東京発セブ行き格安航空券を検索・予約

>>>

東京発セブ行き便の情報

ピークシーズン

3月
18,530円

オフシーズン

9月
17,801円

往復航空券の最安値

58,830円
東京(NRT) ⇒ セブ(CEB)

直行便の最安値

43,673円
東京(NRT) ⇒ セブ(CEB)

よくある質問:

  • 東京(TYO)発セブ(CEB)で、航空券が一番安いのはいつですか?

    航空券の価格は、日程や予約のタイミングにより、航空会社が調整しています。Trip.comでは、東京発セブ行きの航空券は、火曜日、水曜日、土曜日出発の便が安い傾向にあります。
  • 東京(TYO)発セブ(CEB)行きの航空券はいくらぐらいですか?

    Trip.comのデータによると、93,840円が最安値になります。
  • 東京(TYO)発セブ(CEB)行き便の所要時間を教えてください。

    東京(TYO) からセブ(CEB)までの所要時間は約5時間 10分です。
  • セブの主要空港から市の中心までは、どうやって移動したらよいですか?

    • マクタン国際空港 から市中心部まで9km、タクシーで約 20分の道のりです。
  • 東京発セブ行きの始発便の時刻を教えてください

    東京(NRT)発セブ(CEB)行き始発便の出発時刻は、09:35です(到着時刻 13:30)。
  • 東京(TYO) 発セブ(CEB)便で、人気のある航空会社を教えてください。

    東京(TYO)発セブ(CEB)行きの直行便を運航している航空会社は次の通りです:セブパシフィック航空バニラ・エアフィリピン航空ANA(全日空)ティーウェイ航空
  • 東京(TYO) 発セブ(CEB)の直行便で、人気のある航空会社を教えてください。

    フィリピン航空が、東京(TYO)発セブ(CEB)行きの直行便を77便運航しています。
  • セブ(CEB)には空港はいくつありますか?

    セブ(CEB)には、空港は1個あります( マクタン国際空港
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、セブへ出かけるにあたって、何かアドバイスはありますか?

    入国制限、フライトの運航スケジュール及び便の変更・欠航などが頻繁に発生しております。セブへのご旅行にあたっては、ご予約の航空会社の最新の情報をご確認ください。 また、Trip.comの入国制限情報もご参照いただけます。
  • 新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、こちらの目的地行きの便で、日時変更手数料が無料の航空会社はありますか?

    この目的地行きの便で、ご選択のサービスを提供している航空会社はありません。※参考情報です。正確な情報については、ご予約前に航空会社までお問い合わせください。

東京発セブ行きの時刻表

便名・航空会社
出発
到着
路線週間スケジュール
セブパシフィック航空

08:55

NRT

13:30

CEB

東京 - セブ-----最安値を見る
フィリピン航空

09:35

NRT

14:00

CEB

東京 - セブ------最安値を見る
バニラ・エア

10:00

NRT

14:15

CEB

東京 - セブ最安値を見る
セブパシフィック航空

11:40

NRT

16:15

CEB

東京 - セブ-------最安値を見る
ANA(全日空)

14:25

NRT

18:55

CEB

東京 - セブ------最安値を見る
フィリピン航空

14:40

NRT

18:45

CEB

東京 - セブ------最安値を見る
ティーウェイ航空

18:30

NRT

21:05

CEB

東京 - セブ-------最安値を見る
閉じる
東京発セブ行きフライト情報

入国に必要な書類

フィリピン入国時には、出入国カードと税関申告カードを提出する必要があります。フライト中に配布されるため、あらかじめ機内で記入しておけば到着してからの入国手続きがスムーズです。

フライト時間

東京からセブまでのフライト時間は、成田国際空港からマクタン・セブ国際空港まで直行便で約4時間30分です。羽田空港からは最低1回の乗り換えが必要であり、マクタン・セブ国際空港まで約9時間かかります。

(マクタン・セブ国際空港は大手航空会社と一部のLCCが発着しています。)

航空券の相場

セブまでの航空券の55,000円前後です。成田・羽田いずれの空港でもゴールデンウィークやお盆、そして年末年始は航空券が年間を通じて最も高額になります。反対に1月中旬~2月、ゴールデンウィーク前の4月やシルバーウィーク明けの10月はリーズナブルに購入できる可能性が高いです。

