新潟発大阪行き格安航空券を検索・予約

>>>

新潟発大阪行き便の情報

ピークシーズン

3月
5,757円

オフシーズン

6月
5,314円

往復航空券の最安値

14,002円
新潟(KIJ) ⇒ 大阪(KIX)

直行便の最安値

5,417円
新潟(KIJ) ⇒ 大阪(KIX)

新潟発大阪行き格安航空券の価格比較

  • 片道
  • 往復

大人1名あたり(税金・燃油サーチャージ込み)。(運賃は常に変動しているため、表示の価格は参考価格となります。実際の価格は、予約の際に表示されます。)

今後12週間の価格グラフ

新潟 (KIJ) to 大阪 (OSA)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

よくある質問:

  • 新潟(KIJ)発大阪(OSA)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、新潟発大阪行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 新潟(KIJ)発大阪(OSA)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、96,501円が最安値になります。
  • 新潟(KIJ)発大阪(OSA)行き便の所要時間を教えてください。

    新潟(KIJ) から大阪(OSA)までの所要時間は約1時間 12分です。
  • 大阪の主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • 関西国際空港 から市中心部まで38km、タクシーで約 50分の道のりです。
    • 神戸空港 から市中心部まで26km、タクシーで約 40分の道のりです。
    • 伊丹空港 から市中心部まで12km、タクシーで約 30分の道のりです。
  • 新潟発大阪行きの始発便の時刻を教えてください

    新潟(KIJ)発大阪(ITM)行き始発便の出発時刻は、08:00です(到着時刻 09:10)。
  • 新潟発大阪行きの最終便の時刻を教えてください

    新潟(KIJ)発大阪(KIX)行き最終便の出発時刻は、20:10です(到着時刻 21:40)。
  • 新潟(KIJ) 発大阪(OSA)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    新潟(KIJ)発大阪(OSA)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:ANA(全日空)ピーチ・アビエーション日本航空IBEXエアラインズ
  • 新潟(KIJ) 発大阪(OSA)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    ANA(全日空)が、新潟(KIJ)発大阪(OSA)行きの直行便を402便運航しています。
  • 大阪(OSA)には空港はいくつありますか?

    大阪(OSA)には、空港は3個あります( 関西国際空港,伊丹空港神戸空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、大阪へ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。大阪へのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。
新潟発大阪行きフライト情報

航空券の相場

新潟から大阪までの往復航空運賃の相場は17,825円です。お盆や年末年始、ゴールデンウィーク、シルバーウィークなどの長期休暇中は、1年の中で最も航空運賃が高騰する時期です。お正月が終わった1月中旬〜2月のはじめ、4月上旬〜中旬、10月中旬〜11月中旬などは比較的旅行者が少なくなります。チケット代を安く済ませたいのであれば、できるだけオフシーズンを狙うようにしましょう。オフシーズンであれば、片道5,000円ほどでチケットを購入することも可能です。早期予約割引を実施している航空会社もあるため、旅行や帰省の日程が決まったら、なるべく早めにチケットを手配しましょう。

新潟から大阪間の航空券・新幹線・バスとの料金を比較

  • 飛行機(新潟発):料金は5,520円〜、所要時間は1時間30分ほど
  • 新幹線(新潟駅-新大阪駅):料金は21,350円(自由席)、所要時間は5時間6分ほど(東京駅で上越新幹線→東海道新幹線への乗り換えが必要)
  • 高速バス(新潟駅-大阪駅):料金は6,900円~、所要時間は10時間40分ほど

※航空券料金は弊社のデータにより算出したものです。

※新幹線はとき・のぞみの片道料金で算出しています。

※高速バスは直行の片道料金で算出しています。

新潟から大阪まで運航している航空会社&LCC

新潟空港(KIJ)‐伊丹空港(ITM)間運航している航空会社&LCC

この区間を運航している航空会社は、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、アイベックスエアラインズの3つです。日本航空(JAL)は、クラスJ・普通席の2クラス仕様のキャビンで運航しています。事前に専用アプリをダウンロードしておけば、お手持ちのスマートフォンやタブレット等でビデオプログラムを楽しめます。また、一部の便では座席下にPC電源が設置されているので、機内でPCを使う際にとても便利です。全日空(ANA)は、プレミアムクラスが設定されている便で無料Wi-Fiが利用可能になっています。

アイベックスエアラインズは全便が全日空(ANA)との共同運航便で、搭乗手続きも同じチェックインカウンターで行います。2列+2列のゆったりとした座席が特徴で、お手持ちの端末で機内エンターテインメントを楽しめる機材が魅力です。

