足」との声が多数です。

・JIホテル ウーシー スーナン シュオファン エアポート

空港から7kmのところにあるエアポートホテルです。観光だけでなく出張での利用にも適したホテルで、設備が整っているのが特徴です。すぐそばに大きなスーパーや商店街があるので買い物にも困りません。チェーン展開しているホテルでサービスの質にも定評があるので、安心して宿泊することができます。フライトで疲れてとにかく眠りたい、空港近くでゆっくりできるホテルがいい、という方におすすめです。2018年にオープンしたばかりで、清潔感を求める方にも満足していただけるでしょう。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、記載した金額は変動する可能性がありますので、目安としてご参考ください。

閉じる
エリア:
浜湖区 梁渓区 錫山区 恵山区 更に表示 閉じる
Trip.comは、Ctrip.com (Hong Kong) Limited のグローバルブランドです。Ctripは世界最大級のオンライン旅行会社です。
Ctrip Skyscanner Trip