旅行のベストシーズン

フィリピン国内に位置するセブは熱帯モンスーン気候で、乾季(12~5月)と雨季(6~11月)がありますが、乾季の方が旅行には適しています。平均気温は27~29℃と高めですが、日本の夏とは違って湿度が低く、快適に過ごせます。特に3~6月は海の透明度が高く、マリンアクティビティを楽しみたい人にはおすすめです。

雨季は雨に見舞われることもありますが短時間のスコールがほとんどで、平均気温も26~28℃程度で安定しています。ただし、7月下旬以降は季節風の影響で海が荒れることもあるので気をつけましょう。

おすすめの観光スポット

美しい海が広がるセブはマリンアクティビティが有名ですが、観光スポットもたくさんあります。

セブの海の美しさを楽しめるスポットとしては、セブシティの南東に位置するオスロブが有名。世界で初めてジンベイザメの餌付けに成功した漁村であるオスロブでは、ジンベイザメウォッチングを楽しめます。また、オスロブの近くにあるカワサン滝は島内最大の滝であり水の中にも入れます。

また、アイランドホッピングができる島の中では、長い桟橋が有名なナルスアン島やサンゴに囲まれたヒルトゥガン島も人気です。

ショッピングを楽しみたい人にはダウンタウンに位置するカルボン・コロンマーケットがおすすめ。アジア特有の市場の雰囲気を楽しめます。セブシティ内ではフィリピン最古の教会であるサントニーニョ教会が観光の定番です。

主要空港から都心部へのアクセス方法 

マクタン・セブ国際空港からはタクシー、バスのいずれかで各地へアクセスできます。タクシーは空港への乗入れが許可されているイエローキャブと一般的なメータータクシー、そして定額制のエアポートタクシーがあります。このうち最もお値打ちなのがメータータクシーです。セブの中心街であるセブシティまでは約40分、マクタン島のリゾートエリアまでは約20分かかります。

空港からマクタン島内へ走るバス・ムルティキャブは黄色い車体が印象的なミニバスです。降りたい場所で運転手に声をかけて降車するシステムでマクタン島までは約20分で到着しますが、満員になってから出発するため時間が読めないことも。

セブシティへ運航しているバスはないので、セブ島滞在期間はタクシーを積極的に利用することをおすすめします。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

東京からセブに向かうフライトで一日のうち最も早い便は、成田国際空港(NRT)を9時35分に出てマクタン・セブ国際空港(CEB)に13時30分に到着する直行便です。

・一番遅いフライト

一番遅い便は、成田国際空港(NRT)を21時25分に出てマクタン・セブ国際空港に5時20分に到着する経由便です。

※航空会社などにより、スケジュールが変更される可能性があります。

セブの基本情報 

セブの基本情報 

・国名:フィリピン共和国

・宗教:カトリック(80%)、その他キリスト教

・気候:年間の平均気温は26.5℃で、いつでも半袖で過ごせます。5月は最も気温が高く30℃以上の日も珍しくありません。

・時差:-1時間 ※日本より1時間遅れている。

・ビザ:30日間以内の滞在なら不要。無査証で入国する場合、パスポートはフィリピン出国時まで有効であることが条件です。

セブの注意点 

・治安:スリや置き引き、ひったくり、詐欺など旅行者を狙ったトラブルが目立ちます。武装ゲリラが活動を続けている地域もあるので、最新情報の確認が必要です。

・飲料水:高級ホテルの中には水道水が飲めるところもありますが、できれば避けて市販のミネラルウォーターを飲みましょう。

・マナー:現在公共の場での喫煙が全面禁止されています。

・チップ:空港やホテルのポーター、またサービス料が含まれていないレストランやタクシーではチップを渡す必要があります。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

  • 東京⇒セブ

    東京発セブ行きのチケットはを安く購入できる時期は正月明け~2月中旬、4月上旬~中旬、ゴールデンウィーク明け~6月中旬、10月中旬~11月上旬になります。また、正月、ゴールデンウィーク、8月9月の夏休み期間中は高くなる傾向です。Trip.comは航空券やホテル情報が満載!オンライン予約も迅速で簡単!! Trip.comが東京からセブへの旅行計画をお手伝い致します。

  • 旅先で思い出に残る旅を

    Trip.comで、東京からセブへの旅を思い出に残る最高の旅に。Trip.comで事前に見所をチェック、あらゆる予約を済ませて、素晴らしい旅をお楽しみください。Trip.comで事前に目的地の見どころやレビューをチェック。ホテルから現地ツアーまで簡単に予約が可能です。あとは現地で素晴らしい旅をお楽しみ下さい。