新潟空港(KIJ)‐関西空港(KIX)間運航している航空会社&LCC

現在、この区間を運航しているのはLCCのピーチのみです。ピーチは「シンプルピーチ」「バリューピーチ」「プライムピーチ」の3つの運賃タイプがあり、バリューピーチやプライムピーチは座席指定や手荷物預かりなどが無料となります。シンプルピーチはそれらすべてが有料ですが、その分、運賃は安く設定されています。有料ですが、機内食やドリンクメニューも豊富です。

新潟から大阪までの一番人気路線

新潟空港⇒伊丹空港の9時5分発の全日空NH3172便が一番人気です。10時台には大阪に到着するため、旅行客からビジネスマンまで幅広く利用されています。

新潟から大阪までの一番安い路線

新潟空港⇒関西空港の12時50分発のピーチMM144便は5,520円~と一番安い傾向にあります。

新潟から大阪までの一番早い便

新潟空港⇒伊丹空港の8時発、9時10分着の全日空NH516が始発便となります。

新潟から大阪までの一番遅い便

新潟空港⇒伊丹空港の19時10分発、20時25分着の全日空NH3178が最終便となります。

※これらのデータは弊社のデータにより算出したものです。航空会社によってはスケジュールが変更される可能性があります。

新潟‐大阪の空港情報

新潟空港(KIJ)

新潟空港は、新潟市東区にある空港です。新潟駅から9kmほどの距離であり、中心地からのアクセスも良好です。高速道路のインターチェンジから約10分ということもあり、山形や福島、長野など県外からの利用者も多くなっています。国内線は札幌、成田、名古屋(中部国際、小牧)、大阪(伊丹、関西国際)、福岡、沖縄(那覇)の6都市8路線が就航しています。国際便は東アジアや極東ロシアを中心に5路線のチャーター便・臨時便が運航しています。2020年3月30日より、LCCのタイガーエアが新潟初就航。新たに新潟-桃園空港(台北)を結ぶ国際定期便が運航する予定です。

ターミナルビルは1つですが、ビル内にはレストラン・カフェ、ショップなどが一通り揃っています。土産物店には名産品の多い新潟らしく、さまざまな商品が並び、お米や地酒、海の幸や山の幸など、新潟らしいお土産がきっと見つかるでしょう。また、新潟名物「へぎそば」が食べられるレストランも入っています。ターミナルビル内では、「Niigata City Free Wi-Fi」と「Niigata Airport FREE Wi-Fi」を通じてインターネットを無料で利用可能です。このほか、ATMは1F中央カウンター前に、また3Fには一般利用も可能なエアリウムラウンジがあり、ビジネスでもカジュアルでも利用できる場所として重宝します。4Fの送迎デッキ(有料)からは、ダイナミックな飛行機の離着陸を間近に見ることが可能です。授乳室やキッズスペースなどもあるので、小さな子ども連れの利用者にも安心して利用できる空港です。

伊丹空港(ITM)

伊丹空港は、兵庫県の伊丹市および大阪府の豊中市、池田市にまたがる空港です。関西空港、神戸空港とともに、関西3空港と呼ばれています。大阪モノレールの駅が直結しており、関西の主要都市部からのアクセスに優れています。正式名称は「大阪国際空港」ですが、現在は国内線のみの運用となっています。季節限定路線も含めると国内27都市に就航しており、関西における国内線の拠点空港として、長きにわたり利用されてきました。

ターミナルビルは5F建てとなっており、全館でWi-Fiを無料で利用可能です。2Fの出発・到着フロアにはパソコン用コンセントや携帯電話の無料充電器も備えられているので、バッテリーが切れそうな時でも安心。ショップやレストラン・カフェなども充実していて、大阪、京都、神戸などの関西を代表する有名店のグルメを堪能することができます。また、関西各地のお土産が買えるショップも揃っています。リラクゼーションサロンや理容室なども入っているので、空港内で有意義な時間を過ごせるでしょう。このほか貸会議室やクリニック、外貨両替、Wi-Fiレンタル、コインロッカーなどの各種サービスも充実しています。またターミナルビルの3Fは「大阪空港ホテル」となっており、早朝の便を利用するビジネスマンからの人気を集めています。

関西空港(KIX)

関西空港(正式名称:関西国際空港)は、大阪湾の海上に整備された国際空港です。海上空港ではありますが、鉄道、車、バス、高速船など、アクセス手段は非常に豊富です。西日本の空の玄関口として知られ、年間およそ2,800万人に利用されています。近年は訪日観光客やLCCの就航数が増加したこともあり、関西空港の利用者数も右肩上がりとなっています。現在は国内線19路線、国際線81路線が就航し、西日本と世界各国の都市を結んでいます。

2つのターミナルビルがあり、新潟空港と関西空港を結ぶピーチが発着するのは第2ターミナルです。なお、ターミナル間は連絡バスで行き来することが可能です。各ターミナルには数多くの免税店、ブランドブティック、お土産ショップなどが入り、国内外の観光客で賑わっています。飲食店も多く、ファストフードからカフェ、和洋中レストラン、ダイニングバー、スイーツまで幅広いジャンルのお店が揃っています。また空港内には「エアロプラザ」と呼ばれる複合施設があり、レストラン、コンビニ、ATM、歯科クリニック、無料の休憩所など、さまざまなサービスを利用できます。エアロプラザ内にはビジネスや旅行に便利なターミナル直結のホテル「ホテル日航関西空港」も入っています。各ターミナル内、エアロプラザでは、ほぼ全館でWi-Fiを無料で使用することが可能になっていて、ゲートエリア内にはPCデスクや電源コンセントも設置されています。

空港⇔市内中心部のアクセス案内

市内中心部⇒新潟空港(KIJ)

新潟県の中心地である新潟駅と新潟空港の間は、直行のリムジンバスが運行しています。1日65本と本数も多く、新潟駅から新潟空港へ行く場合はリムジンバスが最も便利な方法です。バスは6時30分新潟駅発を始発として、20〜30分間隔で運行しています。所要時間は約25分、料金は420円です。現金のほか、SuicaやPASMOなど、全国の交通系ICカードで支払うことも可能。リムジンバスの乗り場は新潟駅の南口バスターミナルにあります。平日と土休日ではダイヤが異なるため注意しましょう。

新潟駅からタクシーで空港に向かう場合は所要24分ほど、料金は約4,360円です。現金、もしくはアプリでの登録が必要ですが、ネット決済も可能です。また、新潟市周辺⇔新潟空港の間には定額タクシーも運行しています。空港から20km〜30kmの指定エリアから3,500円〜9,000円(深夜早朝は割増あり)で利用でき、通常のタクシーに比べて2割以上運賃が安くなります。定額タクシーは、乗車予定の3時間前までにアプリ(JapanTaxi)での事前予約が必要です。また新潟空港I.Cから新潟空港までは約10分と近く、車でもアクセスしやすい空港です。

伊丹空港(ITM)⇒市内中心部

伊丹空港は大阪モノレールの「大阪空港駅」に直結しているため、電車で市街地まで移動する場合はこの駅が始発点となります。大阪の中心地である梅田エリアへアクセスする場合、モノレールで蛍池(ほたるがいけ)駅まで行き、そこから阪急宝塚線に乗り換えて大阪梅田駅(阪急線)に行くのが最も安く、所要時間は最速で約30分、料金は430円です。このほか、千里中央駅で北大阪急行に乗り換えて梅田駅(地下鉄)に行く方法もあります。この場合の所要時間は約37分、料金は710円です。伊丹空港は駅に直結しているため、京都や神戸からもアクセスしやすくなっています。

また関西各方面に向かうリムジンバスも出ており、大阪駅(梅田駅)まで約30分(料金650円)、USJまでは約40分(料金940円)でアクセス可能です。

タクシーを利用する場合、大阪駅(梅田駅)までの距離は13.9kmほど、所要時間は約36分、料金は約5,480円です。1F中央にあるタクシー乗り場を利用しましょう。

関西空港(KIX)⇒市内中心部

関西空港は「関西空港駅」に直結しています。JR西日本の関西空港線と南海電鉄の空港線が乗り入れており、大阪の主要エリアや周辺の府県を結んでいます。大阪駅からの所要時間は約1時間5分(1,210円)、天王寺駅からの所要時間は最速で約50分(1,740円・特急列車利用)、南海電鉄難波駅からの所要時間は最速で約40分(1,450円・特急列車利用)です。

また、関西各方面に向かうリムジンバスも出ており、大阪駅(梅田駅)まで約1時間(料金1,600円)、USJまでは約1時間10分(料金1,600円)でアクセス可能です。

タクシーを利用する場合、大阪駅(梅田駅)までの距離は約48.2kmで、所要時間は1時間45分ほど。料金は約15,850円。難波駅までの距離は約44.4kmで、所要時間は1時間30分ほど。料金は約14,680円です(深夜早朝は割増あり)。ちなみに関西空港から大阪市内の一部エリアまでは定額タクシーも運行しています。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。

また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 新潟⇒大阪

    新潟発大阪行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが新潟から大阪への旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、新潟から大阪への旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。